09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2007.07/23(Mon)

新たな才能の息吹●時をかける少女

愛すべきは、失敗も含めた自分の人生。

TimeReep01.jpgTimeReep02.jpg
『時をかける少女』

『時をかける少女 (アニメ映画) ウィキペディア(Wikipedia)』

紺野真琴(声:仲里依紗)
東京の下町にある高校に通う2年生。
ある日突然、時間を跳躍する「タイムリープ」の能力を身につける。
学校の成績は中の下。
朝に弱く遅刻をくり返す。
男友達の千昭と功介とは、放課後にキャッチボールやノックをして遊ぶ奇妙な間柄。
「タイムリープ」の使い方に慣れると、妹に食べられたプリンを先回りして食べ、
遅刻した日に時間通り登校し、設問の内容を知っている抜き打ちテストで満点を取るなど、
さっそく自分の(ささやかな)私利私欲のために能力を駆使するようになるなど、結構お調子者。
彼女が「タイムリープ」の能力を発動するためには助走をつけてジャンプする必要があり、
跳躍先で勢いがついたまま転がり回る彼女を、
周囲の人間が訝しがる描写も本作の面白さのひとつである。

間宮千昭(声:石田卓也)
真琴のクラスメイトで、遊び友達。
美形で女子生徒にファンもいる。
数学の成績は極めて優秀だが、簡単な漢字が読めないと言う奇妙な少年。
真琴と功介の3人で放課後に野球ごっこをするなどしてつるんでいる。
奇妙なバランスで結ばれた3人だったが、千昭は真琴を意識し始めていた。

津田功介(声:板倉光隆)
真琴のクラスメイトで、遊び友達。
精悍な容貌の秀才。
家は病院で、彼も医者を目指している。
彼がグループの一員である事は校内でも不思議に思われているようだ。
ボランティア部の後輩・果穂が彼に告白した事から、3人のバランスが微妙に崩れ始める。

早川友梨(声:垣内彩未)
真琴のクラスメイトで、仲のいい女子生徒。
千昭が気になるようで、真琴を通じて彼の事を知ろうとする。
真琴と千昭が既に付き合っているのではないかと恐れていた。

藤谷果穂(声:谷村美月)
ボランティア部に所属する、真琴たちの下級生。
引っ込み思案な性格でいつも俯いている少女だが、
過去のボランティア部のとある活動から功介に好意を抱いている。
おせっかい焼きの友人が2人おり、彼女らに引きずられるかたちで功介に告白する。

紺野美雪(声:関戸優希)
真琴の妹。中学生。

芳山和子(声:原沙知絵)
真琴の伯母で、原作『時をかける少女』のヒロイン。
美術館(東京国立博物館)で絵画の修復をする仕事をしている。
30代後半だが独身で、浮世離れしたその雰囲気からか、
真琴は彼女を「魔女おばさん」と呼んでいる。
自分の若い頃に真琴を照らし合わせ、色々と助言のような、
適当に調子を合わせているようなことを言う。

脚本 奥寺佐渡子

監督 細田守

【More・・・】

主人公は、手に入れたタイム・リープの力を、全て自分の為に使います。
友人が2人いて、変えたくない友人関係を回避する為にタイムリープを使います。
相手の考えは関係なく、「世界は自分の為に回っている」という考え方です。

他人の為に使うのは、タナボタで手に入れた最後の1回だけですが、
最後の1回を使う時、主人公の考え方は、
「自分は世界の中の一人」というものに変わっています。

自分の事を考えている内は、「 子供 」であり、
自分と関わる相手の事を考え出したら、「 大人 」と言えると思います。

高校生が、大人に成長する過程を、タイム・リープというSF題材で、
鮮やかに画いた手腕は見事と言えます。

監督の細田守は、次世代を担う監督として、
宮崎駿に『ハウルの動く城』の監督を抜擢されましたが、
諸事情により、製作途中で宮崎駿に代わりました。

細田守版の、『ハウルの動く城』も見てみたかった気がしますね。

男2人に、女1人という、いわゆるドリカム状態に、
「ありえない!」という感想を持つ人もいますが、
この『時をかける少女』おいて、それは突っ込む所ではないような気がします。

『河童のクゥと夏休み』に対して、
「河童なんていない!」と突っ込むくらいナンセンスです。

『二人の「千尋」と戦争を無くす3つの方法●ハウルの動く城』

『おにぎりの種は梅仁丹●ブレイブ ストーリー』

『夢を治すべき?現実を治すべき?●パプリカ』

関連記事

テーマ : 時をかける少女 - ジャンル : 映画

02:17  |  『 タ 』 映画  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

時をかける少女

 『待ってられない 未来がある。』 コチラの「時をかける少女」は、7/15公開になったアニメ映画なんですが、何だかアチコチでかなり評判が良いみたいなので、思わず観て来ちゃいましたぁ~♪なかなか面白かったですよ~っ! 実を言うと筒井康隆の原作も読んだ事が....
2007/08/30(木) 00:27:39 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。