07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2007.10/13(Sat)

ラストの解釈は愛の本質●ことの終わり

エゴという名の純愛。

EndOfTheAffair01.jpgEndOfTheAffair02.jpg
『The End of The Affair』

1946年のロンドン。
作家であるベンドリックスは、雨の降る晩に、ずぶ濡れの旧友と再会し、
妻のサラが浮気しているらしいと聞き、
かつてサラと不倫関係にあったベンドリックスは嫉妬を感じる。

サラとの不倫の恋は、2年前の夏に突然終わった。
二人で密会していた建物が爆撃を受け、
気絶していた彼が覚めると、サラは彼の前から去ってしまった。

サラを忘れられない彼は探偵に調査を依頼し、夫でもなくベンドリックスでもない、
第三の男の存在を知る・・・。

キャスト
レイフ・ファインズ:モーリス・ベンドリクス
ジュリアン・ムーア:サラ・マイルズ
スティーヴン・レイ:ヘンリー・マイルズ
イアン・ハート:パーキス

監督と脚本は、 『クライング・ゲーム』、『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』の
ニール・ジョーダン。

【More・・・】

◆『ことの終わり』には作品の生命線と言える、ねたばれがあります。
◆このレビューは、ネタバレになってしまうので、
『ことの終わり』に興味が沸いた方は、以後の文章は読まないで下さい。


これは、アン・ハッピーエンドになるんだろうか?
それとも、ハッピーエンドになるんだろうか?

不倫に限らず、恋愛は突き詰めて言うと、お互いのエゴのぶつかり合いになります。
自分から好きという気持ちを伝えるのも、自分の中で相手の勝手な理想像を思い描いて、
理想の相手に自分を受け止めて欲しいというエゴです。

逆に、好きと告白されて付き合うのも、自分の寂しさ埋める為や、
一緒にいて楽しい思いをしてもイイという、一種のエゴと言えるのかもしれません。

相手の行為に「愛」を感じたとして、相手にとって深い意味はなく、
本人にとって一種の思い込みであっても、愛されていると感じる事が救いとなるのであれば、
本人にとって、かけがえの無いものなのでしょう。

また、相手から拒絶されたと思い込み、「愛」が無いと勝手に感じてしまうのも、
また真実なのかもしれません。

愛と言うのは情熱であるけど、情熱が冷めた時に、相手に新たな愛を見つけるか、
相手を捨てるかによって、当事者の人間性が出るんでしょうね。

『ことの終わり』は、上に挙げた例の後者の方で、
爆撃を受けて気絶しているベンドリックスを死んだと思い、
「彼を助けてくれたら、彼から身を引きます」と神に祈ります。

ベンドリックスが目を覚まし、サラは自分の立てた誓いに苦悩する事になります。

ラストは、ベンドリックスの視点で見れば、アン・ハッピーエンドであって、
サラの視点で見れば、ハッピーエンドになります。

・・・でも、逆の解釈もアリだよなぁ。

愛というものが多面体である以上、どちらか一方の解釈では、
割り切れない想いが残るのは、仕方のない事なのかもしれません。

視点の置き所によって、色々な解釈に変わる作品です。

ラース・フォン・トリヤーの『奇跡の海』は、
『ことの終わり』の原作を基にしたような気がするなぁ。

BreakingTheWaves01.jpgBreakingTheWaves02.jpg
『Breaking The Waves』

『奇跡の海』は、『ことの終わり』よりも重いです。

『ことの終わり』のニール・ジョーダン監督は、『ブレイブ ワン』も監督しています。

『暴力という名の勇気は認められるか●ブレイブ ワン』

関連記事

テーマ : 忘れられないあのシ-ン - ジャンル : 映画

02:17  |  『 カ 』 映画  |  TB(4)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

>エゴという名の純愛。
あぁ、これに尽きますね!この映画。
特にベンドリックスのほう。
サラは、あの時点で自分を"神"にゆだねたのでは...と、私は思いました...。

シンプルなストーリーのようで、お互いの視点と気持ちを見せてくれて、実に面白かったです。
あん | 2009.08.02(日) 23:44 | URL | コメント編集

●Re: あん さん

こんにちは。

> サラは、あの時点で自分を"神"にゆだねたのでは...と、私は思いました...。

“神”も罪な男です(苦笑)
幸せの置き所で、色々な解釈ができる作品でしたね。
Prism | 2009.08.03(月) 12:49 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

暑中 お見舞い 申し上げます!

暑中 お見舞い 申し上げます~  今年もぎんぎんに暑くなりそうですね ハリー・ポッター以降、映画観てないし...ハリポタの本をずっと読んで...
2009/08/03(月) 22:43:16 | 描きたいアレコレ・やや甘口

ことの終わり

別離の理由は・・・
2009/07/31(金) 22:12:48 | 悠雅的生活

ことの終わり

もう一度、あなたのことを抱きしめたい。
2009/06/16(火) 16:53:52 | Addict allcinema 映画レビュー

ことの終わり

 コチラの「ことの終わり」は、原作がグレアム・グリーンの「情事の終わり」という自伝的と言うか実体験をモトにした恋愛小説を、ニール・ジョーダン監督が映画化したちょっとサスペンス風のラブ・ロマンス映画です。 作家のベンドリックス・モーリス(レイフ・ファイ....
2007/10/16(火) 22:51:13 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。