04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2005.11/27(Sun)

子供向けを装った、大人に成りきれない現代人へ向けた童話●チャーリーとチョコレート工場

娯楽性と芸術性が融合された名作。

CharlieAndTheChocolateFactory01.jpg

原作はロアルド・ダールの『チョコレート工場の秘密』
アメリカでは有名な児童文学。

レンタル屋で、同じタイトルの古いパッケージを見たから、
過去に一度、映画化されているリメイク映画。

自分で頭に描いたものが、こんな形で完全な映像化される事など、
作家冥利に尽きるのではないだろうか。
言うまでもなく、私はロアルド・ダール本人のではないので、
本人が思い描いたものと実際は違うかもしれないが、
傍から見て「完全」と思えるような素晴らしさ。

原作者のロアルド・ダールが、完成前に亡くなったのが惜しまれる。

映画は、ウンパ・ルンパの軽快な音楽も楽しく、ついつい、もう一度聞きたくなってしまう。
やはりティム・バートンは、自分のイメージを再現するための、
努力を惜しまない天才だと、改めて思う。

世界中の子供から愛されている、ウォンカのチョコレート。
その秘密の工場に、世界中から5人だけ招待される。
その5人の中から、さらに優秀な1人にだけ秘密の賞品が渡される事が告げられ、
5人は工場見学を始める。

基本的に児童文学なので、展開などに無理があったとしても、
それを突っ込むのは揚げ足取りにしかならない。
ティム・バートンの映像美と、ジョニー・ディップの演技力の素晴らしさを味わう映画。

大人から、子供まで楽しめる映画。
子供と一緒にではなく、親も含めた、親子三代で観ると、
より楽しめる作品じゃないかな。

【More・・・】

タイトルは『チャーリーとチョコレート工場』ですが、
この物語の真の主人公は、ジョニー・ディップ演じるウィリー・ウォンカです。

多分、原作は子供への戒めの為、食いしん坊、テレビ中毒の反抗期、
わがまま、自己顕示欲の4人が出てきて、
やってはいけないと言う忠告を無視して、全員、痛い目にあいます。

結局、素直な主人公がチャーリーから「秘密」を譲り受けるのですが、
原作では、このまま単純なハッピーエンドで終わりだと思われる。

映画化の際、ウィリー・ウォンカの生い立ちと、父親の確執まで描いていて、
ウォンカは、自分の中の勝手な尺度で親を推し量り、
親の愛情を拒絶したまま大人になっています。

そんなウォンカは、チャーリーに「秘密」を受け取る条件として、
両親と、両親の親であるお爺ちゃんお婆ちゃん夫婦2組の、
合計6人と縁を切り、捨てる事を要求します。

それは、ウォンカ自身が親を捨てて成功しているから、
チャーリーにも同じ事を求めるのですが、
チャーリーは拒絶し「秘密」を受け取る事を辞退します。

ウォンカはその後、チャーリーから逆に家族の大切さを教えられ、
大人になってから初めて、親に会いに行きます。

ウォンカは父親に会い、自分がチョコレート工場を開設した時などの新聞記事を、
父親が大切にスクラップしていた事を知り、
ウォンカは、自分の勝手な思い込みで、自分が親を拒絶していただけで、
自分は親に愛されていた事を知り、親子の長い確執が解消されます。

この作品の、原作のタイトルは『チョコレート工場の秘密』ですが、
映画版のタイトルは『ウォンカとチョコレート工場の秘密』としていたら、
工場の「秘密」と、ウォンカが成功する為の原動力となった「秘密」と掛かっていて、
個人的には良かったんじゃないかと思うのだが、皆さんはどう思うだろうか。

『チャーリーとチョコレート工場』では、
一見、主役を間違えてしまいそうなタイトルではあるけれど、
ウォンカを主役としてみると、新たな発見や、スッキリする部分もあるのではないだろうか?

この作品は、ファミリー映画や児童映画と間違われそうですが、自己中心的で、
判断基準が損得しか無い、子供の精神年齢のまま大人になってしまった、
現代人にも向けられた作品でもある。

そう考えながら観ると、味わい深い、とても素晴らしい作品だと思う。
関連記事

テーマ : チャーリーとチョコレート工場 - ジャンル : 映画

02:17  |  『 タ 』 映画  |  TB(24)  |  CM(21)  |  EDIT  |  Top↑

●こんにちは。

トラックバックありがとうございます。
家族の絆の大切さを最後に噛み締めた映画でした。
なんといってもジョニー・デップの演技力のすごさにため息が出ます。
大好きな映画のひとつになりました。
びぃ | 2005.11.28(月) 12:53 | URL | コメント編集

●TBありがとうございます。

こんにちは。
「チャーリーとチョコレート工場」は、確かに子ども向けというよりは、
大人向けの童話の感じがしますね。
見てるときには、チャーリー以外の4人の子どもたちに苛々して
しまったんですが(笑)ウォンカ視点で見ると、ストーリー的にも面白い
作品だと思いました。
最近は、大人向けの絵本とか、童話が結構出てるので、ちょっと色々
見てみようかなと、思いました。

また、何か面白い作品があったら見てみたいと思います。
では、またお邪魔させていただきますね。失礼します。
あさぎ | 2005.11.28(月) 14:06 | URL | コメント編集

●初めまして。

TB有難う御座いました。
こちらからもTBさせて頂きます。
子供向けとしても楽しめますが、考え様によっては深い話ですよね。
この作品にジョニー・デップを使ったのも正解だと思ってます。
とても楽しい作品でした。
イチカワ | 2005.11.28(月) 18:26 | URL | コメント編集

●TBありがとうございました。

大人も十分に楽しめる作品ですね。
cosmicwalts | 2005.11.29(火) 01:03 | URL | コメント編集

トラバありがとうございます。

原作は読んだことありませんが、今回の映画はかなり原作に忠実だったみたいですね。
原作も一度読んでみたいなと思いました。

たしかに「ウォンカとチョコレート工場の秘密」ってのはおもしろいですね。
自分はかなりチャーリーの視点で観てしまったので、ファミリー映画っぽく観てしまいました。
ウォンカの視点で観るとまた一味違った感想になりそうですね。
勉強になりました~(^^;ゞ
じろー | 2005.11.29(火) 01:23 | URL | コメント編集

●>ぴぃさん

ジョニー・ディップは素晴らしいですね。
今回の役作りのベースになったのは、マイケル・ジャクソンだったようです。
作品ごとに違う魅力を披露できる、本当に素晴らしい役者だと思います。
また、覗きに来て下さい。
Prism | 2005.11.29(火) 04:21 | URL | コメント編集

●>あさぎさん

子供たちにイライラしましたか(笑)
でも、自分の主張だけをするのは、子供の特色みたいな所がありますからね。
大目に見てあげましょう。
まぁ、最近は大人の方が、自分の主張だけして子供みたいです。
そういう大人にならないように、日々気を付けたいです。
Prism | 2005.11.29(火) 04:25 | URL | コメント編集

●>イチカワさん

ティム・バートンと、ジョニー・ディップのコンビは、良質な作品を量産しますね。
これからも、二人の作品には注意したいです。
また、来て下さいね。
Prism | 2005.11.29(火) 04:28 | URL | コメント編集

●>cosmicwaltsさん

子供も、大人も楽しめる映画と言うのは、作品として良質な場合が多いと、
個人的な実感から思っています。
そんな作品を多くみたいです。
また、来て下さいね。
Prism | 2005.11.29(火) 04:33 | URL | コメント編集

●>じろーさん

タイトルに関するコメントをありがとうございます。
日本のタイトルは、原題から離れている場合も少なくないので、
こんなタイトルはどうかなと思って書いてみました。
また、気が向いたら覗いてみてください。
Prism | 2005.11.29(火) 04:37 | URL | コメント編集

Prismさん TBありがとうございました!
こちがからもTBさせてください

たしかにこの作品 ファンタジーでありながら 現実のシュールな部分をしっかり描いて 子供と大人べつの視点でみるように出来ているところが凄いですよね!
コブタ | 2005.12.03(土) 14:38 | URL | コメント編集

はじめましてTBありがとうございます
記事を読ませていただいて
まったく同じような感想を私も持っていて
なんだか嬉しく思いました
まぁそれくらいにいい作品だったからだとは思うのですが。
私がまだ観ていない映画についても記事にされているのですねー
ぜひ
私も観てみようと思ってます
では今日また新しく映画ネタをUPしました
またいらしてください
まる | 2005.12.03(土) 23:20 | URL | コメント編集

●>コメント返信。

>コブタさん。
そうですね。
ティム・バートンが、現実をどう捉えているのか垣間見えたようで、チョット興味深かったです。

>まるさん。
自分と共感できる見方の人がいるのは、うれしいですよね。
私も、まるさんと同じ感想を持てたのは嬉しいです。
では、まるさんの新しい映画ネタを拝読しに伺いますね。
Prism | 2005.12.06(火) 06:54 | URL | コメント編集

TBありがとうございます。
あんな物凄いキャラを違和感なく演じてのけたジョニー・デップ様に感服するよりほかない映画だなぁと思います。
ティム・バートンとジョニー・デップのコンビ映画は本当に素敵な作品が多いですね。
nanase | 2005.12.08(木) 02:27 | URL | コメント編集

●>nanaseさん

「コープス・ブライド」も素晴らしかったですよ。
もちろん「シザー・ハンズ」もね。
お金ではなく、良質な作品を産み出そうとしている二人が創る作品は、どれも感嘆ものです。
また、覗きに来て下さいね。
Prism | 2005.12.08(木) 22:13 | URL | コメント編集

●TB

ありがとうございます!
チャーリーとチョコレート工場の話をすればするほど
また観たくなって仕方ありませーーーん(笑)
はやくDVDでないかなー♪
ticca | 2005.12.10(土) 16:14 | URL | コメント編集

●>ticcaさん

何度も見たくなるのは、ウンパ・ルンパの魔力でしょうか(笑)
またお越し下さい。
Prism | 2005.12.11(日) 03:13 | URL | コメント編集

こんにちは、トラックバックありがとうございました。
こちらからもトラックバックさせていただきます。
娯楽映画として100点満点の作品でしたね。
ガチャ☆ピン子 | 2005.12.19(月) 03:10 | URL | コメント編集

●>コメント返信

>ガチャ☆ピン子さん
ティム・バートンは、良質の作品を数多く産み出しますね。
たしかに、娯楽映画として、満足のいく映画でした。
Prism | 2005.12.20(火) 01:59 | URL | コメント編集

●この作品は、幅広い年齢層の方達にアピールする映画ですね

こんにちは。
こちらの記事の方にも、コメント&トラックバック、失礼致します。

この作品は、ティム・バートン氏の映画作家さんとして独自の優れたセンスを感じる作品ですね。
そして、一見お子様向けと取られがちではありますが、年齢を重ねた大人の皆さんの方が映画世界をより深く感じる事が出来る、色々な面を見せた見応えのある映画であると思います。

また遊びに来させて頂きます。
ではまた。
たろ | 2006.04.13(木) 14:10 | URL | コメント編集

●>コメント返信

>たろさん
ティム・バートンが描く世界は、彼にしか作れない独特のものですよね。
『ビック・フィッシュ』でも、ウンパ・ルンパ役の役者さんが出演しています。
見る機会がありましたら、チェックしてみてください。
Prism | 2006.04.14(金) 11:05 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

チャーリーとチョコレート工場

さあ、世界一オカシな工場見学へ! 【関連記事】 チャーリーとチョコレート工場(ジョニー・デップ) 壁紙1 壁紙2 壁紙3 チャーリー...
2009/10/19(月) 02:29:07 | Addict allcinema おすすめ映画レビュー

チャーリーとチョコレート工場

 チャーリー・バケット(ハイモア)のお家はとっても貧乏で、傾いたお家に父親(テイラー)と母親(ボナム・カーター)、ジョーおじいちゃん(ケリー)、ジョージナおばあちゃん(スミス)、ジョゼフィーンおじいちゃん(エッセル)、ジョージおじいちゃん(モリス)と肩を
2007/11/11(日) 21:58:29 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡

お題:『チャーリーとチョコレート工場』

ウォンカ氏のぶつかりっぷりったら、ドリフ並みですね。あれで洗面器が落ちてきたら、完璧。オフィシャルサイトはこちら。
2006/04/29(土) 08:50:13 | 映画の一言二言

ワシら4人の年齢、合わせて381歳じゃ~! ~ ティム・バートン 「チャーリーとチョコレート工場」

こんばんは。秋晴れの木曜日です。今日は、火曜日に映画館で観た映画について。『チャーリーとチョコレート工場(CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY)』 (‘05年 アメリカ)両親と2組の寝たきり祖父母と一緒に、町外れにある、右に30°位傾
2006/04/13(木) 14:06:36 | ** Paradise Garage **

『チャーリーとチョコレート工場』

チャーリーとチョコレート工場ワーナー・ホーム・ビデオこのアイテムの詳細を見る話題になっていたこの映画『チャーリーとチョコレート工場』!もうすぐ終了してしまうから、急がねば!と、いうことで、今日観て来ました{/face_hohoemi/}久しぶりの映画鑑賞でした{/face_yok
2006/02/19(日) 18:17:10 | Mon plaisir ☆

チャリチョコDVD!!

予約していたチャーリーとチョコレート工場DVD、本日発売!!勿論ポストカードもゲット☆なんかね、もう見てるだけでハッピーだね!あの歌と音楽と映像が最高。内容は結構ブラック
2006/02/06(月) 00:01:05 | days*

映画:チャーリーとチョコレート工場 試写会@新宿厚生年金会館

?チャーリーとチョコレート工場 ★★★★★[100点](0-100点)ジョニデxティム・バートンの最新作!ということで、片っ端から応募してました。めちゃx10楽しみ~♪台風11号が接近してて、主催に開催されるか問い合わせしました。直撃でも決行とのことでなんと満
2005/12/21(水) 16:36:37 | 駒吉の日記

ティム・バートン監督「チャーリーとチョコレート工場」  Warner Bros. Entertainment Inc. 、2005

★★★★★久しぶりに楽しい映画を観た、という感じでした。さすがはティム・バートン、そしてジョニー・デップ。今年観た映画の中で、間違いなく一番の娯楽映画でした。
2005/12/19(月) 03:13:40 | デコポン書房

うぃりー・うぉんか♪

ただいまぁってこんな時間にどっからかえってきたの?って感じだけども仕事終わって会社で使うマグカップとか探しに出かけてちょっと遅めに帰宅する電車のなかで【ああ・
2005/12/03(土) 23:22:43 | **Tinkerbellを探して**

●チャーリーとチョコレート工場 (Charlie and the Chocolate Factory)

デップファンとしては 外せないということで 「チャーリーとチョコレート工場」の感想です。ロングセラーの小説を映画化ということですが、原色で彩られた映像、ファンタジック
2005/12/03(土) 14:39:23 | コブタの視線

チャーリーとチョコレート工場

お台場に『チャーリーとチョコレート工場』を観に行きました。工場長がジョニー・デップって知識ぐらいしか知らずに行ったんですが、けっこう楽しめました(≧▽≦)わりと子供向
2005/11/29(火) 01:10:51 | てげてげてげ

チャーリーとチョコレート工場

チャーリーとチョコレート工場の感想。日本でも空前の爆発的ヒットとのことで、その魅力については、色々なところで語られていることと思いますので、ストーリーは割愛します。
2005/11/29(火) 01:01:05 | インターネットで映画を見よう

チャーリーとチョコレート工場をやっと見た

この前やっと「チャーリーとチョコレート工場」を見ました。公開日に見に行く予定だったのに、いろいろ忙しくてこんな時期になっちゃいました。感想は・・・不満足ですね。結局そ
2005/11/28(月) 21:03:05 | May the force be with DAKOTA FANNING

ウィリー・ウォンカ♪ウィリー・ウォンカ♪天才ショコラっティっエ~♪

遅ればせながら、"チャーリーとチョコレート工場"、日本語吹き替え版で観て来ました~っ!人気の為公開を延期したそうですが、うちの行きつけの映画館では字幕版が先日終了し、吹き
2005/11/28(月) 20:21:36 | ● Angel Wing ● - Diary

チャーリーとチョコレート工場

最強タッグのティム監督&デップ氏です。始まりの方の工場のシーンで、少し「シザーハンズ」を思い出しました。アレもクッキー作ってましたよね。あの時からしたら技術も上がって
2005/11/28(月) 18:27:34 | Death Blooms

チャーリーとチョコレート工場

やっと観に行きました!!チャーリーとチョコレート工場!!!イナハシと観に行ったんですけどね、超イイ!!!
2005/11/28(月) 12:54:42 | 日々迷走

チャーリーとチョコレート工場

素晴らしかった。まるでディズニーランドのアトラクションに居る様な、映画なのにテーマパークに来ている様な錯覚を覚えた。ジョニー・デップがどんな事を見せてくれるのかとても
2005/11/28(月) 11:29:05 | 今日もまた呟き

チャーリーとチョコレート工場みてきた

「やれるのか、おい」byA・猪木どうも。今日はですね~っ、9時に起きて選挙に行ってきた訳ですよ。はいっ、その後は、また映画みてきた。チャーリーとチョコレート工場ね。(st
2005/11/28(月) 11:04:53 | 今日も明日もカエラと映画とマンガ

charlie AND THE CHOCOLATE FACTORY

見てきました。『チャーリーとチョコレート工場』デップ良かった~。すんごい楽しそうな役で、見てる側もかなり楽しかったです!!(^▽^)まさにティムの世界だぁ~~内容は
2005/11/28(月) 10:42:21 | 日々妄想

チャーリーとチョコレート工場

あれは正しく「ティムの工場」だった。すごくティムらしいと思ったけど、それは工場だけじゃなくて作品そのものがティムらしい作品だった。ジョニーのウォンカ氏はハマリ役だっ
2005/11/28(月) 09:53:24 | シネマ日記

『チャーリーとチョコレート工場』

『チャーリーとチョコレート工場』  2005年の映画館で観た映画:26本目  映画を観た日:2005年10月8日(土) 私は映画を選ぶときに監督を基準にすることは滅
2005/11/28(月) 05:19:26 | ネタばれ禁止な日々

チャーリーとチョコレート工場/母の不在

(ネタバレ注意!) 大人のための毒気に満ちたメルヘン。資本主義にどっぷり浸かっている現代人を批判しているが、その底流には、不在の母に対する飢餓感がある。チャーリーとチョコレート工場  ウォンカは、歯科医の父が彼の歯を守るためにチョコレートを燃やしたことに
2005/11/27(日) 23:52:46 | マダム・クニコの映画解体新書

チャーリーとチョコレート工場

ジョニー・デップ&ティム・バートンのスペシャルな組み合わせ。公開前からワクワクしていたのです。やっと観てきましたよ、『チャーリーとチョコレート工場』。ついでに品川
2005/11/27(日) 08:57:37 | さんぽみち。

チョコレート工場へ

ようやく行ってきました!ずっと観たくて観たくて仕方なかったんですがなんだかんだで遅くなってしまった(-_-;)感想はもうほんとに 最高 でしたっさすがティムバートン、素晴ら
2005/11/27(日) 08:16:54 | 和日和
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。