07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2007.06/27(Wed)

キャッチコピーに偽りなし●プレステージ

全てのシーンに罠がある。
全てのセリフに秘密がある。
気をつけろ。
この映画そのものがトリック。

ThePrestige01.jpg
『The Prestige』

ステージ・パフォーマンスに優れた「グレート・ダントン」のロバートと、
トリック・メイクに秀でた「プロフェッサー(教授)」アルフレッド。
元は、同じチームだったのですが、水中脱出の失敗で、ロバートの妻を喪ってから、
袂を分かつ事になります。

そして文字通り、命を懸けたトリックバトルが始まった・・・。

『プレステージ』 ウィキペディア(Wikipedia)

ヒュー・ジャックマン - ロバート
クリスチャン・ベール - アルフレッド
マイケル・ケイン - ハリー・カッター
スカーレット・ヨハンソン - オリヴィア
デヴィッド・ボウイ - ニコラ・テスラ
アンディ・サーキス - ミスター・アレイ
パイパー・ペラーボ - ジュリア
レベッカ・ホール - サラ
リッキー・ジェイ - マジシャン

監督は、『メメント』、『インソムニア』のクリストファー・ノーラン。

【More・・・】

マジックに重要な3つのステップ

1,“確認” PLEDGE(プレッジ)
うやうやしく、そこにタネも仕掛けもないことを観客に確認させる。
だがもちろん、タネはある。

2,“展開” TURN(ターン)
その仕掛けのない道具で、期待にそむかないパフォーマンスを見せる。
さて、そのトリックを見破ろうとしても、わかりはしない。

3,“偉業” PRESTIGE(プレステージ)
しかしそれだけでは観客は満足しない。
最後にもう一段、予想を超えた驚きを提供する。

そう、このバランスの中にこそトリックの生命線がある。
だからそれを「偉業(プレステージ)」と呼ぶ。

『プレステージ』を評論する事は、とても難しいです。
映画の冒頭で、クリストファー・ノーラン監督が、
「この映画の結末を明かさないで」と伝えています。
そして実際、映画の結末を知る事は、映画の面白さを著しく低下させます。

出来うる限り、直接的な表現は抜きで、書いてみようと思いますが、映画に興味がある方は、
以後は読まないでください。。

映画の終盤は、瞬間移動のマジック対決になります。
指を2本失ったプロフェッサーの、瞬間移動のタネが解らず、
ダントンは鬼気迫る追い詰め方をします。

そして、ダントンは一つのトリックに辿り着きます。
トリックの伏線は、鳥が消えるマジックや、シルクハット等で表されています。

プロフェッサーのトリックは、足の悪い中国人が、
金魚鉢を出現させるトリックのセリフに隠されています。

映画はダントンのトリックと、プロフェッサーのトリックがどういうものか、
オープニングから示されています。
むしろ、映画の内容全てが、二人のトリックの説明です。

そして、“確認” → “展開” → “偉業” のマジックの様に、
映画も、何でもないと思っていた、“確認” → “展開” が、
ラストの“偉業”を目の当たりにした時、張り巡らされた伏線のトリックに、
キャッチコピーの「この映画そのものがトリック」となる訳です。

「映画そのものがトリック」だから、
劇中で「手品はトリックを教えたらダメだ。トリックを知ればみんな居なくなる」と語り、
オープニングで監督が「この映画の結末は明かさないで」と頼み、
エンディングで「みんな騙されたいのだ」と結ぶ訳です。

・・・しかし、プロフェッサーが瞬間移動を披露した時点から、
個人的にはトリックが解ってしまい、こういう映画を見過ぎると、
折角よく練られた脚本の作品が、堪能できない悲しさがありますねw

終盤のトリックについて、あの方法を使ったシナリオ上の理由。
↓反転ねたばれ。
水槽内で水死するのがルートではいけなかった理由は、
1回しかできないのに相手を傍に居させる方法がないからだと思います。

↑ネタバレ終了。
映画を見ていない人は、反転しても解らない文章になっていると思いますw

少しSF的ですが、この映画に関していえば、ギリギリセーフかな?と個人的には思います。

ダントンのトリック、プロフェッサーのトリック、監督のトリックという、
三重のトリックの説明になっている映画というのは、中々無いです。

当初は、邦題として『イリュージョンVS(バーサス)』というタイトルが付けられていましたが、
原題のカタカナ表記に変えられました。

ThePrestige02.jpg
『The Prestige』

私は邦題というシステムに関して容認派です。
「愛と○○の~」という安易な邦題は論外です。
しかし、『プレステージ』のタイトルが、『イリュージョンVS(バーサス)』の邦題ままだったら、
監督の意図は、全部台無しでしたね。

話は変わりますが、『プレステージ』の手品監修を、
デビット・カッパーフィールドがやっています。
実は、彼は○○だという話を知っていますか?

「それは無いよ!」と言う人もいるかもしれませんが、実はアメリカのショービジネスで、
○○は重宝され、よくマジシャンは舞台栄えする○○を見ると、
アシスタント兼、弟子としてスカウトします。
ですから、イリュージョンを行なう人の多くは、有名なマジシャンの下で働きながら学びます。

そして、デビット・カッパーフィールドも、有名マジシャンの下で働いていた下積み時代があります。
ですから、○○説も現実味のある話なんです。

・・・ノーラン監督も、映画の口止めはしても、
カッパーフィールドの秘密に関しては、何も言ってなかったよね?w

『深い心理サスペンス●インソムニア』

『作品の方が見る人を選ぶ作品●マシニスト』

『観る者の期待を、約三重に裏切った●約三十の嘘』

関連記事

テーマ : 忘れられないあのシ-ン - ジャンル : 映画

02:17  |  『 ハ 』 映画  |  TB(16)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

●双子

TBありがとうございます。この映画、けっこう楽しんだクチです。

そして、記事を読ませて戴いてビックリ!!
カッパーフィールド氏が双子だったという話は知りませんでした。
そうなんですか。

>双子は重宝され、よくマジシャンは舞台栄えする双子を見ると、
>アシスタント兼、弟子としてスカウトします。

なるほど、「ザ・たっち」の「幽体離脱」ネタが、別の面白さで迫ってきそうです。
ちか | 2007.06.27(水) 19:22 | URL | コメント編集

●>コメント返信

> ちか さん
YouTubeを見られる環境でしょうか?

http://www.youtube.com/watch?v=TOdr2-tUlxw

2組の双子、計4人(デビット2人&女2人)で、
このマジックをやっていると思います。
けど、あまり夢の無い話になってしまうので、
双子というのは言わない方が良かったですね(苦笑)

手品も映画も、みんな騙されたいんです。
Prism | 2007.06.27(水) 22:32 | URL | コメント編集

●知りませんでした

デヴィッド・カッパーフィールドが双子だったなんてー!
いまからご紹介のTou Tubeを見てきます!
ミチ | 2007.06.28(木) 20:44 | URL | コメント編集

●>コメント返信。

> ミチ さん
見た感想はどうです?
ネタが解ると、やはり面白くないですよね(苦笑)
Prism | 2007.06.29(金) 20:22 | URL | コメント編集

●自分、鈍いかも・・・・・・

見てみました、YouTube。
ネタをばらされても、イリュージョンに見えてしまって。
たしかに二人いればできるトリックなのかな、と、思いますが、
それでもだまされてしまう。

ネタももちろん必要ですが、演出力も奇術には必要ですね。
ちか | 2007.06.30(土) 20:53 | URL | コメント編集

●>コメント返信

> ちか さん
そうですね。
やはりプロフェッサーの演出よりも、
ダントンのシルクハットを投げる演出の方が、
見栄えはしますから、演出は重要ですね(^^)

Prism | 2007.06.30(土) 22:02 | URL | コメント編集

●プレステージ・・・人間のエゴが描かれてるから"オレ"ステージ

見ました。時代背景は ヴィクトリア女王の晩年で 新らしき時代の変化が 訪れ始めた イギリス・・・切り裂きジャックや コナンドイルの推理小説「シャーロックホームズ」などがはやった時代と ちょうど同時期みたいですね。

さて、お互いの いざこざが エゴに凝り固まった対決でした。 まさにプレステージならぬ "オレ"ステージ 
"自分だけの舞台"

天才マジシャンふたりのライバル対決も "電気"が関わってるだけに"熱い火花"を散らしています。デビッド・ボウイのテスラ役も驚きました
 
 ヒュー・ジャックマン&クリスチャン・ベイル それぞれが演じた ライバル同士の天才マジシャン二人が
"あいつには負けたくねえオレが勝つ"の 対決姿勢は

  実際にあった"エジソンVSテスラ"の電流対決とまったく同じである。

最後に 漫画「ジョジョの奇妙な冒険」の荒木飛呂彦さんが 映画「プレステージ」でも 上映時に荒木氏の書下ろしイラスト入りステッカー」が5万枚限定で配布されたそうです  荒木氏の「プレステージ」イラストのリンク先です

http://image.blog.livedoor.jp/poke777/imgs/c/a/ca2214c0.jpg
http://image.blog.livedoor.jp/poke777/imgs/3/3/3388963f.jpg
zebra | 2012.11.23(金) 05:49 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

『プレステージ』を観たぞ~!

『プレステージ』を観ました世界幻想文学大賞を受賞を受賞したクリストファー・プリーストの傑作『奇術師』を、「メメント」「バットマンビギンズ」のクリストファー・ノーラン監督が映画化したミステリアス・ファンタジー・サスペンスです>>『プレステージ』関連原題: ...
2009/02/24(火) 08:18:08 | おきらく楽天 映画生活

プレステージ&相棒

プレステージはWOWOWでして鑑賞したが 結論はのフリと思わない結末だったね 内容は19世紀末ロンドンで奇術師ミルトの弟子の 若い奇術師のアンジャー&ボーテンが事件を境に 互い激しい憎悪で対立にマジック入れる展開だ のが途中でショー以外でも演技
2008/11/27(木) 20:28:24 | 別館ヒガシ日記

『プレステージ』

『メメント』『バットマン・ビギンズ』のクリストファー・ノーラン監督の最新作ということで、期待して観に行ってきましたー。 出演陣も、ヒュー・ジャックマン、クリスチャン・ベール、スカーレット・ヨハンソンに、マイケル・ケインにデヴィッド・ボウイってなんて豪華...
2008/11/17(月) 02:02:41 | cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー

『プレステージ』06・米

あらすじロバート(ヒュー・ジャックマン)とアルフレッド(クリスチャン・ベイル)は、マジシャン(マイケル・ケイン)の助手をしていた。ある晩、舞台の事故でロバートの妻が亡くなったことが原因で二人は敵対するようになる・・・。感想アカデミー賞2部門(撮影賞、美...
2008/03/09(日) 18:20:58 | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ

プレステージ

 『運命さえトリック』  コチラの「プレステージ」は、6/9公開になったヒュー・ジャックマンとクリスチャン・ベイルがイリュージョン対決!そして、そこにスカーレット・ヨハンソンが華を沿える世紀のイリュージョン・エンターテインメントなのですが、早速観て来ちゃ
2007/09/08(土) 23:57:39 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡

アブラカダブラ~~と呟くのは?!プレステージ

ヒュー・ジャックマンクリスチャン・ベイル二人のマジシャンの確執が悲劇をもたらす「X-MEN」でお馴染みのヒュー・ジャックマンがマジシャンで登場。おイメージ一新って感じで新鮮そして迎え撃つライバルマジシャンはクリスチャン・ベイル、よく見ると、結構強面な感じ。い
2007/07/06(金) 22:24:05 | 銅版画制作の日々

映画『プレステージ』を観て

47.プレステージ■原題:ThePrestige■製作年・国:2006年、アメリカ■上映時間:130分■鑑賞日:6月23日、新宿アカデミー(歌舞伎町)■公式HP:ここをクリックして下さい□監督・脚本:クリストファー・ノーラン□脚本:ジョナサン・ノーラン□製作:エマ・ト..
2007/07/02(月) 21:48:02 | KINTYRE’SDIARY

映画 【プレステージ】

試写会にて「プレステージ」クリストファー・プリーストの人気小説を、『メメント』のクリストファー・ノーラン監督が映画化。華麗で洗練されたパフォーマンスを得意とする“グレート・ダントン”ことアンジャー(ヒュー・ジャックマン)と、無骨だけれども天才的な想像力を
2007/06/28(木) 20:43:18 | ミチの雑記帳

「プレステージ THE PRESTIGE 」 映画 感想

ずっと楽しみにしていた、本日より公開のマジシャン対決映画「プレステージ」(原題:
2007/06/27(水) 20:27:00 | Wilderlandwandar

プレステージ

クリストファー・ノーラン監督19世紀末のロンドン。“グレート・ダントン”ことロバート・アンジャーと、 “ザ・プロフェッサー”ことアルフレッド・ボーデンという2人のマジシャンがその腕を競い合っていた。ふたりはかつては同門。しかし、アンジャーの妻の水中脱出シ...
2007/06/27(水) 19:11:27 | BUNPITUノHIBI

プレステージ

(原題:THE PRESTIGE)【2006年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★★☆)二人の若き天才マジシャンたち。ある女性が舞台上で死亡したことにより、二人は憎悪を込めてぶつかり合うことになる。やがて舞台上で起こるもうひとつの死。騙しのプロフェッショナルが命をかけて繰り
2007/06/27(水) 16:03:12 | ともやの映画大好きっ!

プレステージ

派手さはなくても,先を読む興奮はぎっしり。
2007/06/27(水) 10:42:12 | Akira's VOICE

プレステージ / THE PRESTIGE

本格的なマジシャンが主演の映画ってありそうでなかったんじゃないかなー?世の映画ファンの間では海賊映画で盛り上がってる中、、、、試写で観てきました★『インソムニア』はわたしはダメダメだったけど、『メメント』『バットマンビギンズ』どちらも好きだったので楽しみ
2007/06/27(水) 09:41:11 | 我想一個人映画美的女人blog

プレステージ

Mr.マリックと松尾幻燈斎と栗間太澄は同一人物だ! 
2007/06/27(水) 07:51:49 | ネタバレ映画館

プレステージ

「プレステージ」 2007年 英★★☆☆今日は先日お伝えしたように風邪っぴきで、2本観賞・・・。1本目の「フランシスコの2人の息子」は後でUPするとして、2本目のこの「プレステージ」を観るために、2時間も時間つぶしをしなきゃならなかった...
2007/06/27(水) 07:25:22 | とんとん亭

★「プレステージ」

(2007/A106/S55)←今年55本目の劇場鑑賞。「X-MEN」のヒュー・ジャックマンと「バットマン」のクリスチャン・ベールの共演。この作品って最初、「イリュージョンVS」って邦題じゃなかったっけ???いつの間にやら、原題と同じタイトルにしてた・・・って事??ひ
2007/06/27(水) 03:56:40 | ひらりん的映画ブログ
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。