08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2014.06/13(Fri)

太陽が無ければ月は輝かない●容疑者X 天才数学者のアリバイ

天才が仕組んだ悲しき完全犯罪―――   (公式キャッチコピー)

Perfect_Number01.jpg
『Perfect Number』

孤独な高校の数学教師ソッコの楽しみは、
アパートの隣人であるファンソンが働く店で毎朝弁当を買うことぐらいだった。
ある晩、彼はファンソンとめいのユナが暮らす隣の部屋の異変に気付く。
度重なる暴力に耐えかね、
ソウルへと逃れて来た二人をファンソンの元夫が見つけて乗り込んで来ており……。

監督
パン・ウンジン

キャスト
リュ・スンボム
イ・ヨウォン
チョ・ジヌン
キム・ユンソン
キム・ボラ

【More・・・】

う~ん。 まぁ、これはこれで良いのだが…。というのが最初の感想。

◆以下の文章には、『容疑者Xの献身 天才数学者のアリバイ』のネタバレが含まれています。
私は原作小説と、日本版『容疑者Xの献身』を見ています。

今回の韓国版の変更点として、福山雅治が演じた湯川と、柴崎コウが演じた内海と、
北村一輝の草薙が合成されています。

つまり韓国の普通の刑事が湯川役になるので、天才同士の対決という図式にはなりません。
『容疑者Xの献身』という作品は、天才数学者と天才物理学者の対決がキモなので、
一人が普通の凡才刑事であると、もう一方の天才犯罪者が際立ちません。

天才だ!と言われても、ふ~ん。という感じになってしまいます。
それに石神の犯罪を追う刑事がベテラン刑事である事で、
天才が考え抜いた犯罪と言うより、
数学オタクが刑事に見抜ける手がかりを残した平凡な犯罪に見えてしまいます。

心情に訴えた作品だと思いますが、天才数学者の犯罪という印象は無かったです。
個人的に天才同士の対決という部分にも作品の価値を見出していたので、
私にとっては、少し物足りない作品でした。

メロドラマ的な要素が好きな人にはお勧めです。


他人を愛する事で自分の存在を実感する●容疑者Xの献身

ガリレオが挑む “愛” の証明●容疑者 X の献身


関連記事

テーマ : 韓国映画 - ジャンル : 映画

02:17  |  『ヤ・ワ』 映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。