09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2014.03/18(Tue)

近づいて良いけどハードル低く●ディアトロフ・インシデント

そこは地球上で最も近づいてはならないエリア。   (公式キャッチコピー)


『ディアトロフ・インシデント』

旧ソ連時代の1959年。
ウラル山脈のディアトロフ峠を、スキーを使用して越えようとした登山グループが遭難する。

後にグループ9名全員が遺体となって発見されるが、
そのうちの5体は極寒にもかかわらず全裸に近い状態であり、
残る4体は舌が失われているなど異様な損傷を受けていた。
さらに、身に着けていた衣服からは高濃度の放射能までもが検出された。

さまざまな憶測がなされたが、旧ソ連体制の崩壊などで事件は忘れ去られようとしていた。
そんな中、5人のアメリカ人学生が事件を調査しようと関係者に取材し……。

監督
レニー・ハーリン

【More・・・】

この残念感はなんだろう?というのが最初の印象。


※以下の文章には、『ディアトロフ・インシデント』のネタバレが含まれます。

これは実際に起きた事件。と言われますが、
ディアトロフ峠事件が実際にあったとされるだけで、
映画は『ブレアウィッチ・プロジェクト』風であったり、
『REC』風ですが全て創作です。

それでも、ディアトロフ峠事件とフィラデルフィア計画を合わせて、
タイムスリップの味付けをしていて、オチはそうなるのねwと思わせます。

しかし、いかんせん視聴意欲が続かない展開。
10年前ならソコソコ評価されると思いますが、
今だとテンポが悪く感じてしまうかも。

9人だった被害者に、実はあと2人いたとされる証言や、
雪に埋もれていた施設に、現代のビデオカメラがあった事など、
面白い展開だけどテンポが遅いのが致命傷かな。

ビデオで撮影されたよ様なPOV作品が好きなら、
見てみても良いかもしれませんね。
関連記事

テーマ : ホラー - ジャンル : 映画

02:17  |  『 タ 』 映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。