04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.01/01(Sat)

傷だらけの棺で奏でる心のロッカー●ハート・ロッカー

彼らは、数えきれない命を救う。
たった一つの命をかけて ―― 。   (公式キャッチコピー)

HurtLocker01.jpgHurtLocker02.jpg
『The Hurt Locker』

ハート・ロッカー - goo 映画

2004年夏、イラクのバグダッド郊外に駐留するアメリカ軍。
そこに所属する爆発物処理班は、死と隣り合わせの前線の中でも、
最も死を身近に感じながら爆弾処理を行うスペシャリストたちだった。

ある日も、ブラボー中隊はいつものように爆弾処理を行っていたが、
退避しようとしたその瞬間に爆弾が爆発。
1人が殉職してしまう。

その後、新しく中隊のリーダーに就任したのはウィリアム・ジェームズ二等軍曹。
だが彼は、基本的な安全対策も行わず、まるで死を恐れないかのように振る舞い、
周囲を驚かせる。

一瞬の判断ミスが死に直結する爆発物処理班の任務の中、
補佐するJ・T・サンボーン軍曹と、オーウェン・エルドリッジ技術兵は、
徐々にジェームズへの不安を募らせていく。

彼は、虚勢を張るただの命知らずなのか、それとも勇敢なプロフェッショナルなのか。
そんな男たちの思いとは関係なく、激しい戦闘が繰り返される日常は続き、
爆弾処理の日々が過ぎていく。

ブラボー中隊の任務明けまで、あと38日……。

キャスト
ジェレミー・レナー
アンソニー・マッキー
ブライアン・ゲラティー
レイフ・ファインズ
ガイ・ピアース
デイヴィッド・モース

監督
キャスリン・ビグロー

【More・・・】

最初、Heart Rocker だと思ってました。
原題は、死の最前線という意味を含んでいるらしく、
本国でも解説が必要なタイトルのようです。

本ブログでは、Hurt Locker =傷ついたロッカー=傷だらけの棺という意訳です。
日本版公式キャッチコピーは、↑の通りですが、本国のコピーはポスターに書かれている通り、
“ WAR IS A DRUG ”戦争は麻薬。
映画を見ると、“恐怖は麻薬”ですけど、広義として“戦争は麻薬”になるのでしょう。

◆以下の文章には、『ハート・ロッカー』のネタバレが含まれます。

物語は、任務明けの日数カウンターを示しながら、
サンボーン軍曹とエルドリッジ技術兵が、戦争という恐怖と狂気の中で、
ジェームス軍曹が示す“戦争の中の正義”という自我を保つドラックに呑み込まれ、
感覚が麻痺していく日々を描きます。

しかし2人は、ジェームス軍曹に従った為に命を落としかけ、
正義というドラックに呑み込まれる前に正気を保ち、
任務明けまで生き延び、ジェームス軍曹と袂を分かちます。

任務が明けたジェームス軍曹は、平和なアメリカに戻ります。
狂気の日々が終わったかと思わせて、ラストはジェームス軍曹が、
新しい任地へ降り立つところで終わります。

・・・で、ここでスゴイのが、新しい任務明けまでのカウンターが365日を示す訳です。
任務明けまでの日数が、サンボーン軍曹とエルドリッジ技術兵と観客にとっては、
そのまま戦争を離れて助かるまでの日数になっていましたが、
ラストシーンでは、ジェームス軍曹の寿命がリセットされて、
戦場で生き返った事を表しています。

ジェームス軍曹の様に何かのタガが外れてしまった人には、
戦争というドラックが、生きている事を実感する為に必要なんでしょうね。

戦争という現実の一面を切り取った映画として、良く出来ていると思います。
気になる人にはオススメです。

関連記事

テーマ : 心に残る映画 - ジャンル : 映画

タグ : ハート・ロッカー キャスリン・ビグロー ジェレミー・レナー ガイ・ピアース レイフ・ファインズ

02:17  |  『 ハ 』 映画  |  TB(2)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

『ハート・ロッカー』'09・米

あらすじ2004年夏、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊のリーダーにジェームズ軍曹が就任する・・・。感想『ハートブルー』のキャスリン・ビグロー...
2011/03/08(火) 22:53:58 | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...

ハート・ロッカー

 『彼らは、数えきれない命を救う。 たったひとつの命を懸けて─。』  コチラの「ハート・ロッカー」は、2004年夏のイラクを舞台に爆発物処理班の兵士たちの姿を描いたPG12の3/6公 ...
2011/01/04(火) 10:12:25 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。