09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2007.06/15(Fri)

元ネタとの差別化は成功●暗いところで待ち合わせ

メジャー系設定の単館向け原作を、単館系に仕上げた敏腕。

DarkConnection01.jpg
『暗いところで待ち合わせ』

『暗いところで待ち合わせ』 ウィキペディア(Wikipedia)

目の見えないミチルの家に、殺人容疑で警察に追われたアキヒロという男が逃げ込み、
気付かれないように潜み始める。

数日後、ミチルは誰かがいることを確信するが、
「もし悪い人で、襲われるようなことがあったら、舌を噛み切って死ねばいい」と思い、
気付かないふりを続ける。

しかし、アキヒロは物音を立てないよう静かにしているだけで、危害を加えるどころか、
むしろミチルが大怪我をしそうになるところを助けてくれたりする。

そんな二人の奇妙な共同生活。

本間ミチル:田中麗奈
大石アキヒロ:チェン・ボーリン
三島ハルミ:井川遥
二葉カズエ:宮地真緒
ミチルの父:岸部一徳
松永トシオ:佐藤浩市
若木:波岡一喜

監督・脚本:天願大介

【More・・・】

設定はサスペンスフルですが、物語の展開は、二人の心の動きがメインのやや地味な話で、
思っている以上に映画向きの話ではないです。

しかし、監督は丁寧に心情を追い、田中麗奈を始め、役者も力演しています。
多分、原作ファンと、原作を知らない映画ファン双方の、
妥協点ギリギリを作上げる事が出来ていると思います。

エンターテイメントに徹してみるのも面白かった様な気がしますが、
元々単館系の作品を多く手がけている監督ですし、原作に敬意を表した気もします。

やはりこの監督は、単館向けの要素がある原作を使うと、良い気がします。

・・・エンターテイメントに徹すると、元ネタの『暗くなるまで待って』と、似てしまいますしねw

WaitUntilDark01.jpg
『Wait Until Dark』

『暗くなるまで待って』 ウィキペディア(Wikipedia)

関連記事

テーマ : ミニシアター系 - ジャンル : 映画

02:17  |  『 カ 』 映画  |  TB(14)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

●こんにちは♪

原作を全く知らないので、思ったよりも楽しめました。
井川遥があのようなことになるなんて、その展開にビックリしたり(笑)
ミチルとアキヒロの静かな生活のシーンをもっと見ていたい気にさせられました。
チェン・ボーリン君はとても雰囲気のある人ですよね。
アキヒロにピッタリだったと思います。
ミチ | 2007.06.16(土) 09:40 | URL | コメント編集

おはようございます。

前から見たいなと思っていて、見過ごしてしまった映画の一つだったんですが、
面白そうですね。

原作もタイトルしか知らなかった私ですが(^-^;)、
レビューを拝見すると楽しめそう。
見てみます、近々。

「大日本人」の記事でもおっしゃってたんですが、
単館系映画というの、今更ながら、なるほどなぁって思いました。
・・・そういえば、深夜番組枠なら凄く面白いのに、
ゴールデン移った後、同じ内容にも関わらず、色あせてしまうTV番組ってありますよね。
それと似たようなモノなのかしら??(笑)

単館だからこそ、面白みが増す内容ってあるんですね。
一つ勉強になりました。ありがとうございます(^-^)


陽菜 | 2007.06.16(土) 09:43 | URL | コメント編集

●TBありがとうございます

原作は未読ですが、スクリーンで観る事ができて嬉しかった作品。
音を消してるアキヒロと
光りを消されたミチルのぎこちない生活が微笑ましかったです☆
チェンボーリンくんは、デビュー当時の佐藤浩市さんにあまりにも似ていて
びっくりでした~(*_*;
『暗くなるまで待って』は、ン十年前に観たので、、改めて観てみたくなりましたv-238
kira | 2007.06.16(土) 19:03 | URL | コメント編集

●>コメント返信

> ミチさん
ハーフという設定が、孤独感を際立たせていて良かったです。
井川遥の演技もそうですが、佐藤浩市もCMとは違い、嫌な男を的確に演じていました。
なかなかの良作だと思います。

>陽菜さん
やはり万人ウケする娯楽映画と、観る人を選ぶ単館系映画があり、
『暗いところで待ち合わせ』も、『大日本人』も観る人を選ぶ作品です。
お笑い番組の深夜枠と、ゴールデンの関係も同じだと思います。

> kira さん
佐藤浩市のデビュー当時というと、自分の場合は『南極物語』ですかね。
良い役者になりそうですよね。
Prism | 2007.06.17(日) 01:53 | URL | コメント編集

●監督

TBありがとう。
やはり、監督は、偉大な父親を持って、たいへんなプレッシャーがあると思いますけどね。
kimion20002000 | 2007.07.08(日) 02:20 | URL | コメント編集

●>コメント返信

> kimion20002000 さん
プレッシャーに潰されないように、成長して欲しいですね。
Prism | 2007.07.08(日) 03:10 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

暗いところで待ち合わせ

乙一氏の同名小説が原作だそうです。 3年前の交通事故が原因で視力を失ったミチルは、 父親と二人で静かに暮していた。 ところがその父が急死。 ミチルは親類の反対をよそに一人暮しを始める。 しかしその父が死に、ミチルは親類の反対をよそに一人暮しを始める。 ...
2008/12/02(火) 20:17:30 | 映画、言いたい放題!

「暗いところで待ち合わせ」天願大介監督作

乙一原作は今から2年前に読了。 私はこの原作が大好きである。 活字で読む孤独な男女の陰の生活は常に緊張感が漂い、その心理的距離感は絶妙で絶品である。 そして個人的には少しだけ泣ける小説であることが、映画としての映像化に興味を抱くことになるのだが・・・。 ...
2008/02/05(火) 06:33:24 | 雑板屋

映画「暗いところで待ち合わせ」

真犯人は身近にいて意外な人物・・ミステリーでサスペンスでちょっぴりラブストーリーだけど、気本的には不遇の若い男女による心温まる触れ合いの物語・・・ 事故で光を失った本間ミチル(田中麗奈)は唯一の家族である父(岸部一徳)の他界によって、一人ぼっちとなる、親
2007/12/06(木) 01:58:38 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~

映画「暗いところで待ち合わせ」 ~我の必要は自分の存在を許す者~

交通事故が原因で視力を失ったミチル(田中麗奈)は、父(岸部一徳)と二人で静かに暮らしていた。ミチルは深い悲しみを胸に、たった一人の生活を始める。身の回りの家事を一人でこなすミチルの生活は、一見静かで穏やかに見えたが、その心の中は不安と孤独が今にも溢れ出し
2007/09/25(火) 22:27:34 | 混沌と勇気日記。 ~破滅の世界に打ち砕く勇姿を持て~

暗いところで待ち合わせ

床屋的に気になったのは、田中麗奈が盲目だったらきっと「ゲジ眉」だろうw暗いところで待ち合わせ プレミアム・エディションposted with amazlet on 07.08.22ジェネオン エンタテインメント (2007/05/25)売り上げラン
2007/08/22(水) 14:32:23 | ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!

mini review 07060「暗いところで待ち合わせ」★★★★★★★★☆☆

カテゴリスリラー/サスペンス ラブ・ストーリー 製作年2006年 製作国日本 時間129分 公開日2006-11-25~ 監督天願大介 ストーリー目の見えないミチルは駅のホームが下にある家で一人暮しを始める。ある日、一人の男がホームから転落死した。その直後、一人の青年がミチルの
2007/07/07(土) 19:09:07 | サーカスな日々

「暗いところで待ち合わせ」 一徳パパぁ~

障害者プロレスのドキュメンタリー『無敵のハンディキャップ』、車イスの『AIKI』に続く、天願大介監督のハンディキャップ映画第3弾!まだまだ続きそう?なんで、三部作の完結編などとは銘打ってません。とにかく、田中麗奈の美少女っぷりが復活したのには舌を巻きまし
2007/06/20(水) 22:12:20 | 『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記

【劇場鑑賞137】暗いところで待ち合わせ

光をなくした女闇を抱える男そんな孤独な二人を引き合わせたのはある殺人事件だった。そしてはじまった不思議な共同生活。ずっと自分の居場所を探してたでも、やっとわかった本当に必要なのは、場所じゃないって。あなたに出逢えて....
2007/06/18(月) 00:25:20 | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!

暗いところで待ち合わせ

音を立てちゃダメだ!シーンと静まり返った場内でお腹の鳴る音が響き渡る・・・
2007/06/17(日) 09:34:26 | ネタバレ映画館

暗いところで待ち合わせ

何度も観に行こうとしてはチャンスがつぶれて観れなかった『暗いところで待ち合わせ』ついに観てきました♪ 3年前の事故が原因で両目の視力を失くし、実の父親も病気で亡くしたミチル(田中麗奈)。世間から取り残されたように1人静かに暮らしていたある日、ミチルの家の
2007/06/16(土) 18:49:04 | to Heart

「暗いところで待ち合わせ」小説面白かった!と、映画情報

いよいよ、レンタル開始になったので、見てみました!いや~。原作の雰囲気そのまま、映像化されてました!! 
2007/06/16(土) 10:29:05 | ポコアポコヤ 映画倉庫

暗いところで待ち合わせ/田中麗奈、チェン・ボーリン

田中麗奈さんとチェン・ボーリンくん共演作第二弾は前作「幻遊伝」と打って変わってサスペンスなラブストーリー。原作は読んだことないんですけど、乙一さんのベストセラー作品だそうです。乙一さん原作の映画といえば私は以前観た「ZOO」はけっこう気に入ったんですが、あ
2007/06/16(土) 10:10:53 | カノンな日々

映画 【暗いところで待ち合わせ】

映画館にて「暗いところで待ち合わせ」乙一の同名ベストセラー小説を映画化。3年前の事故が原因で失明し、実の父親も病気で亡くしたミチル(田中麗奈)。1人静かに暮らしていたある日、ミチルの家の近くにある駅のホームで殺人事件が起こる。やがて、容疑者の青年アキヒロ(
2007/06/16(土) 09:38:04 | ミチの雑記帳

暗いところで待ち合わせ((+_+))

光をなくした女、闇を抱える男。 殺人事件からはじまった不思議な共同生活 京都みなみ会館にて鑑賞した『暗いところで待ち合わせ』田中麗奈と台湾の若手俳優、チェン・ボーリンの共演監督は故今村昌平の長男で、今村作品の脚本家としても活躍、そして細密で繊細な描写を特
2007/06/16(土) 09:31:28 | 銅版画制作の日々
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。