04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.03/02(Tue)

生き残った双子の一人が踏む影●影踏み

手軽に読める横山作品。


『影踏み』

窃盗罪での服役を終え出所した真壁修一(34)が真っ先に足を向けたのは警察署だった。
二年前、自らが捕まった事件の謎を解くために。

あの日忍び込んだ家の女は夫を焼き殺そうとしていた―。

生きている人間を焼き殺す。
それは真壁の中で双子の弟・啓二の命を奪った事件と重なった。

十五年前、空き巣を重ねた啓二を道連れに母が自宅に火を放った。
法曹界を目指していた真壁の人生は…。

一人の女性をめぐり業火に消えた双子の弟。
残された兄。
三つの魂が絡み合う哀切のハード・サスペンス。

著者:横山秀夫


【More・・・】

長編作品かと思ったら、連作短編作品でした。
期待した作品とは違ったけど、それなりに楽しく読めました。

タイトルの『 影 』が、何を表しているかという所が、ダブルミーニングになっていました。
だから、こういうレビュータイトルになったんですけどね。

作家さんは、求められる自分のスタイルを、
なんとか打開したいのかもと、チョット思った作品でした。

時間の無いミステリー好きには、短編なのでオススメです。

関連記事

テーマ : 推理小説・ミステリー - ジャンル : 本・雑誌

02:17  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。