01月≪ 2017年02月 ≫03月

12345678910111213141516171819202122232425262728
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.05/28(Thu)

侍が武士でいられなくなる時代●隠し剣 鬼の爪

鬼には教えられぬ、鬼の爪。


『隠し剣 鬼の爪』

隠し剣 鬼の爪 - goo 映画

幕末の東北。海坂藩の平侍、片桐宗蔵(永瀬正敏)は、
母と妹の志乃、女中のきえ(松たか子)と、貧しくも笑顔の絶えない日々を送っていた。
やがて母が亡くなり、志乃ときえは嫁入りしていった。

ある日宗蔵は、きえが嫁ぎ先で酷い扱いを受けて寝込んでいることを知り、
やつれ果てたきえを背負い連れ帰る。

その頃、藩に大事件が起きた。
かつて、宗蔵と同じ剣の師範に学んだ狭間弥市郎が、謀反を起こしたのだ。
宗蔵は、山奥の牢から逃亡した弥市郎を切るように命じられる…。

監督
山田洋次

原作
藤沢周平 『隠し剣 鬼の爪』 『雪明り』

脚本
山田洋次
朝間義隆

出演
永瀬正敏
松たか子
吉岡秀隆
小澤征悦
田畑智子
高島礼子
倍賞千恵子
田中邦衛
光本幸子
田中泯
小林稔侍
緒形拳

【More・・・】

『たそがれ清兵衛』と同じ、藤沢周平の原作で、山田洋次の監督作品です。

鑑賞後は、わりあい良い印象でしたが、まだ『たそがれ清兵衛』の方が、
主人公である清兵衛が貧乏なだけに、感情移入がし易かったです。

なぜなら、武士である清兵衛が、出戻りである朋江の縁談を断るのには、
妻を亡くし、娘二人を抱えて、老いた母親と日々を暮らすのが精一杯の、
貧乏武士だからという理由がありましたが、
武士という立場の片桐が、女中である、きえとの婚姻に尻込みするのは、
自分と一緒になるよりもっと幸せな人がいる筈という、
片桐の独断だけです。

ですから、どうしてもタメの部分が弱く、感動という所まではいきませんでした。
きえの話と鬼の爪の話も、若干、乖離性を感じました。

『隠し剣 鬼の爪』を見て、『たそがれ清兵衛』を見ていなければ、
『たそがれ清兵衛』をオススメしますが、
『たそがれ清兵衛』を見て、『隠し剣 鬼の爪』を見ていなければ、
スルーして構わない作品でした。

関連記事

テーマ : 日本映画 - ジャンル : 映画

02:17  |  『 カ 』 映画  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

隠し剣 鬼の爪

 コチラの「隠し剣 鬼の爪」は、藤沢周平さんの世界を山田洋次監督が描く三部作の「たそがれ清兵衛」に次ぐ2作目です。  原作は、「隠し剣 鬼ノ爪」と「雪明り」の2作の短編小説をモトにしているんだそうなんですが、前作とカブる部分がとても多い感じを受けました。原...
2009/05/28(木) 20:08:45 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。