11月≪ 2017年03月 ≫12月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.02/24(Tue)

柔軟な想いを固めた旅●モーターサイクル・ダイアリーズ

この出会いを、忘れない   (公式キャッチコピー)

MotorcycleDiaries02.jpg
『The Motorcycle Diaries』

モーターサイクル・ダイアリーズ - goo 映画

1952年、喘息持ちだが“フーセル(激しい心)”の異名を取る23歳の医学生エルネストは、
7歳年上の陽気な友人アルベルトとバイク旅行に出発する。
本でしか知らない南米大陸を、自分の目で見たいという好奇心からの冒険旅行だった。

故郷のブエノスアイレスを出発しパタゴニアへ。
さらに6千メートルのアンデス山脈を超え、
チリの海岸線沿いに南米大陸の北端を目指す1万キロ超の旅路だ。

だが所持金は乏しい上、バイクは故障ばかり。
2人の旅は困難を極めていく…。

監督
ウォルター・サレス

製作総指揮
ロバート・レッドフォード

脚本
ホセ・リベーラ

出演
ガエル・ガルシア・ベルナル
ロドリゴ・デ・ラ・セルナ
ミア・マエストロ

【More・・・】

キューバ革命の立役者であるチェ・ゲバラが、
若き日の南米旅行を記した書物、
『チェ・ゲバラ モーターサイクル南米旅行日記』
を基に映像化した作品です。

映画の冒頭、ゲバラのコメントが流れます。

これは偉業の物語ではない。
同じ大志と夢を持った2つの人生が、しばし併走した物語である。
        ――― エルネスト・ゲバラ・デ・ラ・セルナ 1952年

映画の締めくくりで、もう一度述べられた後、以下の文章が追記されます。

僕らの物の見方は、偏り過ぎていただろうか。
僕らの結論は、頑な過ぎたか。
そうかもしれない。
南米放浪の旅は、想像以上に僕を変えた。
僕は少なくとも、昔の僕ではなくなっていた。

チェ・ゲバラという人物が、
どういう想いで革命を目指したのかを感じられるロード・ムービーでした。

満たされた世界の裏には、虐げられた世界があり、
虐げられた者達には、どうやって戦えば良いのか、誰と戦えば良いのか、
何も分からないまま日々を暮らしています。

日々の生活に悩みながら苦しんでいる日雇いの夫婦と出会った時に、
資本主義の一面を見て、ハンセン病の隔離病棟を訪れた時、
伝染力が弱いと分かった病気であるのに、
隔離政策を続けている事に疑問を持ちます。

翌日には病院を去る日の晩、ゲバラはお別れ会を抜け出し、
ハンセン病の患者が隔離されている川の向こうまで泳ぎだします。

「今まで泳ぎ切った人がいない」とされている川を、
喘息持ちのゲバラが夜の川に飛び込む事は自殺行為です。

旅の途中で川に飛び込み、高熱を出したゲバラには、
自分でどういう行為か分かっていた筈です。

しかし、全てを乗り越えて川を渡り切ったゲバラには、
誰も成し遂げた事の無い困難な事でも、
やり遂げる自信が付いたのでしょう。

・・・たとえば、革命であっても。

チェ・ゲバラの人となりを知るには、最適な映画かもしれません。
ロード・ムービーとしても、ナカナカの秀作。
気になる人にはオススメです。


ノックの音は切なく響く●ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア


関連記事

テーマ : 映画を見て、思ったこと - ジャンル : 映画

02:17  |  『 マ 』 映画  |  TB(2)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

モーターサイクル・ダイアリーズ

 コチラの「モーターサイクル・ダイアリーズ」は、カリスマ革命家チェ・ゲバラの若き日、アルゼンチン時代、医学生時代に行った南米横断旅行を綴った本人著の「モーターサイクル南米旅行日記」をベースに、旅のパートナーであったアルベルト・グラナードの原作を映画化し...
2010/06/20(日) 20:40:24 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡

モーターサイクル・ダイアリーズ

原題:THE MOTORCYCLE DIARIES/DIARIOS DE MOTOCICLETA アミューズソフトエンタテインメントより¥3990で発売中 2003年度作品/イギリス・アメリカ 第77回アカデミー賞 歌曲賞受賞(Jorge Drexler) <監督> ウォルター・サレス <原作> エルネスト・チ..
2009/05/29(金) 03:36:09 | みるき~うぇい
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。