09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.02/18(Wed)

マッチスティック・メンが火を点ける●ウィッカーマン

思わせぶりな炎上した親娘は、結局ただの動機付け。


『Wicker Man』

ウィッカーマン - goo 映画

カリフォルニア州の白バイ警官メイラスは、
親娘の乗る車が事故で炎上する姿を目の当たりにして以来、
精神的なダメージを負っていた。

そんな彼にある日、失踪した婚約者ウィローから手紙が届く。
娘のローワンが行方不明になっており、助けてほしいという。

今でもウィローを想うメイラスは、
一路ウィローの住むワシントン州の島サマーズアイルへと向かった。

そこでメイラスは島の人々の不気味な雰囲気と冷たい視線を感じて……。

監督・脚本
ニール・ラビュート

製作
ニコラス・ケイジ

出演
ニコラス・ケイジ
エレン・バースティン
ケイト・ビーハン
リリー・ソビエスキー
モリー・パーカー

【More・・・】

パッケージに書かれている、「衝撃の結末」と、主演のニコラス・ケイジが、
製作までしている事に興味を覚えて借りてみました。
元は、1973年に製作されたイギリス映画です。

観終わって、物足りなさと中途半端というのが最初の感想。

◆以下の文章には、『ウィッカーマン』のネタバレが含まれます。

ウィッカーマンとは、ガリア戦記に記述されている柳の枝で編まれた巨大な人型の檻で、
ドルイド教徒が生贄となる人間を入れて燃やしたものらしいです。

失敗の要因は、牧歌的でエロス漂うカルト映画を、
今の時代に合わせた変更点が、作品全体の説得力を薄くしてしまい、
逆に、今の時代に合わせる為のスパイスが弱かった事かな。

下世話にいくなら、エロスを増やすべきだし、
芸術色を出すなら、『落下の王国』のターセムや、
『パンズ・ラビリンス』の方向にいけば、
それなりのヒットはした様な気がします。

元の映画の様な、牧歌的なエロスでは、
今の時代では、滑稽にしか見えないだろうしなぁ。
まぁ、要は中途半端。
今は、『ウィッカーマン』の様なプロットの作品は多く出ているしね。

そんなに期待しなければ、それなりに楽しめる娯楽作ではあると思います。
でも、『NEXT』の方が楽しめるかな。


白磁の皿は、100円ショップに置いてはいけない●ネクスト

スペイン版、ダーク・ファンタジー杜子春●パンズ・ラビリンス

関連記事

テーマ : 映画を見て、思ったこと - ジャンル : 映画

02:17  |  『 ア 』 映画  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

ウィッカーマン

 『運命を見とどけよ 行方不明の娘を救うため、孤島を訪れた男。 真実へ辿りつく時、衝撃のラストが襲いかかる─。』  コチラの「ウィッカーマン」は、ニコラス・ケイジ主演で73年の同名映画をリメイクしたカルト・ホラーです。孤島で行方不明、「シャッターアイラン
2010/08/07(土) 19:04:23 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。