07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.01/29(Thu)

慰めて欲しいのは誰?●007 慰めの報酬

傷ついた心が、共鳴する。   (公式キャッチコピー)


『007 Quantum of Solace』

007/慰めの報酬 - goo 映画

初めて愛した女・ヴェスパーを失ったジェームズ・ボンドは、
ヴェスパーを操っていたミスター・ホワイトを尋問し、背後にいる組織の存在を知る。

早速捜査のためにハイチへと跳び、知り合った美女カミーユを通じて、
組織の幹部であるグリーンに接近。

環境関連会社のCEOを務める男だが、
裏ではボリビアの政府転覆と天然資源の支配を目論んでいるのだった。

ボンドは復讐心を胸に秘めながら、グリーンの計画阻止に動くが…。

監督
マーク・フォースター ・・・・・・『チョコレート』 『主人公は僕だった』
                 『ネバー・ランド』 『君のためなら千回でも』

出演
ダニエル・クレイグ
オルガ・キュリレンコ  ・・・・・・ 『ヒット・マン』
マチュー・アマルリック
ジュディ・デンチ
ジャンカルロ・ジャンニーニ
ジェマ・アータートン
ジェフリー・ライト

【More・・・】

もったい箇所も多かったけど、やっぱり面白かった。というのが最初の感想。

『慰めの報酬』は、前作、『カジノ・ロワイヤル』から続いているキャストや要素もある為、
これから『慰めの報酬』を観る人で、『カジノ・ロワイヤル』を観ていない人、
観たけど忘れてしまった人の為に、少し記しておきます。

◆以下の文章には、前作である『カジノ・ロワイヤル』のネタバレがあります。

CasinoRoyale01.jpg
『007 Casino Royale』

ヴェスパー ・・・ ボンドがスパイを辞める事を決意した女性。
           捕らえられた恋人の為にボンドを裏切っていた。
           ボンドを救う為に、謎の組織に資金を渡そうとしてボンドに阻止され、
           ヴェニスのエレベーター内で溺死。

※『慰めの報酬』 開始早々に分かる事実。
【反転開始】
ヴェスパーの彼は、実は謎の組織の人物で、
機密を盗む為や組織の人間を政府機関に送り込む目的でヴェスパーに近付いていて、
彼を恋人だと思っていたヴェスパーは、最初から騙されていた

【反転終了】

レネ・マティス ・・・  ボンドの友人。
             ヴェスパーの裏切りを、マティスの裏切りとボンドに誤解され、
             MI-6で拷問を受ける。
             身の潔白が証明されるもののMI-6を引退。

フェリックス・ライター ・・・ アメリカCIAの黒人諜報員。
                 ヴェスパーの裏切りでポーカーの賭け金が無くなり、
                 ル・シッフルの殺害を決意したボンドを制止し、
                 500万ドルの資金提供を申し出る代わりに、
                 ル・シッフルの身柄を要求。
                ボンドが能力を認める人間。



◆以下の文章には、『慰めの報酬』のネタバレ要素があります。

映画の冒頭、ミスター・ホワイトを尋問しますが、
前作『カジノ・ロワイヤル』のラストで、ボンドが足を撃った相手だと気付き難いです。
つまり、前作のラストから続いていると説明するシーンはありません。

前作『カジノ・ロワイヤル』を観ていない、
或いは覚えていない状態で『慰めの報酬』をみると、
少し分かり難いです。

ヴェスパーを追い詰めた、謎の組織への復讐を胸に秘めるボンドを、
際立たせる為のキャラクターである女性のカミーユですが、
公式キャッチコピーの「傷ついた心が、共鳴する。」という事を、
浮かび上がらせるには少し弱いです。

多分、カミーユ役のオルガ・キュリレンコをキャスティングした理由の一つとして、

OlgaKurylenko01.jpg
『慰めの報酬 カミーユ役 Olga Kurylenko』

ボンドがカミーユの中に、ヴェスパーを感じるという部分を、
描きたかった意図があるように思いましたが、

EvaGreen01.jpg
『カジノ・ロワイヤル ヴェスパー役 Eva Green』

カミーユが、ヴェスパーを彷彿とさせる様な、
ヘアスタイルやドレスを着飾る事はありません。

殺しの標的となっていたカミーユの写真を、
ヴェスパーと恋人の写真と似た構図で表すとか、
色々やり方はあったと思うけどなぁ・・・。

終始、ボンドとカミーユは単独エピソード的に感じてしまい、
「傷ついた心が共鳴」という印象は受けなかったです。

ラストの炎に囲まれるシーンは、
「復讐の炎は、何れ我が身を焼く」という表現なのかもしれませんが、
映像において、炎の扱いは難しく、火力が大きいと火の勢いは凄くても、
映像が赤で潰されて、
炎以外の役者のアクションが小さく見えてしまう危険性があります。

『慰めの報酬』では、悪いほうへ転がったかも。

ロジャー・ムーアのボンド時代、同一監督による連作によって、
観客にマンネリという印象を与え、観客離れを起こす要因にもなったので、
前作『カジノ・ロワイヤル』の監督、
マーティン・キャンベルから、心情を描き出す事が上手い監督である、
マーク・フォスターに変わった事は仕方の無い事かもしれません。

でも、ラストのアクションシーンでマイナス要素を挙げましたが、
アクションの映像に関して、マーク・フォスターの映像は悪く無かったです。

競馬場の下で、裏切り者の追跡をしている事や、
吊り下がったボンドと裏切り者のアクション前に、
ロープに吊り下げた荷物を下に落とさせるなどの演出の丁寧さがあります。
冒頭のカーチェイスも、かなりの迫力です。

ただ、『カジノ・ロワイヤル』と『慰めの報酬』の作品としての繋がりを考えると、
マーティン・キャンベルの連投でも良かった様な気がします。

今回のマーク・フォスターでは、『カジノ・ロワイヤル』でのヴェスパーの映像を、
効果的にインサートする事に躊躇するでしょうし・・・。

『カジノ・ロワイヤル』での、マティスのセリフ「死体にも使い道がある」など、
やり方によっては映える物を使わなかったのは残念。

総合評価としては、『慰めの報酬』の方がやや落ちますが、
話の筋として、『カジノ・ロワイヤル』の方が、
ドラマティックな要素が多かったから、一概には比べられないかも。

『カジノ・ロワイヤル』
ヴェスパーとの愛に目覚める → 裏切られる

『慰めの報酬』
復讐心 → プロとしての自覚

この「復讐心」が、観客にはスパイとして許容範囲の行動に見えやすいので、
「プロとしての自覚」への振れ幅が小さく感じてしまい、
物足りなさを感じてしまうかも。

字幕は、独自解釈を取り入れ、セリフを作る戸田奈津子。

ピアース・ブロスナンのボンドイメージで、「宝くじに当たった数学教師」とか、
面白いかは別として、ユーモアを取り入れるのはどうなんだろう?

もう一人のボンド・ガールであるジェマ・アータートン演じるフィールズを、
ホテルのフロントで「妻」と紹介する事によって、

GemmaArterton01.jpg
『慰めの報酬 フィールズ役 Gemma Arterton』

平凡だったMI-6の職員が、ボンドの為に「逃げて」とメッセージを残すんだけど、
余分なユーモアで、ボンドのイメージが柔らかくなった事も、
「復讐心」という今回のボンドのキャラクターがブレた気がします。

フィールズは、『カジノ・ロワイヤル』でのソロンジョ役を演じた、
カテリーナ・ムリーノの位置なので、

CaterinaMurino01.jpg
『カジノ・ロワイヤル ソロンジョ役 Caterina Murino』

フィールズを「妻」と紹介する字幕を変えて、独自のユーモアを入れた事で、
「名もなき端役が、何故かがんばった」というイメージになってしまったかな。

劇中、オペラハウスが出てきますが、オペラの演目が『トスカ』

簡単に、『トスカ』のあらすじを言うと、
女性歌手トスカの恋人が捕らえられ、恋人を助ける為に警察署長に取り入って、
警察署長を殺すけど、結局恋人は処刑され、
トスカも恋人の後を追い自殺するという話です。

ヴェスパーを彷彿とさせる演目を選んだのは、
やっぱり『クラッシュ』、『告発のとき』のポール・ハギスかなぁ?

自分の場合、『トスカ』と聞いて、
佐々木倫子のマンガ『動物のお医者さん』を思い出しました。

主人公の母親がオペラ歌手で、急遽、
主人公達が『トスカ』の上演を手伝う事になり、
悲劇が喜劇になったというエピソードを思い出し、
周りがアクションに魅入られているのに、自分だけチョット笑ってましたw

あれこれ書いたけれど、個人的には満足。
戸田のなっちゃんが、セリフ創作をもう少し控えてくれたら、もっと満足。

・・・自分の語学力が、字幕を必要としていなかったら、
一番文句無いけどねw

慰めて欲しいのは、心情表現の少ない脚本でがんばった、
マーク・フォスター監督?

複数の脚本家による共同脚本で、
アクション寄りの脚本になったポール・ハギス?

骨折や縫うケガを負ったのに、
『カジノ・ロワイヤル』より評価の低いダニエル・クレイグ?

戸田奈津子の字幕で、軽い扱いになってしまった、
フィールズ役のジェマ・アータートン?

とは言っても、やっぱりアクションは大画面で見ると良いなぁ~と、
再認識させてくれる映画でした。


主人公は “2人” だった●主人公は僕だった

ホームランは打てない、バスター・ヒットマン●ヒットマン

“戦火の勇気” を “告発のとき”●告発のとき


関連記事

テーマ : 007シリーズ - ジャンル : 映画

02:17  |  『 ナ 』 映画  |  TB(25)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

●こんにちは♪

TBありがとうございました!

せっかくの続編ですから同じ監督でも良かったのではないかと思ってしまいました。
ヒロインもボンドももうかつてのシリーズとは一線を画しているように見えます。
これはこれで好きですけれど。

で、「トスカ」ですが、私も「動物のお医者さん」を思い出してしまいます。
今でもマンガのあのシーンを思い出すと笑えてきまーす。
ミチ | 2009.01.29(木) 19:54 | URL | コメント編集

●Re: ミチさん

こんにちは。

> せっかくの続編ですから同じ監督でも良かったのではないかと思ってしまいました。
> ヒロインもボンドももうかつてのシリーズとは一線を画しているように見えます。
> これはこれで好きですけれど。

セクシー路線は控えめになりましたね。
マンネリから脱却して良かったように思います。
ガジェット系も好きなんですけどね。

> で、「トスカ」ですが、私も「動物のお医者さん」を思い出してしまいます。
> 今でもマンガのあのシーンを思い出すと笑えてきまーす。

騎兵隊が、トスカを追って退場するシーンに笑いましたw
Prism | 2009.01.29(木) 21:27 | URL | コメント編集

●こんばんは♪

>せっかくの続編ですから同じ監督でも良かったのではないかと思ってしまいました。
あ~、確かに。でも、そんな事思うと...

> 慰めて欲しいのは、心情表現の少ない脚本でがんばった、マーク・フォスター監督?
ですよね~。ダニエルも凄く怪我したみたいですしね~。
私、やや辛口レビューだったんで...ダニエル、ごめんね...。よく頑張ったねv-218

佐々木倫子のマンガ『動物のお医者さん』のハムテルの親って、たま~に出て来てたんで『トスカ』?覚えてない...わぁ~ん、私、結局、何もかも忘れてる人間なんだわ...。
あん | 2009.01.29(木) 22:28 | URL | コメント編集

こんばんは~♪
前作の続編だとは想像もしていなかったので最初は少し戸惑いました。
前作の回想シーンなどがあった方が分かりやすかったですよね~
アクション、アクションの連続で、ハードなボンドにクギ付けになりましたが、ちょっとジェイソン・ボーンを思い出させましたよね?
せっかくの007なのだから、次回作は007らしいスパイグッズなども見たいです。
由香 | 2009.01.29(木) 23:15 | URL | コメント編集

●Re: あんさん

こんにちは♪

> > 慰めて欲しいのは、心情表現の少ない脚本でがんばった、マーク・フォスター監督?
> ですよね~。ダニエルも凄く怪我したみたいですしね~。
> 私、やや辛口レビューだったんで...ダニエル、ごめんね...。よく頑張ったねv-218

あはは。
あんさんに慰めてもらえて本望でしょうv-10

> 佐々木倫子のマンガ『動物のお医者さん』のハムテルの親って、たま~に出て来てたんで『トスカ』?覚えてない...わぁ~ん、私、結局、何もかも忘れてる人間なんだわ...。

読んだ時に、トスカのエピソードは爆笑してしまったので、結構覚えていただけです。
普通は、忘れてしまうと思いますよ。
かなり昔の作品ですからね。
Prism | 2009.01.30(金) 13:29 | URL | コメント編集

●Re: 由香さん

こんにちは♪

> 前作の続編だとは想像もしていなかったので最初は少し戸惑いました。
自分の場合、たまたま事前情報として知っていたので良かったのですが、
結構、戸惑った人も多かったみたいですね。

> 前作の回想シーンなどがあった方が分かりやすかったですよね~
そう思います。
監督が変わると、前作の映像とか使い難いですからね。

> アクション、アクションの連続で、ハードなボンドにクギ付けになりましたが、ちょっとジェイソン・ボーンを思い出させましたよね?
今のアクション映画の流れなのかもしれませんね。

> せっかくの007なのだから、次回作は007らしいスパイグッズなども見たいです。
ガジェット系を望む人は多いですね。
子供の頃から、スパイグッズに憧れていた者としても、やはり見てみたいですw
Prism | 2009.01.30(金) 13:34 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

007/慰めの報酬

やっぱり気になる007シリーズ(笑)。 DVDで鑑賞。 愛するヴェスパーを失ったジェームズ・ボンドは、 彼女を操っていたミスター・ホワイトを尋問し、 背後にある組織の存在を知る。 捜査のためにハイチへとんだボンドは、 知り合ったカミーユを通じて、 組織の幹...
2010/03/25(木) 17:30:05 | 映画、言いたい放題!

007 慰めの報酬

傷ついた心が、共鳴する。
2009/07/19(日) 09:57:48 | Addict allcinema 映画レビュー

『007 慰めの報酬』'08・英

あらすじ愛した女・ヴェスパーを失ったジェームズ・ボンドはヴェスパーを操っていたミスター・ホワイトを尋問し背後にいる組織の存在を知る。早速捜査のためにハイチへと跳び、知り合った美女カミーユを通じて、組織の幹部であるグリーンに接近。環境関連会社のCEOを務...
2009/06/06(土) 12:19:07 | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ

映画「007/慰めの報酬」

原題:Quantum of Solace ダブルオーセブンを劇場鑑賞したのは生涯2度目だけど、随分様変わりしたよね、前作カジノ・ロワイヤルの続編、慰めの報酬とは裏切り者を処刑すること!? 最愛の女性ヴェスパーをうしない悲しみにくれて復讐心を秘めるジェームズ・ボン
2009/02/16(月) 00:20:40 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~

007 慰めの報酬 を観ました。

007好きの私ですが…このダニエル・クレイグはどうかしら?
2009/02/14(土) 23:33:52 | My Favorite Things

★「007/慰めの報酬」

今週の平日休みは、話題作の2本を「TOHOシネマズ・ららぽーと横浜」で。 その1本目。
2009/02/07(土) 03:02:49 | ★☆ひらりん的映画ブログ☆★

[映画『007/慰めの報酬』を観た^^v(今年の傑作!) ]

☆今週末は面白そうな作品がたくさん公開されるので、昨日は、仕事の後に、零時近くまでのレイトショーで、先週公開の見逃し大作である『チェ 28歳の革命』を観て、今夜も仕事の後で、先行上映『007/慰めの報酬』を観ることと相成った。  寝不足で、私の顔は、復讐に
2009/02/04(水) 20:20:11 | 『甘噛み^^ 天才バカ板!』

映画『007/慰めの報酬』(お薦め度★★★★★)

監督、マーク=フォースター。脚本、ニール=パーヴィス、ロバート=ウェイド、ポール
2009/02/04(水) 19:14:53 | erabu

「007/慰めの報酬」試写会観てきました♪

☆「007/慰めの報酬」 監督:マーク・フォースター 出演:ダニエル・クレイグ、オルガ・キュリレンコ、マチュー・アマルリック、ジュディ・デンチ、ジェフリー・ライト、ジェマ・アータートン、イェスパー・クリステンセン、デヴィッド・ハーバー、アナトール・トーブ...
2009/02/04(水) 16:44:13 | りんたろうの☆きときと日記☆

【007/慰めの報酬】

【QUANTUM OF SOLACE 】【監督】 マーク・フォースター       【原作】 イアン・フレミング    【脚本】 ニール・パーヴィス/ ロバー...
2009/02/01(日) 20:03:34 | +++ Candy Cinema +++

007/慰めの報酬

復讐か、使命か。悲しみと暴走のジェームズ・ボンド。 (先行上映)
2009/01/30(金) 23:49:22 | 悠雅的生活

007 / 慰めの報酬・・・・・評価額1500円

「007/慰めの報酬」は、シリーズ史上初の続き物。 前作「カジノ・ロワイヤル」のラストシーンから、そのまま話が続いており、脚本チームも当...
2009/01/30(金) 21:38:40 | ノラネコの呑んで観るシネマ

007/慰めの報酬

『007/慰めの報酬』 ---QUANTUM OF SOLACE--- 2008年(イギリス/アメリカ) 監督:マーク・フォースター 出演:演: ダニエル・クレイグ、オルガ・キュリレンコ 、マチュー・アマルリック 、ジュディ・デンチ 何者かの陰謀によって愛するヴェスパーを亡くし、復...
2009/01/29(木) 23:06:26 | こんな映画見ました~

007/慰めの報酬

俺は硬派だっ!文句あっか! ↑てか、かな~り弱そうなヘタレ007に描いてしまいました。弱点は、年上の女か?! スキャンする時に、しげ...
2009/01/29(木) 22:31:18 | 描きたいアレコレ・やや甘口

007/慰めの報酬-★★★-

英題: QUANTUM OF SOLACE 製作年: 2008年 製作国: イギリス/アメリカ 日本公開: 2009年1月24日 (丸の内ルーブル ほか) 上映時間: 1時間46分 配給: ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 公式サイト スタッフ: 監督: マーク・フォースター 原作: ...
2009/01/29(木) 20:44:15 | not simple.

007/慰めの報酬

ダニエル・クレイグの新生ジェームス・ボンド氏はアクションの切れも良いし、若々しいです。そんな金髪のボンドの活躍ぶりが見たくて、早速行きました。身も心も傷つくことのある生身の男を感じさせるセクシーなボンド!お勧めですよ。
2009/01/29(木) 20:41:35 | ももママの心のblog

007 慰めの報酬 /QUANTUM OF SOLACE

シリーズ22作目、ダニエルボンドの待望の2作目{/ee_3/} 前作の「カジノ・ロワイヤル」からもう2年以上経ってるのね~{/ase/}  そんなに前だったか。 土日で先行上映決定! シネトレさんに試写頂き行ってまいりました 「カジノロワイヤル」の方もお正月に観直して
2009/01/29(木) 20:05:10 | 我想一個人映画美的女人blog

007 慰めの報酬(評価:◎)

【監督】マーク・フォースター 【出演】ダニエル・クレイグ/オルガ・キュリレンコ/マチュー・アマルリック/ジャンカルロ・ジャンニーニ/ジェ...
2009/01/29(木) 19:41:11 | シネマをぶった斬りっ!!

映画「007/ 慰めの報酬」の感想です。

007の主演がダニエル・クレイグになって初めて「007」を映画館で観ました。{/wakaba/} それまでは「007」シリーズは敬遠していてTVでもしっかり観ていなかったのですが、 ダニエル・クレイグのボンドは一味違っていて面白かったです。 私の好きな映画「ボーン
2009/01/29(木) 11:37:10 | MOVIE レビュー

「007/慰めの報酬」メチャクチャもの凄い!!

[007/慰めの報酬] ブログ村キーワード 記事投稿日時 2008年11月12日16:22 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。  ダニエル・クレイグ主演、007シリーズ最新第22弾。「007/慰めの報酬」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。前作
2009/01/29(木) 11:08:05 | シネマ親父の“日々是妄言”

007/慰めの報酬

復讐の味はビター。  
2009/01/29(木) 10:27:51 | Akira\'s VOICE

007 慰めの報酬

 『傷ついた心が、共鳴する。』  コチラの「007 慰めの報酬」は、1/24公開となった「007」シリーズ第22作となるスパイ・アクションなのですが、観て来ちゃいましたぁ~♪「007 カジノ・ロワイヤル」をおさらいしといた方がいいらしいとは聞いていたのですが、みんなお
2009/01/29(木) 06:36:44 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡

007/慰めの報酬

『007/慰めの報酬』観てきました。 いつも行くバーで、ボンドカクテル作ってもらいました。有名なのは、ヴェスパー・マティーニですが、ボンドはさまざまなマティーニを注文しているので、これもボンドマティーニなんだそうです。 これを飲んで、わた...
2009/01/29(木) 03:05:34 | へでいくっ!

★007/慰めの報酬(2008)★

QUANTUMOFSOLACE傷ついた心が、共鳴する。上映時間106分製作国イギリス/アメリカ公開情報劇場公開(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)初公開年月2009/01/24ジャンルアクション/サスペンス【解説】前作「カジノ・ロワイヤル」に引き続きダニエル・クレイグがジェー...
2009/01/29(木) 02:30:48 | CinemaCollection

007慰めの報酬★QUANTUM OF SOLACE 7

 続編だとは知りませんでした! 1月25日、MOVX京都にて鑑賞。ダイニエル・クレイグがジェームス・ボンド扮しての主演2作目「007慰めの報酬」がやっと公開されました。何と、前作のエンディング直後からの始まる物語で・・・・いきなり凄いカーチェイス場面がしば...
2009/01/29(木) 01:20:33 | 銅版画制作の日々
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。