11月≪ 2017年03月 ≫12月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.01/17(Sat)

孤独に抱えた影を描けていない●孤独の歌声

原作の面白さを撫ぜた凡作


『孤独の歌声』

WOWOW ドラマW 『孤独の歌声』

独り暮らしの女性たちが監禁された上に惨殺されるという事件が続発。
被害者の一人が通っていたコンビニで起こった強盗事件を担当した女性刑事・風希は、
防犯カメラに映った不審な男・松田が連続殺人事件の犯人ではないかと直感し、
単独で行方を追う。
そして、目の前で同僚が強盗に刺されたミュージシャン志望のコンビニ店員・潤平も、
失った内なる音楽を取り戻すべく同じ影を追い求める。
やがて、風希の隣人が行方不明になり…

朝山風希:内山理名
芳川潤平:福士誠治
松田隆史:山本太郎
木崎京子:小向美奈子
赤松秀樹:波岡一喜
芦田:布川敏和
毛塚:でんでん
金:塩田貞治
朝山昌枝:根岸季衣
河原崎警部補:田中健
コンビニ強盗犯の仲間:網飛鳥
朝山風希(少女時代):小松愛梨
富岡ゆりか:長谷川愛美

監督:花堂純次
脚本:李正姫

【More・・・】

尺が足りなかったというのが、最初の感想。

『孤独の歌声』は、、『包帯クラブ』や、『永遠の仔』を書いた、
直木賞作家である、天童荒太のデビュー作。

心情を主眼に置いた作家さんだけど、心情を掘り下げる事より、
エピソードを追う事がメインになってしまっているかな。

元々、連続ドラマ向けの作品だけど、尺が足りないなら、誰かのエピソードを削るか、
主人公だけを、腰を据えて掘り下げた方が良かった様な気がします。

連続ドラマだった、『永遠の仔』は凄く良かった。
毎週、欠かさず見てました。

EienNoKo01.jpg
『永遠の仔』

監督は、『永遠の仔』と同じ花堂純次だけど、満足度は低いです。
松田の食卓の描写は、感性が古いのか、脚本がマズイのか、
安っぽい上に、異常を表現しようとして滑稽になってしまっている。
普通に役者を使って、ラストに明かせば良かったのに・・・。

主役を演じた内山理名は、脇役なら十分の出来でしたが、
主役となるともう一歩、演技に深みが欲しい所ですね。

がんばっているんだけどなぁ・・・。
『深紅』でも、同じ事を思ったんだよな。

ShinKu01.jpg
『深紅』

『深紅』のレビューは、何て書いたんだろ?と過去ログを振り返ったら、
レビューは書かずにスルーしてましたw

『深紅』の時は、心情がわからずセリフ通りの演技をしているシーンがあって、
監督がこのシーンの心情を表現するヒントを伝えたら、
がんばって表現する様な気がするんだけど・・・。と思った記憶があります。
・・・どのシーンかは、全然思い出せませんがw

火曜サスペンス止まりの作品ですが、
原作の映像化に興味がある人にはオススメかな。

関連記事

テーマ : 俳優・女優 - ジャンル : 映画

02:17  |  『 カ 』 映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。