04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.01/08(Thu)

自分の能力を知る人を天才という●天才ファミリー・カンパニー

天才の平凡な苦悩は、凡人の天才的な苦悩と同じくらい興味深い。


『天才ファミリー・カンパニー』

著:二ノ宮知子
全6巻

【More・・・】

『のだめ カンタービレ』の、記事をアップした時に、
親しくさせて頂いているブロガーさんから紹介され、
年末に全6巻を借りて、一気に読んでみました。

作品の中で、バブル崩壊などを扱っているので、
1990年代あたりに書かれた作品だと思いますが、
『のだめ カンタービレ』の骨格となる設定やキャラクターもいて、
『のだめ カンタービレ』のルーツを知るという意味でも、
非常に楽しめました。 

既に完結している作品なので、先が知りたくて気を揉む事も無いので、
気になる人にはオススメです。

人という花を咲かせるのは人●のだめ カンタービレ

関連記事

テーマ : のだめカンタービレ - ジャンル : アニメ・コミック

02:17  |  マンガ  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

二ノ宮知子 『天才ファミリー・カンパニー』

   スーパーエリートを夢見る天才高校生・夏木勝幸と家族の織りなすパワフル・ヒューマン・コメディー。 (amazon.co.jpより)
2009/08/23(日) 23:23:13 | まん巻の書
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。