04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2008.12/24(Wed)

最後通告は興行失敗時まで撤回します●ボーン・アルティメイタム

世界最強のエージェント。
彼の「記憶」が、遂に蘇る! ――― (公式キャッチコピー)


『Bourne Ultimatum』

CIAの極秘プロジェクト「トレッドストーン計画」によって暗殺者にされ、
同時に記憶を失ったジェイソン・ボーン。
そんな彼の写真がイギリスの新聞の一面に掲載された。

記事を書いた記者のロスは「トレッドストーン計画」に代わる
「ブラックブライアー計画」の取材を進めていたのだ。

失った秘密の鍵を見つけるため秘密裏にロスへと接触を図るボーン。
だが、ロスはすでにCIAによってマークされていて……。

ボーン・アルティメイタム - goo 映画

監督
ポール・グリーングラス

原作
ロバート・ラドラム

出演
マット・デイモン
ジュリア・スタイルズ
ジョアン・アレン
デヴィッド・ストラザーン
パディ・コンシダイン
スコット・グレン


【More・・・】

あはは、中身ねぇ~w

『バンテージ・ポイント』の様な、凝ったシナリオも好きですが、
こういうバカっぽいアメリカ映画も、たまに見ると良いですね。
結構、好きです。

『バンテージ・ポイント』や、『ボーン・アルティメイタム』の様な、
潔い娯楽映画は、何も考えなくても観ているだけで楽しいですね。

シリーズ3作目で、回を重ねる毎に興行成績が良くなった珍しいシリーズらしいけど、
作品の内容としては、回を重ねる毎に、大味になったかな。

ただ、いつも予告編を観ていて疑問に思っていたシーンが、
ボーンが隣のベランダへ飛び移る姿を、後ろから撮影しているシーン。

ボーンが飛んだ後に、カメラマンも飛んでるのかCG合成か気になっていたけど、
本編を観ても解らなかった。

まぁ、リアルだと撮影が難しいだろうから、CG合成とは思うんだけれど、
パルクール(高層ビルの屋上をフリーランニングするスポーツ)をしている人に、
ハンディ・カメラを持たせたのかなぁ・・・。

アクションシーンは、臨場感を持たせる為に、全てハンディ・カメラ。
これから鑑賞される方は、画面酔いを起こさない様に気をつけてください。

関連記事

テーマ : アメリカ映画 - ジャンル : 映画

02:17  |  『 ハ 』 映画  |  TB(2)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

●日本インターネット映画大賞募集中

突然で申しわけありません。現在2008年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票は1/15(木)締切です。ふるってご参加いただくようよろしくお願いいたします。
なお、日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.movieawards.jp/です。

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

【映画】ボーン・アルティメイタム…多分3本まとめて観るべき?…と花見

今日は雨{/kaeru_rain/}なんだけど、昨日は良い天気{/kaeru_fine/}だったので小倉城に花見{/s1_spr_sakura/}に行ってきました。 花見といっても嫁さんと娘を連れて行って、お弁当{/silver/}食べただけなんですけどね。 残念ながらまだまだ桜{/s1_spr_sakura/}は開いていな...
2009/01/06(火) 22:47:49 | ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

ボーン・アルティメイタム

 『彼<ボーン>が「記憶」を取り戻すとき 最後通告<アルティメイタム>が下される。』  ●関連作品レビュー● ・シリーズ第1弾「ボーン・アイデンティティー」 ・シリーズ第2弾「ボーン・スプレマシー」  コチラの「ボーン・アルティメイタム」は、ロバート・ラ...
2008/12/23(火) 09:08:02 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。