11月≪ 2017年03月 ≫12月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2008.09/21(Sun)

テンポが悪くても大丈・・・夫?●サイボーグでも大丈夫

サイコなのにときめくの? ―――― (公式キャッチコピー)


『I am a Cyborg but That's ok!』

サイボーグでも大丈夫 - goo 映画

大好きな祖母が療養所に入れられて以来、どこかおかしくなったヨングン。
自分のことをサイボーグだと信じる彼女は、新世界精神クリニックに入院させられた。

そんなヨングンに、同じ年頃の青年イルスンが目を留める。
彼は人のものならモノでも特徴でもなんでも盗むことができた。

イルスンの特技を知ったヨングンは、ある日、彼に突拍子もないお願いをする。
「私の同情心を盗んでください」と――。

監督・脚本
パク・チャヌク、『オールド・ボーイ』、『親切なクムジャさん』、『JSA』

出演
チョン・ジフン
イム・スジョン
チェ・ヒジン
イ・ヨンニョ
ソン・ヨンスン

【More・・・】

もうすぐDVDになる、『僕の彼女はサイボーグ』は、

CyborgShe01.jpg
『僕の彼女はサイボーグ』

『サイボーグでも大丈夫』のリメイク版だと勘違いして、
「好きな監督だし、オリジナル版でも観てみるかな・・・」と、
間違いに気付かないまま、あまり深く考えないで借りました。

観終わった感想としては、ティム・バートンの、
『ビック・フィッシュ』をやろうとしたのかと思いました。

BigFish01.jpgBigFish02.jpg
『Big Fish』

描きたいことは、好きな相手の全てを受け入れるという事だろうと思うけど、
テンポが悪い上に、イルスンのバック・ボーンの描き方が薄いから、
感情移入もし辛い。

作品に対して、監督や出演者に興味があるなら止めないけど、
タイトルとパッケージだけに惹かれると、後悔するかもしれない映画かな。

一応、2007年ベルリン国際映画祭で、アルフレッド・バウアー賞を獲得したそうなので、
参考にしてみてください。


親切な復讐の先にあるモノ●親切なクムジャさん

関連記事

テーマ : 韓国映画 - ジャンル : 映画

02:17  |  『 サ 』 映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。