09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2008.09/09(Tue)

映画なんて、宣伝一つで変えられる●幸せの1ページ

人生なんて、
たった1行で変えられる。   (公式キャッチコピー)

NimsIsland02.jpg
『Nim's Island』

幸せの1ページ - goo 映画

アレクサンドラは、大人気の冒険小説家。なのに、対人恐怖症で引きこもり。
そんな彼女が書くヒーローは、空想で作った理想の男性像だった。

新しい小説のネタを探していると、孤島で暮らす海洋学者の記事が目にとまった。
彼に協力を求めるつもりでいたが、ある日、南の島の少女・ニムから、
物語のヒーロー宛にSOSのメールを受け取る。

ニムを救うため、アレクサンドラは初めて家の外へ出て、南太平洋へと旅立つが…。

監督・脚本
ジェニファー・フラケット&マーク・レヴィン

原作
ウェンディ・オルー

出演
ジョディ・フォスター
アビゲイル・ブレスリン
ジェラルド・バトラー

【More・・・】

『リトル・ミス・サンシャイン』で、オスカーにノミネートされたアビゲイル・ブレスリン。
『羊たちの沈黙』、『ブレイブ・ワン』のジョディ・フォスター。
『300スリー・ハンドレット』、『オペラ座の怪人』のジェラルド・バトラー。

このキャストでストーリーを読んだら、断然見たくなった映画でした。
鑑賞後、想像した作品とは違った上に、ツッコミ所は満載だったけど、
後味は良かったです。

大人目線でジョディ・フォスターを追うと、作品の評価は落ちるかも知れませんが、
元々は児童文学で、子供達が求める対人恐怖症の作家としては、
良かったように思います。
コミカルな演技をするジョディも新鮮でした。

アメリカでは、原題の『ニムの島』というタイトル通り、
子供向け映画のポスターになっているのに、

NimsIsland02.jpg
『アメリカ版ポスター』

日本では、女性の集客が望めそうな、
ジョディ・フォスターと、ジェラルド・バトラーW主演の、ロマンティック・コメディ風にポスターを作り、

NimsIsland01.jpg
『日本版ポスター』

タイトルも、最近のロマンティック・コメディ邦題の流れを汲んで、
『幸せの1ページ』と変えています。

ですから、「大人」が満足するロマンティック・コメディとしては物足りなくても、
「子供」が満足するアドベンチャー・コメディとしては良くできています。
これから観る人は、気をつけてください。

似た設定で、大人が満足しそうな映画としては、『主人公は僕だった』があります。

StrangerThanFiction01.jpg
『主人公は僕だった』

ロマンティック・コメディと言うよりは、ドラマに比重を置いた作品ですが、
なかなか良くできた作品です。

もし、ジェラルド・バトラーのファンになった方がいたら、
『ディア・フランキー』はオススメです。

DearFrankie01.jpg
『Dear Frankie』

『オペラ座の怪人』は、皆が薦めると思うので、あえて『ディア・フランキー』を推しますw

『幸せの1ページ』は、大人目線で楽しもうとすると失敗だと思うかもしれませんが、
子供と一緒に楽しむスタンスでいれば、そんなに悪くない作品です。

・・・というか、「子供映画」を「大人」に売る為に、
紛らわしい「大人映画」の宣伝をする配給会社には困ったものだなぁ~(苦笑)

詐欺宣伝をした配給会社は許しませんが、
作品の、『幸せの1ページ』は、子供目線で楽しめたのでヨシとしますw


『主人公は “2人” だった●主人公は僕だった』

監督の意図は、配給会社のPRに潰される●連理の枝

暴力という名の勇気は認められるか●ブレイブ ワン

スパルタ戦士の強さの源は女性●300 スリー・ハンドレット

関連記事

テーマ : 俳優・女優 - ジャンル : 映画

02:17  |  『 サ 』 映画  |  TB(16)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

●まさに・・・

こんばんは。
>映画なんて、宣伝一つで変えられる
流石、Prismさん、巧いですね!って喜んでいいのか・・・
こんな宣伝方法に、何の意味があるのかと思います。
騙されて観た方も気の毒だし、
騙されて観なかった、本来のターゲットも気の毒です。

「別に、たった一行で変わってないじゃん」って思い、
「たった一行で変えられるなら、アレでしょ」と思い出したのが
まさに『主人公は僕だった』でした。

さらに、Gerry出演作のPrismさんのオススメが
『Dearフランキー』だったので、何倍も嬉しくなりました。
わたしもGerry出演作の中では、やはりこれが一番好きです。
折りしも、今日、次の作品のジャパンプレミアのために
Gerryが来日したようです。
悠雅 | 2008.09.09(火) 22:41 | URL | コメント編集

●>コメント返信

>悠雅 さん
ホントにサギ宣伝に意味があるのか疑問ですよね。
自分が恥ずかしくならないかと思うけど、
良心があったら、紛らわしい宣伝なんてしてないだろうから、
なんとも思ってないんでしょうねぇ・・・(呆れ)

知り合いの男女共に、Gerry出演作として、
『オペラ座』を推す人ばかりなので、
悠雅さんのコメントにホッとしました。

マントをひるがえす、視覚的なカッコ良さも良いですが、
相手を包み込む、人柄の温かさがにじみ出ている役の方が、
個人的には、Gerryの魅力が出ている様な気がします。
Prism | 2008.09.10(水) 01:58 | URL | コメント編集

●こんにちは♪

ポスターと宣伝文句を鵜呑みにしてしまったひとりです。
本編が始まってもなかなか自分の気持ちの転換ができませんでした(泣)

ジェラルドの代表作は「オペラ座~」でしょうが、私も「ディア・フランキー」が大好きです♪♪
ミチ | 2008.09.10(水) 09:15 | URL | コメント編集

●>コメント返信

>ミチさん
TBを打った際に、読ませて頂いた人の殆どが騙されていました。
映画業界の悪い慣習ですね。

『ディア・フランキー』は、観れば良さが分かるんですけど、
どうやら食わず嫌いな人が多いみたいです。
Prism | 2008.09.11(木) 00:19 | URL | コメント編集

●Re: 映画なんて、宣伝一つで変えられる●幸せの1ページ

はじめまして。私もだまされた口のひとりです。
日本で公開するにあたっての苦肉の策だったのでしょうか?それとも確信犯?
いずれにしても私今回、アビゲイル・ブレスリン を知ったことが大収穫です。
これに尽きます!


mhattori。 | 2008.09.15(月) 11:57 | URL | コメント編集

●>コメント返信

>mhattori。さん
ファミリー映画より売れるから、分かっていて騙したんだと思います。
配給会社は、角川ピクチャーみたいです。
今後は要注意!w

確かに、アビゲイルちゃんは魅力的でしたね。
今後の、役者としての成長が楽しみな人ですね
Prism | 2008.09.15(月) 15:37 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

【映画】幸せの1ページ…の記事&そういえば先々週、鳥栖に行きました

{/kaeru_fine/} ひとつ前の記事で予告したとおり、本日2つめの記事です{/face_nika/} まずは、ここで溜まりに溜まった{/ase/}近況報告(の一つね) 先々週2009年5月10日(日曜日)、またまた「鳥栖プレミアム・アウトレット」に行ってきました。私は既に季節を過ぎた{/...
2009/05/30(土) 21:53:57 | ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

幸せの1ページ★★★★劇場72本目:期間限定なら行ってみたい...

ひきこもりな冒険小説作家、アレックス・ローバーの冒険物語であり、火山の島に住むニムの「ホーム・アローン」的おうちを守る物語に、家族と疑似恋愛がスパイスのハートウォーミング・コメディな映画を昨晩観ました。解説とあらすじはいつものYahoo!からのコピペで。その...
2008/09/20(土) 01:47:44 | kaoritalyたる所以

『幸せの1ページ』

□作品オフィシャルサイト 「幸せの1ページ」□監督・脚本 ジェニファー・フラケット、マーク・レヴィン □原作 ウェンディ・オアー □脚本 ジョセフ・クォン□キャスト ジョディ・フォスター、アビゲイル・ブレスリン、ジェラルド・バトラー、マイケル・カーマン、...
2008/09/19(金) 12:30:21 | 京の昼寝~♪

幸せの1ページ-(映画:2008年52本目)-

監督:マーク・レヴィン 出演:ジョディ・フォスター、ジェラルド・バトラー、アビゲイル・ブレスリン 評価:75点 そこそこ面白い児童向けコメディファンタジー。 リトル・ミス・サンシャインのあの女の子(アビゲイル)がこんなに大きくなったのかと感慨深くなっ...
2008/09/18(木) 00:48:46 | デコ親父はいつも減量中

「幸せの1ページ」観ちゃいました

心はロリコン状態です!癒されました!ニム役のアビゲイル・ブレスリン!萌え~、です!これに尽きます!ジョディ・フォスター完敗です!南太平洋の孤島ってのもたまらんです!出てきた動物って、CG?ワーナーマイカルシネマ作品案内より【ストーリー】観ると元気になる...
2008/09/15(月) 11:57:42 | mhattori。の日記?

「幸せの1ページ」 冒険とは何か?

人気冒険小説「アレックス・ローバー」の作者アレクサンドラ・ローバー(ジョディ・フ
2008/09/15(月) 05:34:27 | はらやんの映画徒然草

『幸せの1ページ / Nim's Island』 想像力をかき立てる、幸せファンタジー

『幸せの1ページ / Nim\'s Island』 監督: ジェニファー・フラケット、マーク・レビン 脚本: ジェニファー・フラケット、マーク・レビン、ポーラ・マズール 原作: ウェンディー・オルー 『Nim\'s Island』 出演: アビゲイル・ブレスリン、ジョディ・フォスター...
2008/09/13(土) 10:50:18 | ketchup 36oz. on the table ~新作映画レビュー

[映画『幸せの1ページ』を観た]

☆気軽に楽しめる作品だと思っていたら、それ以上に痛快だった。 「痛快」と言うよりは、爽快かな? 南の海の広さが、物語の冒頭で、架空の物語の「アラビアの冒険」から連想された『アラビアのロレンス』の雄大な砂漠を連想させて、とても深みが感じられた。 それは、...
2008/09/12(金) 23:00:42 | 『甘噛み^^ 天才バカ板!』

「幸せの1ページ」あの人の、新たな一面が…。

 常に悪と闘う正義の味方的女優の代表、ジョディ・フォスター。そんな彼女史上初のコミカルな演技が見られる本作。「幸せの1ページ」(角川映画)。この秋、気軽に楽しめるファミリー・ムービー…って、こんなジャンルの映画に、あのジョディが??って、感じですわ。 ...
2008/09/12(金) 12:08:15 | シネマ親父の“日々是妄言”

「幸せの1ページ」スーツケースを持って自分を変える

「幸せの1ページ」★★★ ジョディ・フォスター主演 ジェニファー・フラケット、 マーク・レヴィン 監督、2008年、アメリカ、96分 南太平洋の孤島で暮らす科学者の父と娘、 カモメやアザラシと楽しく暮らしていたが、 悪天候で父親は遭難したらしく、 さら...
2008/09/11(木) 20:18:01 | soramove

幸せの1ページ

ニムの島へようこそ♪? ?
2008/09/09(火) 22:14:14 | 悠雅的生活

映画「幸せの1ページ」の感想です。

「幸せの1ページ」を観ました。この映画は日本語のタイトルで公開されているんですけど、 英題の「 NIM\'S ISLAND 」の方がさすがにピッタリくるタイトルですね! このままのタイトルで良かったのに!女性客層をターゲットにしたような 安易な日本語タイトルは映画のイメ...
2008/09/09(火) 16:53:59 | MOVIE レビュー

幸せの1ページ

(原題:NIM\'S ISLAND) 【2008年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★☆) ウェンディ・オルー原作の児童文学を映像化したファミリー向けアドベンチャー映画。 海洋生物学者のジャック(ジェラルド・バトラー)と11歳になる娘のニム(アビゲイル・ブレスリン)は、休火山...
2008/09/09(火) 13:39:29 | ともやの映画大好きっ!

幸せの1ページ

Nim\'s Island(2008/アメリカ)【試写会】 監督・脚本: ジェニファー・フラケット/マーク・レヴィン 出演:ジョディ・フォスター/アビゲイル・ブレスリン/ジェラルド・バトラー/マイケル・カーマン/マーク・ブラディ 上映時間:96分 劇場公開:9/6 人生なんて...
2008/09/09(火) 12:23:53 | 小部屋日記

幸せの1ページ/Nim\' s Island

いつも強そうで怖いものなんか全くナシ!ってキャラを演じて来たジョディ、新境地開拓?! ジョディ・フォスターが、ハートフルファンタジー{/eq_1/} 今回演じるのはベストセラー冒険作家で、超!が付くほど潔癖症で引きこもりの作家、アレクサンドラ・ローバー。 父親...
2008/09/09(火) 11:08:51 | 我想一個人映画美的女人blog

幸せの1ページ

 『人生なんて、 たった1行で変えられる。 引きこもりの冒険作家に、 ドアを開けさせたのは、 南の島の少女からの SOSメールだった!』  コチラの「幸せの1ページ」は、オーストラリアの人気作家、ウェンディ・オルーのベストセラー小説「秘密の島のニム」をジョ
2008/09/09(火) 06:31:09 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。