03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2008.08/13(Wed)

殻を打ち破ると決めた時、もう殻は破られている●スカイ・クロラ

どこか、日本とよく似た国に
大人にならない子供達がいる
そして、彼らは僕たちに良く似ている ――― (公式キャッチコピー)


『スカイ・クロラ』

スカイ・クロラ The Sky Crawlers - goo 映画

ショーとしての戦争が行われる、仮初めの平和の時代。
永遠に年をとらない「キルドレ」のユーイチは、新たに兎離州基地に配属となった。

過去の記憶のない彼だが、初めて乗る機体も身体に馴染み、エースの座に着く。
基地司令のスイトはそんなユーイチを複雑な眼差しで見つめていた。

そんなある日同僚のパイロット、ユダガワが撃墜され死亡してしまう。
墜とした相手は、「ティーチャー」となのる敵のエースパイロットだった……。

監督
押井守

原作
森博嗣

脚本
伊藤ちひろ

声の出演
菊地凛子
加瀬亮
谷原章介
竹中直人
榊原良子
栗山千明

【More・・・】

『攻殻機動隊』 『イノセンス』 『パトレイバー』 『人狼』 『立喰師列伝』など観ています。
久しぶりの押井守作品。
なかなか良かったなぁ。

声質は、加瀬亮のユーイチは合っていたけど、その他はどうなんだろう?

特に、谷原章介の腹式呼吸の発声方法だと、演技力とは関係なく、
声の高音部よりも低音部が響いてしまい、どうしても年齢を感じてしまいます。

菊池凛子が墜落現場で声を荒げるシーンも、
大人の女性の声になってしまっていた様な気がします。

上手い下手とは別に、多くの出演者の声質から、子供とは言いがたい印象を受けたのは、
物語としてはマイナスに働いていた様な気も・・・。
合っていたという加瀬も、「他の出演者に比べて」という言葉が付く感じです。

多分、世界配給が決まっている段階から、
菊池凛子のキャスティングが最初に決まったのかもしれませんね。
次は、『キル・ビル』のGOGO夕張役で、海外へのアピールが見込める栗山千明。

日本の女性観客向けに、谷原章介。
谷原章介の声はユーイチに向かない事と、
菊地凛子 谷原章介 栗山千明 の3人の声質と、
バランスを取れる声質の加瀬亮が、主人公という感じなのかな・・・。

日本限定公開だとしたら、子供っぽい声を出せる声優さんで観たかったけど、
日本も海外も、有名人が声優をやっている事によって、映画に興味を持つ人も多いし、
仕方ない事なのかもしれないですね。

物語は、平和を維持する為に、ショーとしての戦争が行なわれる世界という舞台設定ですが、
惰性すら自覚しない日常を繰り返す登場人物たちを、際立たせる為の舞台設定であって、
世界平和に主眼に置いた作品ではないような気がします。

描きたかったのは、「キルドレ = 今の若者」へのメッセージ。

「3Dのリアルで迫力ある空中戦 = 生きている現実」と、
「2Dの平面で動きの少ない地上 = 生きている事を感じられない日常」の対比も効いている。

映画のラスト、「キルドレ = 今の若者」であるユーイチが、
撃墜不能といわれる「ティーチャー」に向かっていく姿と、
戦った結果について色々考えさせられます。

ユーイチにとっては、「ティーチャー」に立ち向かうと決めた時点で、
既に自分の運命を乗り越えていて、
結果はオマケみたいなモノの様な気がしました。

個人的には、ハッピーエンドの軽さが合わない作品だと思うし、
スタッフロール後の映像も含めて、好きなラストでしたね。

『スカイ・クロラ』で押井作品に興味を持った人は、『人狼 -JINRO-』もオススメです。


チエコが刑事に渡した手紙の内容●バベル

関連記事

テーマ : スカイ・クロラ -The Sky Crawlers- - ジャンル : 映画

02:17  |  『 サ 』 映画  |  TB(12)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

●こんにちは

いつもご訪問ありがとうございます!

声優ではなく知名度の高い俳優が声をあてる最近のアニメ作品に疑問を感じていましたが、なるほどそこには海外配給を見据えた戦略的要素もあったのですね。
たしかに「バベル」の菊池と「キル・ビル」の栗山は、むしろ海外での知名度のほうが上かもしれません。

それでも本職の声優を使うのが押井監督だと思っていたんですけどねぇ・・・。
SOAR | 2008.08.14(木) 15:55 | URL | コメント編集

●>コメント返信

丁寧なコメントを、いつもありがとうございます。

世界の押井であっても、やはり興行成績が悪いと、
次回の制作に響いてきますので、配給は気になると思いますよ。

・・・というか、DVDにする際や、
劇場公開された新作カットを追加して、
再公開された『攻甲殻機動隊』などの前例にならって、
追加補足ヴァージョンが制作されるかもしれないですね・・・w
Prism | 2008.08.17(日) 02:26 | URL | コメント編集

●こんにちは♪

お返事が遅れてしまい申し訳ありません。

初めての押井作品でした。
舞台設定も2Dと3Dの絵の対比もとても気に入りました。
何も変わっていかないような、それでいて希望が無きにしも非ずのようなラストも気に入っています。
ミチ | 2008.08.19(火) 23:03 | URL | コメント編集

●>コメント返信

>ミチさん
押井作品としては、“比較的” 初心者にも受け入れられ易いかもしれませんが、
やはり、観る人を選ぶ監督だなぁ~という印象です。
ですから、他の人が退屈だと酷評したとしても、仕方ないと思います。

ミチさんの、次に観る押井作品が何になるかは分かりませんが、
良い作品に当たるといいなと思います(^^)
Prism | 2008.08.20(水) 19:04 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

『スカイ・クロラ TheSkyCrawlers』'08・日

あらすじ永遠に年をとらない「キルドレ」のユーイチは新たに兎離州基地に配属となった。過去の記憶のない彼だが、初めて乗る機体も身体に馴染み、エースの座に着く。基地司令のスイトはそんなユーイチを複雑な眼差しで見つめていた・・・。感想『マトリックス』に影響を与...
2009/09/22(火) 00:27:33 | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ

【映画】スカイ・クロラ The Sky Crawlers…の記事&新型インフルエンザとか

{/hiyoko_cloud/}{/kaeru_fine/} まぁ色々あったこの数週間もちょびっと落ち着いて{/face_yoka/}普通の週末を迎えているピロEKです{/face_yoka/} まずは、ここんところブログに書き損ねていた近況(?)報告、思い出しながらダラダラと綴ってみます{/ase/} 少し前(2
2009/06/03(水) 11:34:35 | ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

キミは生きろ!何かを変えられるまで。~「スカイ・クロラ」~

マッチ棒を折る、新聞をキチンとたたむ。 そんな何でもないことに彼らは気がつく。 ああ、誰かが死んだと。 そして「永遠に生き続ける」宿命からは 逃れられないのだと。 クサナギのいた部屋においてあった でかいでかいオルゴール。 なにやら彼らの宿命にも似て 物悲し...
2008/09/24(水) 01:50:48 | ペパーミントの魔術師

スカイ・クロラ(The Sky Crawlers) ─ 左脳に訴えかける命題を残す作品 ─

─ 左脳に訴えかける命題を残す作品 ─ 海外でも評価の高いアニメ監督・押井守とミステリー作家・森博嗣という、どちらも難解な作品を作る奇才として知られる異色コンビが放つこの作品『スカイ・クロラ(The Sky Crawlers)』(2008年/日本:アニメ)。 二人がタッ...
2008/09/23(火) 10:21:06 | Prototypeシネマレビュー

スカイ・クロラ

脚本ゼミの友人で作っている映画を観る会。 最近はなかなか良いペースで開催されている。 本当は「崖の上のポニョ 」を観る予定だったのですが、 私が先に観てしまい、 アニメつながりということでこの作品になりました。( ^ _ ^; 永遠に生きることを宿命づ
2008/08/29(金) 00:23:44 | 映画、言いたい放題!

スカイ・クロラ The Sky Crawlers

監督が「若者に伝えたいことがある」なんて言わなければ評価できたと思う。
2008/08/28(木) 03:07:59 | ネタバレ映画館

「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」「青空ポンチ」映画館レビュー 遠い

「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」「青空ポンチ」
2008/08/25(月) 21:44:52 | 長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ

スカイ・クロラ The Sky Crawlers

戦争がショーとなった世界。戦場に駆り出されるのは、「キルドレ」と呼ばれる歳をとらない少年少女だった。日本人部隊の基地に新たに配属となったキルドレの函南優一は、基地指令の草薙水素と出会う。彼女もまたキルドレの一人だった。戦争という日常の中で、二人の関係は...
2008/08/18(月) 06:34:01 | 5125年映画の旅

映画『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』

梅田ブルク7にて森博嗣原作・押井守監督の『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』。森作品の映像化って、初めてじゃないですかね?好きなシリーズなので、映画化が決まってから楽しみにしていたのですが、予告編で菊地凛子さん、加瀬亮さんのセリフまわしを観たときは不安に...
2008/08/14(木) 23:26:46 | 健康への長い道

スカイ・クロラ

僕は、大人にならないんだ
2008/08/14(木) 21:21:54 | 悠雅的生活

「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」レビュー

「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *キャラクター(声優):草薙水素(菊地凛子)、函南優一(加瀬亮)、土岐野尚文(谷原章介)、三ツ矢碧(栗山千明)、他 *監督:押井守 感想・評価・批評 等、レビューを含む
2008/08/14(木) 04:34:01 | 映画レビュー トラックバックセンター

スカイ・クロラ

茨の空で生きる。  
2008/08/13(水) 16:52:56 | Akira\'s VOICE
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。