07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2006.06/03(Sat)

オロチ伝説の、語られぬ続き●大神(おおかみ)

ゲームをやり遂げた者だけが、本当の感動を味わえる、秀逸なクライマックス。

Ookami.jpg

制作は、クローバースタジオ株式会社。
2004年の7月に設立した、超大手ゲーム会社「カプコン」の、ゲーム制作子会社です。
『大神』は、「クローバー」制作第1弾の、プレイステーション2のゲームです。

【More・・・】

主人公は、アマテラス、オオミカミである大神(おおかみ)と、旅絵師イッスン。
下の画像で、オオカミの鼻先にいるのがイッスン。

ookami02.jpgOokami04.jpg


作品は、ヤマタノオロチをベースに、竹取物語、スズメの嫁入り、桃太郎、花咲爺さん、
舌切り雀などの昔話を織り交ぜた物です。

私が感動したラストは、言葉で説明すると安っぽく聞こえてしまうのですが、
イッスンと大神の、旅の間のやり取り全てを聞いた上でラストを迎えると、
思わず目頭が熱くなります。

映画には『ローマの休日』など、名画として語り継がれる作品がありますが、
ゲームにも『ドラゴンクエスト1・2・3』など、名作ゲームがあります。
大神(おおかみ)には、名作ゲームとして語り継がれる要素が、たくさん詰まっています。

アクションゲームですので、苦手な人もいると思いますが、
やり遂げた後の感動は感涙モノです。

感情移入し易くする為に、主人公であるオオカミにはしゃべらせないで、
状況説明や登場人物との会話をイッスンを受け持っていた事も、
ラストが栄える一要素だったと思います。

映画化してた場合、イッスンとのやり取りが端折られるから、
イマイチ感動はしないかもしれません。
小説なら感動するかもしれませんが、感動するような文章化する事は、
非常に難しいと思います。

Ookami03.jpg
『ネイチャーアドベンチャー●大神』←公式サイトのアドレスです。
興味が沸いた方は覗いてみてください。
関連記事

テーマ : 「大神」 - ジャンル : ゲーム

08:53  |  ゲーム  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。