01月≪ 2017年02月 ≫03月

12345678910111213141516171819202122232425262728
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2008.09/06(Sat)

部外者の評は“犠牲”でも、当事者には“信念”という名の仕事●サクリファイス

ただ、あの人を勝たせるために走る。
それが、僕のすべてだ。    ―――  (公式キャッチコピー)


『Sacrifice』

勝つことを義務づけられた〈エース〉と、それをサポートする〈アシスト〉が、
冷酷に分担された世界、自転車ロードレース。

初めて抜擢された海外遠征で、僕は思いも寄らない悲劇に遭遇する。
それは、単なる事故のはずだった――。

二転三転する〈真相〉、リフレインの度に重きを増すテーマ、押し寄せる感動!
青春ミステリの逸品。

著:近藤 史恵


【More・・・】

自転車ロードレースを扱っている作品で、気になっていたので読んで見ました。
読み進めると先の展開が気になり、クライマックスでは胸が震えました。

主人公の白石は、陸上の世界に行き詰まりを感じ、自転車ロードレースに転向した男。
エースを勝たせるという集団の為に、個人を捨てサポートをしますが、
白石が海外チームから、思わぬ注目をされた事によって、周囲の様子が変わります。

捨てていた「個」を意識した時、「自分以外のエースは認めない」と噂されている、
無口なエース石塚が気になります。

石塚には、3年前に同じチームの有望な若手レーサーを、再起不能へ追いやった過去があり、
実は故意に若手レーサーを潰したんじゃないか?という噂があります。

自分がエースになりたい同期レーサー、再起不能になった元レーサー、陸上部時代の昔の彼女。
全てを乗り越え、成長する主人公の姿に胸が熱くなります。

そして、無口なエース石塚が、白石に対してどう思っていたのか、
実は、白石の口を借りて記されていたんだと気付いた時に、全身が粟立ちました。

青春小説の名に恥じない、名作だと思います。
気になる人には、かなりオススメです。

・・・『シャカリキ!』かぁ。
気になるなぁ~(^^;)


他人を愛する事で自分の存在を実感する●容疑者Xの献身

関連記事

テーマ : 最近読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

02:17  |   |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

●こんにちは♪

ぐいぐいと一気に読ませる作品でしたね。
あまり馴染みのない競技ですけど、エースとかアシストとかいう役割を分かって観戦すると面白そう。
映画「シャカリキ!」はパスしてしまったんですけど、この本を読んだ後は俄然興味がわいてきました。
ミチ | 2008.12.10(水) 23:59 | URL | コメント編集

●コメント返信

>ミチさん

馴染みがなくても、解り易く書かれていて読み易かったですね。
「シャカリキ!」も、機会があったら観てみるつもりです。
Prism | 2008.12.11(木) 08:46 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。