03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2008.02/09(Sat)

己の信念を愛した2人の男●アメリカン・ギャングスター

“自分”を捨て、“家族”を愛したギャングスター。
“家族”を捨て、“自分”を愛したポリススター。


『American Gangster』

アメリカン・ギャングスター - goo 映画

1968年、フランク・ルーカスは長年仕えたハーレムの黒人ギャングのボスの死後、独自の麻薬ビジネスを展開する。やがて大物マフィアをも出し抜く成功を手にするが、目立たないことを信条にする彼の素顔はベールに包まれたままだった。一方、汚職がはびこる警察組織の中で正義を貫こうとする刑事リッチー・ロバーツは新設された麻薬捜査チームのリーダーに任命され、ドラッグ市場を牛耳る謎の人物に迫って行くのだった。

監督
リドリー・スコット

出演
デンゼル・ワシントン
ラッセル・クロウ
キウェテル・イジョフォー
キューバ・グッディングJr
ジョシュ・ブローリン

【More・・・】

2時間37分という時間を、あまり感じさせずに、面白く見られた作品でした。

劇中、麻薬ビジネス王のフランクが、妻からプレゼントされたコートを、
自らの手で燃やすシーンがあります。

マフィアを出し抜き、麻薬ビジネスの頂点に居ても、
目立たない事を身上とするフランクですが、
妻からプレゼントされた5万ドルのコートに心が揺れます。

心が揺れた理由は、自分では絶対に買わない、
派手な5万ドルのコートに心が揺れた訳ではなく、
自分の趣味では着ない服でも、妻からの喜んで欲しいという気持ちと、
妻を喜ばせたいという気持ちだと思いました。

しかしコートを着て、ボクシングのタイトルマッチを観に行った為に、
結婚式の当日、警察から権力を誇示させるかの様に車を止められます。
帰宅してから、プレゼントのコートを自分の手で燃やし、
ソファーに座って眺める心情はやるせないです。

一方、警察のリッチー・ロバーツにも、やるせないシーンがあります。
法廷で裁判が始まる前に、妻へ親権を奪わない様に頼みます。
しかし元妻は、「家族を愛するなら、100万ドルを警察に届けずネコババして、
家族と一緒に居る事を選べ!」と叫びます。

裁判が開廷して、リッチーは親権を放棄し、妻に譲ると言います。
「キミが正しい」という言葉の裏には、
「家族を愛するなら、キミの選択が正しいかもしれない。でも自分には出来ない」
という意味が込められている様な気がしました。

事実、あのタイミングで裁判が始まったら、陪審員の印象はリッチー寄りになり、
親権を奪われる事はなかったと思います。
司法試験に合格し、弁護士の資格を持っているリッチーなら、
親権を確保できる事に気付いていた筈なのに、「親権を譲る」と言う心情はやるせないです。

行動だけを見ると、家族を捨てていますが、愛する家族を守るには、
自分と一緒にいてはいけないという、リッチーなりの愛情の裏返しなんだろうと思います。

自分が華やかに振舞う事を捨てて、家族を愛したフランクと、
自分と家族が一緒に居るという事を捨てて、離れる事で家族を愛したリッチーは、
本質的には同じだと思いました。

最初は“正義”でも、最後にリッチーを動かしていたのは、たぶん“意地”なんだろうなぁ。
フランクを逮捕した後、警察を辞めて弁護士になっているから、なお更そう思う。

弁護士になって最初の依頼者がフランクというのは、長い時間戦って、
奇妙な友情が生まれていた様な気がします。

久々に骨太でクールな作品を見ましたが、やはり男同士の対決物語は、いつ観ても面白い。
対決する2人が、デンゼル・ワシントンと、ラッセル・クロウという、
演技派2人なら文句ナシですね。

過去にも、サミュエル・L・ジャクソンと、ケヴィン・スペイシーの『交渉人』や、

Negotiator01.jpg
『The Negotiator』

ロバート・デ・ニーロと、アル・パチーノの『ヒート』、

Heat01.jpg
『Heat』

トム・クルーズと、ジェイミー・フォックスの『コラテラル』

Collateral01.jpg
『Collateral』

ダニエル・オートゥイユと、ジェラール・ドパルデューの『あるいは裏切りという名の犬』

36QuaiDesOrfevres01.jpg
『36 Quai Des Orfevres』

という名作があったなぁ。

マンガ版の『墨攻』も面白かった。

Bokkou01.jpg
『A Battle of Wits』

映画版は、チョット期待ハズレでしたが・・・。

まぁ、リドリー・スコット監督に、『プロヴァンスの贈り物』という微妙な作品を撮らせても、
ラッセル・クロウを起用したかった、映画会社は満足なんじゃないかな。

過去に、『リーサル・ウェポン3』の出演を嫌がったメル・ギブソンが、

LethalWeaponThree01.jpg
『Lethal Weapon Three』

『ハムレット』を作る事を条件に、

Hamlet01.jpg
『Hamlet』

『リーサル・ウェポン 3』に出演をした事があります。

ラッセル・クロウも、デンゼル・ワシントンとの “共演”に引っ掛かって、
相当ゴネたんだろうなぁ・・・w
自分だけの主演だったら、二つ返事だっただろうね。

そういえば、日本のチラシ・デザイナーが、目線を切るデザインを2004年の、
『あるいは裏切りという名の犬』で使ってたけど、

36QuaiDesOrfevres02.jpg

海外のポスターで目線を切るデザインは、2003年の『マトリックス・リローテッド』以来かな。

MatrixReloaded01.jpg


映画の予告編でも流れた、Jay-Zのテーマソングが、
作品の雰囲気にピッタリで、またシビレる。


『YouTube動画 Jay-Z』

『アメリカン・ギャングスター』の作品が切っ掛けになって、
コンセプトアルバムをリリースしたし、

Jay-Z01.jpg
『Jay-Z American Gangster』

Jay-Z本人が、ブルーマジックのある環境で育っているから、
作品にピッタリなのも納得なんだけどね(^^;)

『船頭多くして船山に上る●墨攻 (ぼっこう)』

関連記事

テーマ : 考えさせられた映画 - ジャンル : 映画

02:17  |  『 ア 』 映画  |  TB(54)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

これはかっこよかったですね~。
prismさんが記事にあげてらっしゃる”対決もの”を片っ端から見たくなるような
久しぶりに「血が騒ぐ」作品でした。(笑)

それにしてもリドリー・スコット、手堅いですね。
わたしも時間の長さを気にせず見ることができました。
目線を切ったポスター、結構あるんですね~。面白い!

JAY-Zの音楽もはまってましたね♪
しゅぺる&こぼる | 2008.02.08(金) 18:21 | URL | コメント編集

●>コメント返信

> しゅぺる&こぼる さん
リドリー・スコット監督は、作品として重厚な雰囲気を魅せつつ、
まとめる手腕はさすがですね。

Jay-Zは、ドラック「ブルーマジック」が側にある世界を知っていますからね。
ハマルのも納得でした(^^)
Prism | 2008.02.08(金) 22:49 | URL | コメント編集

●TBありがとうございました

こんにちは♪
上に挙がっている対決モノは「墨攻」以外みています。
やっぱり男臭い作品が好きなのかもしれません(笑)
メルが「リーサル3」に出たのは、そういう経緯があったんですね~。

いつも目立たないようにしていたフランクがあのときに限って派手な毛皮を着たために目立ってしまいました。
妻からのプレゼントだからどうしても着てあげたかったのでしょうね。
それが仇になるとは、運命とは分からないものです。
ミチ | 2008.02.09(土) 15:30 | URL | コメント編集

●トラックバックありがとうございました。

目線を切ったポスター特集、素晴らしいです。
ぁー、あったねー、あったあったー、と思いながら拝見しました。
リッチーの妻との裁判で、仕事のことを口にした妻でしたがそれだけではなく、
夫の複数との女性関係も許せなかったのではないでしょうか。
か こ | 2008.02.09(土) 19:12 | URL | コメント編集

●正義?

Prismさん、こんばんは。
寒いですね。
雪が降るとか言っていましたが、雨ですね・・・

>“家族”を捨て、“自分”を愛したポリススター
自己愛。
これって時々見え隠れする要素でしたよね。
家族を捨て、同僚の信頼を捨ててでも得たかった自己満足。
清廉潔白でいたいと思う欲望。
・・・手癖は悪いくせに・・・

どんなにすごいことをしても、どんなに価値のあることをしても
そこには当人の「こうなりたい」「こうありたい」という欲求があり、
その欲求を満たすかのように周囲を省みないことは、
当人にとってはそのつもりではなくても、
周囲からは自己中心的に見えてしまいます。

なかなか奥深い作品ですな。
swallow tail | 2008.02.09(土) 19:26 | URL | コメント編集

●>コメント返信

>ミチさん
W主演扱いとはいえ、物語の主役はデンゼルだから、
ラッセルの性格を考えると、やはりゴネたんじゃないかと・・・w

妻からのコートを着る優しさまで無かったら、妻との結婚も無いし、
組織も大きくならなかったのではないかと思います。
皮肉といえば皮肉ですが、仕方ないですよね(^^;)

> か こ さん
そうですね。
あんまり、エピソードとしては触れていませんでしたが、
確かに女性関係も有るでしょうね。

リッチーが、「君の方が正しい」と答えた真意として、
私は、正義についての意味合いが濃く、
女性関係についての意味は薄いと思いました。

ですから、かこさんが仰るとおり、
妻は女性関係についても怒っていたと思いますが、
リッチーが反応したのは、正義についてだけだと思います。

女性関係だけだったら、負けると思っても裁判で争ったと思います。
友人に有利な証言をするように頼んでいましたしね。

> swallow tail さん
こちらは少し積もりました(^^;)

>・・・手癖は悪いくせに・・・
あはは。
手厳しいですねw
私自身は、一人の恋人をずっと愛するフランクの考え方に近いので、
リッチーの気持ちは分かりませんが、
友人たちの話を聞くと、浮気には事情があるんだと思います。

>欲求を満たすかのように周囲を省みないことは、
>当人にとってはそのつもりではなくても、
>周囲からは自己中心的に見えてしまいます。

周囲を省みても、大きな社会からしたらフランクも自己中心的ですし、
仰るとおり、なかなか奥深い作品ですね。
Prism | 2008.02.10(日) 12:19 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

『アメリカン・ギャングスター』\'07・米

あらすじ1968年、フランク・ルーカスは長年仕えたハーレムの黒人ギャングのボスの死後、独自の麻薬ビジネスを展開する。やがて大物マフィアをも出し抜く成功を手にするが目立たないことを信条にする彼の素顔はベールに包まれたままだった。一方、汚職がはびこる警察組...
2009/03/19(木) 07:42:23 | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ

アメリカン・ギャングスター

原題:AMERICAN GANGSTER ジェネオン エンタテインメントより¥3990で発売中 2007年度作品/アメリカ <監督> リドリー・スコット <出演> デンゼル・ワシントン (「クライシス・オブ・アメリカ」など) ラッセル・クロウ(「マスター・アンド・コマンダー..
2009/01/11(日) 23:44:22 | みるき~うぇい

【映画】アメリカン・ギャングスター…それなりの大作だと俳優は若づくりになる?罠

毎月20日前後に長時間残業を発生させつつ苦戦している某出版物の仕事があるのですが、今月は何故か比較的スムーズに進行させることができました。…ということでここ数日も忙しかったわけでは無いのですが、PCゲームに明け暮れていた私なので、ブログは疎かだわ、寝不足だ...
2008/10/26(日) 22:10:48 | ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画『アメリカン・ギャングスター』を観て

18.アメリカン・ギャングスター■原題:AmericanGangster■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:157分■日本語字幕:松浦美奈■鑑賞日:2月10日、渋東シネタワー(渋谷)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・製作:リドリー・スコット□脚本・製...
2008/03/23(日) 22:06:57 | KINTYRE’SDIARY

「 アメリカン・ギャングスター  / American Gangster (2008) 」

【アメリカン・ギャングスター(2008) 】2008年2月1日(土)公開 ...
2008/03/22(土) 01:02:59 | MoonDreamWorks★Fc2

アメリカン・ギャングスター を観ました。

ずっと観たかったのですが…抜け駆けすると相方の怒りをかうのでガマンしていました。
2008/03/08(土) 10:15:53 | My Favorite Things

アメリカン・ギャングスター★リドリー・スコット監督作品

 ラッセル・クロウデンゼル・ワシントン ? 2月12日、東宝シネマズ二条にて鑑賞濃いお二人が熱く共演?結構面白い作品でしたね。 ? 暗黒街のカリスマ、フランク・ルーカス(デンゼル・ワシントン)と正義をつらぬく刑事、リッチー・ロバーツ(ラッセル・クロウ)の...
2008/03/07(金) 14:54:27 | 銅版画制作の日々

アメリカン・ギャングスター

☆FC2ブログランキング☆ & ☆人気blogランキング☆ ↑今日も1クリックで応援ありがとう~☆↑ 今日の1本は「AMERICAN GANGSTER」(邦題:アメリカン・ギャングスター)から。 1970年代の初頭のニューヨークで、ハーレムを牛耳っているギャングのボスの運転手をして
2008/03/05(水) 13:21:03 | things4u

「アメリカン・ギャングスター」 「アメリカン」である意味

タイトルに何故「アメリカン」とついているのでしょうか? イタリアン・マフィアから
2008/02/27(水) 22:23:41 | はらやんの映画徒然草

【アメリカン・ギャングスター】

【AMERICAN GANGSTER】 ※映倫 R-15   公式サイト 監督/リドリー・スコット   脚本/スティーヴン・ザイリアン    製作年度/2007年  ...
2008/02/18(月) 18:04:27 | +++ Candy Cinema +++

American Gangster (アメリカン・ギャングスター) ネタばれあり

今回紹介するのは、デンゼル・ワシントンとラッセル・クロウの、2大オスカー俳優が主演する、アメリカン・ギャングスター。 [parts:eNozsDJkhAMmJhMjUyZjU2NGJgszSyPTNEuLQP9g/8hgH5fSQFcmGDA2xS4P1czEhKQSAMCtDvY=] ランキングに参加してます。   1968年、ニ
2008/02/18(月) 03:48:00 | うだるありぞな

「アメリカン・ギャングスター」観てきました♪

☆「アメリカン・ギャングスター」 監督:リドリー・スコット 出演:デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ、キューバ・グッディング・Jr、ジョシュ・ブローリン、キウェテル・イジョフォー、カーラ・グギーノ、RZA、ジョン・オーティス 1968年、ニューヨーク。...
2008/02/17(日) 19:21:11 | りんたろうの☆きときと日記☆

【2008-25】アメリカン・ギャングスター(AMERICAN GANGSTER)

人気ブログランキングの順位は? ニューヨーク 1968 2人の闘いが始まる 暗黒外のカリスマ 正義の刑事 獣道を行く男たちの容赦なき闘いの物語 実話に基づく物語
2008/02/17(日) 13:55:07 | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!

●アメリカン・ギャングスター(16)

ラッセル・クロウってこんなに恰幅よかったっけ??
2008/02/12(火) 22:52:30 | 映画とワンピースのこでまり日記

アメリカン・ギャングスター

苦手克服ならず。
2008/02/12(火) 18:41:16 | 映画を観たよ

[映画]アメリカン・ギャングスター

ギャングスターは暴力的な犯罪集団のことだそうです。 やくざを英語で「ジャパニーズ・マフィア」と呼んだりしますが、基本的に構成員はギャングスター。 てっきり「チンピラ」とか「愚連隊」のことかと思っていました。 あらすじを簡単に 「ハーレムのロビンフッド」と呼ば
2008/02/12(火) 02:36:17 | お父さん、すいませんしてるかねえ

アメリカン・ギャングスター

American Gangster(2007/アメリカ)【劇場公開】 監督:リドリー・スコット 出演:デンゼル・ワシントン/ラッセル・クロウ/キウェテル・イジョフォー/ キューバ・グッディングJr/ジョシュ・ブローリン けもの道を行く実在の男たちの 容赦なき闘いの人生! 70年
2008/02/11(月) 23:34:23 | 小部屋日記

アメリカン・ギャングスター

リドリー・スコット監督、デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ出演のアメリカギャングもの~~これだけで観る理由は十分、 ただ、157分という上映時間・・・中だるみ、睡魔で最後まで持ち堪えるか・・・ 時代はベトナム戦争のころ、ニューヨークでの黒人ギャン...
2008/02/11(月) 22:29:55 | future world

アメリカン・ギャングスター-(映画:2008年13本目)-

監督:リドリー・スコット 出演:デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ、キウェテル・イジョフォー 評価:85点 公式サイト (ネタバレあります) デンゼル・ワシントンとラッセル・クロウ。 なんともかっこいいこの組合せが、記憶に残るマフィア映画を作り...
2008/02/11(月) 21:18:13 | デコ親父はいつも減量中

アメリカン・ギャングスター(評価:◎)

【監督】リドリー・スコット 【出演】デンゼル・ワシントン/ラッセル・クロウ/キューバ・グッディングJr/カーラ・グギーノ/ジョン・オーテ...
2008/02/11(月) 00:01:50 | シネマをぶった斬りっ!!

【劇場映画】 アメリカン・ギャングスター

≪ストーリー≫ 1968年、フランク・ルーカスは長年仕えたハーレムの黒人ギャングのボスの死後、独自の麻薬ビジネスを展開する。やがて大物マフィアをも出し抜く成功を手にするが、目立たないことを信条にする彼の素顔はベールに包まれたままだった。一方、汚職がはびこる...
2008/02/10(日) 20:30:14 | ナマケモノの穴

アンダーワールド版アメリカン・ドリーム☆『アメリカン・ギャングスター / AMERICAN GANGSTER』☆

70年代に実在した麻薬王の半生を描いた作品。 黒人のマフィアなんだけど、家族で組織を動かしていくスタイルは『ゴッド・ファーザー』のイタリアン・マフィアのよう。 本作のデンゼル・ワシントンは、すんごく良い~~~!!!(*^_^*) ギャングとはいえ、まるでビジネ
2008/02/10(日) 18:52:42 | honu☆のつぶやき ~映画に恋して~

『アメリカン・ギャングスター』

□作品オフィシャルサイト 「アメリカン・ギャングスター」□監督 リドリー・スコット □脚本 スティーヴン・ザイリアン □キャスト デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ、キューバ・グッディング・Jr、ジョシュ・ブローリン、キウェテル・イジョフォー、アーマ...
2008/02/10(日) 10:14:42 | 京の昼寝~♪

映画 『アメリカン・ギャングスター』

  ☆公式サイト☆『グラディエーター』の名匠、リドリー・スコット監督がメガホンを取り、しがない運転手から麻薬王にまで上りつめた男の一代記を骨太に描く。1970年代の初頭のニューヨークで、ハーレムを牛耳っているギャングのボスの運転手をしていたフランク・ルーカ...
2008/02/10(日) 10:11:00 | きららのきらきら生活

アメリカンギャングスター(映画館)

暗黒街のカリスマと、正義をつらぬく刑事 その道を進むのなら、俺を倒してから行け
2008/02/10(日) 09:45:09 | ひるめし。

アメリカン・ギャングスター 2008-05

「アメリカン・ギャングスター」を観てきました~♪ 1970年、黒人ギャングのボス、バンピーの右腕として暗躍していたフランク・ルーカス(デンゼル・ワシトン)は、ボスの死後その座を引き継ぐ。フランクは独自のルートを開発し、タイの奥地から純度100&ヘロイ...
2008/02/10(日) 09:20:53 | 観たよ~ん~

アメリカン・ギャングスター (2007) AMERICAN GANGSTER 157分

 二人とも「クソ真面目」でした(笑)
2008/02/10(日) 08:31:28 | 極私的映画論+α

アメリカン・ギャングスター

1970年代、ニューヨーク。 実在の麻薬王と刑事の物語。 ちょうど、ベトナム戦争の頃の 話なのですが、その頃の ニューヨークがこれほど 腐敗していたとは驚きです。 157分とこれも結構長いです! 1968年、フランク・ルーカス(デンゼル・ワシントン)は、 長年
2008/02/10(日) 00:45:23 | ルナのシネマ缶

アメリカン・ギャングスター(試写会にて)

汚れた手でつかんだ、美しき人生。人生を賭けてつかんだ、美しき正義。けもの道を行く実在の男たちの、容赦なき闘いの人生!! 1970年代初期のニューヨーク。ハーレムを仕切るギャングのボスに15年間仕えてきた運転手のフランク・ルーカスは、ボス亡き後、誰かに使われる...
2008/02/09(土) 21:39:02 | パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ

アメリカン・ギャングスター

長い上映時間ですが、人物説明をきっちりやってくれるので、置いていかれることなく、最後まで楽しく観られました。 フランク・ルーカス(デンゼル・ワシントン)が青年実業家のようなピシッとした身なりで、独自のアイデアでのし上がっていくところは、とてもカッコイ...
2008/02/09(土) 20:56:09 | まぁず、なにやってんだか

アメリカン・ギャングスター

渋い!これぞハードボイルドだ! 麻薬王に成り上がったハーレム街の首領(ドン)。そして人一倍正義感が強い 野獣刑事(デカ)。それぞれに異なる「修羅の道」を歩み続ける二人の男の生 き様を軸に描いた犯罪サスペンス。この映画、なんと実話がベースになってい る...
2008/02/09(土) 19:14:01 | バビロン21

アメリカン・ギャングスター

原題:AMERICAN GANGSTER 製作年度:2007年 製作国:アメリカ 上映時間:157分 配給:東宝東和 監督:リドリー・スコット 原作:―― 脚本:ス...
2008/02/09(土) 19:13:11 | スワロが映画を見た

アメリカン・ギャングスター(2007)

リドリー・スコット監督で好きなのは、「ブラックホーク・ダウン」「グラディエーター」「エイリアン」 そして先週テレ東でやっていた「ブラックレイン」 89年のだというのに今も面白さは変わらない {/good/}{/kirakira/}    ・DVD 「ブラック・レイン デジタルリマス
2008/02/09(土) 19:07:23 | かこぶろ。

アメリカン・ギャングスター

1970年代、麻薬生産地帯といえば、ゴールデントライアングルといわれる、タイ、ラオス、ミャンマー国境地帯である。当時生産した麻薬はすべて米国政府が買い取った。そもそもがアヘン戦争で儲けた連中が支配層を形成し、その麻薬業者がCIA設立に関与したのが、アメリカと
2008/02/09(土) 18:25:40 | 利用価値のない日々の雑学

映画 【アメリカン・ギャングスター】

試写会にて「アメリカン・ギャングスター」 1970年代のニューヨークを舞台に実在した伝説のギャング、フランク・ルーカスの半生を描く犯罪サスペンス。 おはなし: 1970年代初頭のNY。ハーレムを牛耳っているギャングのボスの運転手をしていたフランク・ルーカス(デンゼ...
2008/02/09(土) 15:26:06 | ミチの雑記帳

アメリカン・ギャングスター

アメリカン・ギャングスター 198本目 2008-4 上映時間 2時間37分 監督 リドリー・スコット 出演 デンゼル・ワシントン ラッセル・クロウ キウェテル・イジョフォー キューバ・グッディング・ジュニア 評価 8点(10点満点) 会場 TOHOシネマズ 六本木ヒルズ...
2008/02/09(土) 15:22:31 | メルブロ

「アメリカン・ギャングスター』

(原題:American Gangster) ----この映画評判いいよね。 リドリー・スコットとしては『ブレードランナー』以来の傑作と 評している人もいるんでしょ? 「そう。そこがスゴいよね。 比較がオスカー受賞の『グラディエーター』ではなく、 あの『ブレードランナー』」 ----...
2008/02/09(土) 09:32:46 | ラムの大通り

「アメリカン・ギャングスター」:豊洲二丁目バス停付近の会話

{/hiyo_en2/}ららぽーと豊洲にもスターバックスが入っているのね。何飲みたい? {/kaeru_en4/}アメリカン。 {/hiyo_en2/}どうして? {/kaeru_en4/}よく言うだろ、アメリカン・ギャングスターバックスって。 {/hiyo_en2/}言わない。 {/kaeru_en4/}「アメリカン・ギャングス...
2008/02/09(土) 08:59:33 | 【映画がはねたら、都バスに乗って】

アメリカン・ギャングスター(2007年)

1960年代末期から1970年代前半に掛けて、ニューヨークの麻薬ビジネスを仕切った一人の黒人マフィアに関する話。実話である。 デンゼル・ワシントンの”悪役”姿が珍しいです。”悪役”と言っても、大物ギャングなので、”やり手の実業家”と言う見た目ですが、人殺しも躊...
2008/02/08(金) 22:56:40 | 勝手に映画評

「アメリカン・ギャングスター」 僕の好きなリドリー

この映画、評判も上々やのに、なんか、もひとつやった。 リドリー・スコット監督好きやねんけど、「好きやった」と過去形になるということが自分の中で確定しました。 『エイリアン』『ブレードランナー』『テルマ&ルイーズ』大好きやったな~。 あの頃の、リドリー・ス
2008/02/08(金) 22:54:13 | 『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記

アメリカン・ギャングスター

【AMERICAN GANGSTER】2000年/アメリカ 監督:リドリー・スコット  出演:デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ、キウェテル・イジョフォー...
2008/02/08(金) 21:55:48 | BLACK&WHITE

アメリカン・ギャングスター

やっぱりリドリー・スコット監督は凄い!こんな重厚なドラマを撮れるのはこの監督しかいないのではないかと思わせるくらいに、肉厚で全くのだれるところのない映画でした。アカデミーでは助演女優賞と美術賞の2部門のノミネートしかありませんが、ゴールデングローブ賞で...
2008/02/08(金) 21:36:03 | めでぃあみっくす

アメリカン・ギャングスター

デンゼル・ワシントンとラッセル・クロウの2大スターがガチンコ対決!
2008/02/08(金) 21:28:49 | ネタバレ映画館

アメリカン・ギャングスター

リドリー・スコット監督、ラッセル・クロウ、デンゼル・ワシントン主演。時代はブラックパワー旋風が吹き荒れていたアメリカ。裏社会でもこのパワーが吹き荒れていたことが分かる。
2008/02/08(金) 21:05:36 | 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン

2008-06『アメリカン・ギャングスター』を鑑賞しました。

映画を鑑賞しました。秊 2008-06『アメリカン・ギャングスター』(更新:2008/02/02) 評価:★★★★☆ 信念を貫いた2人の男が出会うとき 原題は「AMERICAN GANGSTER」です。 渋谷で『人のセックスを笑うな』を観ようとしたら..
2008/02/08(金) 20:54:46 | はっしぃの映画三昧!

アメリカンギャングスター/AMERICAN GANGSTER

最近、一人で十分に主役をはれる二大スターの共演が多い気がするけど、 カリスマギャングのボス{/v/}刑事って聞いて何となく逆かな?とも思ってた。 ま、ラッセル・クロウはカリスマなギャングには見えないんだけど。 デンゼル・ワシントンも初の悪役? 元々優しそうな...
2008/02/08(金) 20:12:22 | 我想一個人映画美的女人blog

アメリカン・ギャングスター

1968年、二人の男の闘いがはじまった。 NYを仕切る親玉バンピーが心臓発作で亡くなる。 そのかたわらにいた運転手こそが、フランク・ルーカス(デンゼル・ワシントン) 彼はバンピー亡き後、跡目をつぐ。 そしてバンピーにもなしえなかった一大事業へと手を染
2008/02/08(金) 18:23:23 | 愛情いっぱい!家族ブロ!

『アメリカン・ギャングスター』

監督:リドリー・スコット CAST:デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ 他 1970年代初頭、ハーレムを仕切っていたボスの運転手を...
2008/02/08(金) 18:18:17 | Sweet*Days**

アメリカン・ギャングスター

【AMERICAN GANGSTER】R-152008/02/01年公開(02/02鑑賞)製作国:アメリカ 監督:リドリー・スコット出演:デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ、キウェテル・イジョフォー、キューバ・グッディング・Jr、ジョシュ・ブローリン 腐りきったニューヨーク警察に、喝
2008/02/08(金) 17:57:27 | 映画鑑賞★日記・・・

アメリカン・ギャングスター 63点(100点満点中)

『ギャング・スター』にあこがれるようになったのだッ! 公式サイト 60年代末から70年代にかけて、NYハーレムにおける麻薬密売市場に君臨していたフランク・ルーカスと、密売ルートを追う捜査官リッチー・ロバーツ刑事の、実在人物による実話を元に描かれた、リドリー...
2008/02/08(金) 17:49:52 | (´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ)

アメリカン・ギャングスター

悪い事をすると必ず捕まります。
2008/02/08(金) 17:44:22 | Akira\'s VOICE

アメリカン・ギャングスター

 『けもの道を行く実在の男たちの、容赦なき闘いの人生!』  コチラの「アメリカン・ギャングスター」は、デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ主演、リドリー・スコット監督の2/1公開となったR-15指定のノンフィクション・クライム・ムービーなのですが、早速観て
2008/02/08(金) 17:41:46 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡

アメリカン・ギャングスター

デンゼル・ワシントンとラッセル・クロウの競演だから楽しみにしていた―【story】1970年代の初頭のニューヨーク。誰かに使われる人生から抜け出そうと誓い、麻薬の新しいビジネス・モデルを築きあげることで暗黒街のアメリカン・ドリームを達成していくフランク(デンゼ
2008/02/08(金) 17:30:47 | ★YUKAの気ままな有閑日記★

アメリカン・ギャングスター

原題 AMERICAN GANGSTER 上映時間 157分 製作国 アメリカ 製作年度 2007年 初公開年月 2008/02/01 監督 リドリー・スコット 製作総指揮 スティーヴン・ザイリアン、マイケル・コスティガン、ブランコ・ラスティグ 脚本 スティーヴン・ザイリアン 音楽 マルク・...
2008/02/08(金) 17:29:23 | タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。