04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2008.02/08(Fri)

医者の心は誰が治す?●チーム・バチスタの栄光

命を委ねる、知らない世界を垣間見る。


『チーム・バチスタの栄光』

『チーム・バチスタの栄光』 ウィキペディア(Wikipedia)

東城大学医学部付属病院は、アメリカから心臓外科の権威、桐生恭一を招聘し、
心臓移植の代替医療であるバチスタ手術を専門に行うチーム、『チーム・バチスタ』を結成。
『チーム・バチスタの奇跡』と呼ばれる程の驚異の成功を収めていた。

しかし成功率100%だったチーム・バチスタが3例立て続けに謎の術中死に遭遇する。
医療ミスか、単なる偶然か、それとも故意によるものか。

マス・メディアにより世間の注目を集める中、疑念を解明するため病院長・高階は、
神経内科学教室の万年講師で『不定愁訴外来(別名・愚痴外来)』の責任者・田口に、
内部調査を命じる。
そこへ外部からの調査者、厚生労働省の役人、「ロジカルモンスター」白鳥がやってくる。

著:海堂 尊


【More・・・】

非常に面白い作品。

医者と言う存在は、冷静に考えればよく知らない人間であり、医療も良く知らない世界です。
でも、自分の命を預ける世界・・・。

作品は、医療の世界を理解させる物ではなく、現在の医療の問題点と、
医療世界の雰囲気を上手く捉えて、分かりやすく感じさせている作品だと思います。

医者が書いた作品なだけあって、説得力がある印象です。

映画版のキャストが発表されたけど、主人公が女に変わって竹内結子か・・。
白鳥も、阿部寛だとイメージが違うんだよなぁ。
バチスタ手術の名医:桐生が、吉川晃司・・・。

・・・う~ん。
大丈夫か?w

プロデューサーが、竹内結子と阿部寛で、
『TRICK -トリック-』を作ろうと考えている様な気がするなぁ・・・。
ミス・キャストで無い事を祈る。

誤解の無いように記しておきますが、竹内結子も、阿部寛も、吉川晃司も、
他の作品では好きですよ。

『マイナスかけるマイナスは、なぜプラス?●自虐の詩』

『若かりし日の気持ちを思い出す●クローズド・ノート (映画)』

『前編、後編に分けるべきだったかも●レディ・ジョーカー』

関連記事

テーマ : オススメ本 - ジャンル : 小説・文学

02:17  |   |  TB(5)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

こんにちは!
コメント頂きありがとうございました。
とっても面白い本でしたね~
大のお気に入り作品です♪
2作目の『ナイチンゲールの沈黙』には、ハッキリ申し上げてガックリきましたが、3作目の『ジェネラル・ルージュの凱旋』はかなり面白いですし(救命救急の問題を書いています)、2、3作目は対になっているんですよ~
だから我慢して2作目も読まれることをオススメします(笑)
海堂さんは現役の医師でらっしゃるので、医療問題を様々な形でフィクションとして描いて下さっていて面白い作品が多いと思います。
5作品読みましたが、2作目を除いて好きな作品ばかりです(しつこい・笑)

映画のキャストには驚きましたが・・・一応観に行こうと考えています。
なるべく原作で自分が抱いているイメージを忘れて鑑賞してみようかな・・・
由香 | 2008.02.08(金) 18:07 | URL | コメント編集

●>コメント返信

> 由香 さん
対ですか・・・。
う~ん、迷いますねw

映画の方は、確かにイメージを捨てた方が良さそうですね。
自分は見に行く可能性が低くなっていますが・・・(^^;)
Prism | 2008.02.08(金) 22:52 | URL | コメント編集

こんばんは!ここにもお邪魔します。
わたしもこれは配役を知って映画を観る気はかなり減少しております。
原作が非常に面白かったのでソンですよね。

しかし、原作既読(とてもよかった)で映像は期待薄だった「ラストコーション」がかなりの高得点だったこともあるので、こればかりはふたを開けてみないとなんともいえません。
原作には原作のよさ、映画化にはやはり映画化のよさがあるのだろうと思います。
監督の前作「あひると鴨のコインロッカー」をまず見てみようかな?
しゅぺる&こぼる | 2008.02.08(金) 23:01 | URL | コメント編集

●>コメント返信

> しゅぺる&こぼる さん
『あひると鴨のコインロッカー』の監督が撮るんですか。
実は、先日映画を見て、レビューを放置してましたw

『あひると鴨のコインロッカー』は、脚本が良かったです。
監督の力量も悪くなかったので、少し期待値が上がりました(^-^)
Prism | 2008.02.09(土) 01:30 | URL | コメント編集

●こんにちは♪

キャストを知って映画鑑賞をやめようかな~と思っています。
いくら男性の登場人物が多いからといって、主役を女性にしちゃうとはすごいですね~。
白鳥=阿部ちゃんというのもなんだか違う気がします。
映画ブロガーさんの評価を見てから鑑賞するか決めようかしら。
ミチ | 2008.02.09(土) 15:37 | URL | コメント編集

●>コメント返信

>ミチさん
田口を女性に変更したのには驚きですw
ラストのニュアンスが変わりそうで心配です(^^;)
書籍ブロガーさんの反応は、概ね悪いですね。
自分も、周囲の反応を見てから決めようかと思っています。
Prism | 2008.02.10(日) 12:25 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

【小説】チーム・バチスタの栄光(上)…文庫版

本日{/kaeru_fine/}から夜勤週のピロEKです。 夜勤は常勤と比べて通常業務が詰まりがち{/ase/}…なのに最近は何故か私しか出来ない特殊{/eq_1/}な業務が山積{/ase/}…夜勤の度に少し困っております{/face_hekomu/} それにプラスして4月ってやる事が増えちゃうんだよね。...
2010/04/29(木) 00:17:22 | ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

【小説】チーム・バチスタの栄光(下)…文庫版

{/kaeru_fine/} 今月は3の倍数で更新を休んでいる夜勤週のピロEKです{/face_ase2/} 夜勤といえば…今日の夜勤は忙しいみたいで少し憂鬱{/face_hekomu/}{/down/} 今日だけじゃなくて今週はやる事が多くて…会社行きたくないなぁ{/face_z/} そんなネガティブな心もちは...
2010/04/29(木) 00:16:55 | ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

チーム・バチスタの栄光<海堂尊>-(本:2009年読了)-

チーム・バチスタの栄光クチコミを見る # 出版社: 宝島社 (2006/01) # ISBN-10: 4796650792 評価:84点 随分と前から話題になっていた第4回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作。映画にもなっているし文庫本化もされているものをようやく読んだ。時代に少し
2009/09/30(水) 00:46:33 | デコ親父はいつも減量中

「チーム・バチスタの栄光」 海堂尊

{/book/}「チーム・バチスタの栄光」 海堂 尊 ★★★★ 第4回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作。 内容:東城大学医学部付属病院のバチスタ手術の専門チーム「チーム・バチスタ」は成功率100%を誇っていたが、3例続けて術中死が発生した。メディアの注目を集
2008/02/09(土) 15:35:21 | ミチの雑記帳

【本】チーム・バチスタの栄光

        『チーム・バチスタの栄光』     海堂 尊     宝島社         ~*第4回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作品~【comment】1ページ1ページを読み進めるのが勿体無くて、1行1行に信じられない程の愛着を覚えた。私は、筆者が
2008/02/08(金) 17:31:42 | ★YUKAの気ままな有閑日記★
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。