08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2005.12/17(Sat)

観る者の期待を、約三重に裏切った●約三十の嘘

看板に偽りアリの作品。

About30Lie01.jpg
『約三十の嘘』

6人の詐欺師仲間で稼いだ金が、寝台特急の車内で消えた。
金の行方は?
裏切り者がいるのか?

【More・・・】

原作は演劇の戯曲で、原作者と、監督と、『ジョゼと虎と魚たち』の脚本家の3人で、
映画用に脚本化。
・・・こう書くと、興味を惹かれる方もいると思います。

事件が起こるまで、状況説明と登場人物の紹介が冗長。
事件が起きて、コンゲーム(騙し合い)の開始かと思ったら、スグにネタバレ。
恋愛絡みの展開に変わるが、他の出演者と設定が活かされていない。
しかも、クライマックスの後で、長々と会話が続く。

コンゲーム、友情、恋愛。
どれもが、中途半端だったり長過ぎたり。

中谷美紀の、感情移入した演技はスゴイけど、テンポの悪さで作品が死んでいる。

キャストと、設定は良かったが、映画化の際に上手に活かせなかった脚本に問題があった。
舞台から映画にする場合は、リアリティと設定とストーリーの関連付けを怠ってはいけない。
パンダのゴンゾウに至っては、出演シーンは数カット。
まさか、DVDの為のキャラだったの?

映画化を甘くみた作品。

関連記事

テーマ : 邦画 - ジャンル : 映画

02:17  |  『ヤ・ワ』 映画  |  TB(6)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

●こんにちわ

お久しぶりです~ さわわです~
勝手にTB貼らせてもらっちゃいました ごめんなさい
これ、さわわは結構好きなんですが、確かにキャストは生かしきれてなかったですね
あんなに豪華な面々集めるのも大変だったろうに・・・と思います
さわわの中で椎名桔平と中谷美紀のやりとりが非常にツボだったので
なにが悪かったとかもう考えられない状態でわかんなかった(笑)
そうか、あれは脚本が悪かったのか・・・
やっぱりPrismさんの記事はためになるなぁ

ハリーポッターにも書きたかったのですが、
長くなりそうなんで自分のPCが使えるようになったらまたお邪魔します・・・では・・!!

さわわ | 2005.12.17(土) 17:06 | URL | コメント編集

●>コメント返信

>さわわさん
遠慮せずTBして下さい。
大歓迎ですよ。
これだけのキャストと設定なのに、非常に残念な作品ですね。
コンゲームではなく、それぞれの恋愛映画として宣伝していたら、
また、違った印象になったとは思いますけど。

ハリー・ポッターのコメントは、短い文章でも熱が入っていそうですね(笑)
長い文章でも、一向に構わないので、遠慮なく書き込んでください。
Prism | 2005.12.20(火) 02:06 | URL | コメント編集

●こんにちは~♪

キャストの豪華さとタイトルにつられて見たのですが、まったくの期待はずれでした。
やはり脚本なのでしょうね。
いくらでも面白くなる要素はあったと思うのに・・・。
残念な作品だと思います。
ミチ | 2009.02.28(土) 22:17 | URL | コメント編集

●Re: ミチさん

こんにちは。

ここまで設定のみで、中身の伴ってない作品も珍しいですね。
「イイ映画は脚本から生まれる」という黒澤明監督の言葉は、
やはり真実なんですね。
Prism | 2009.03.01(日) 11:21 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

『約三十の嘘』

■監督 大谷健太郎 ■脚本 土田英生、大谷健太郎、渡辺あや  ■原作 土田英生 ■キャスト 中谷美紀、椎名拮平、妻夫木聡、田辺誠一、八嶋智人、伴 杏里、ゴンゾウ  “線路は続くよ、人生も” ある日、大阪駅構内に集まる詐欺師たち。落ちぶれた元リーダー・志方
2009/03/01(日) 22:59:17 | 京の昼寝~♪

「約三十の嘘」(日本 2004年)

3年ぶりの大仕事は見事に成功。 でも走り続けるトワイライトエクスプレスから スーツケースが大金ごと消えた・・・。
2009/02/28(土) 20:19:27 | 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常

「約三十の嘘」

トワイライトエクスプレス・・以前から乗ってみたいなぁと思ってた列車・・
2009/02/27(金) 09:53:38 | 心の栄養♪映画と英語のジョーク

日本インターネット映画大賞

 映画ファンの皆様、毎年恒例の日本インターネット映画大賞(旧称:ニフティ映画大賞
2005/12/24(土) 23:22:36 | 日本インターネット映画大賞 in ブログ

映画:約三十の嘘

2005/11/14 約三十の嘘 (2004) @TSUTAYAこれは元々舞台を映画化したものなのでしょうか?八嶋智人さんが出ていたので余計にそんな風に観えました。役者さんは個性的なのですが、、、どーもはまれなかった。。。なんだ、結局痴話喧嘩だったわけ?中谷さんが若い娘を追い
2005/12/20(火) 17:13:46 | 駒吉の日記

約三十の嘘

大谷健太郎監督のこちら。よくまとまってるのに100分と言う短めな映画大変観やすく、かなり面白い!あらすじは、舞台は寝台特急の中。チームで稼いだ大金をトランクに入れ
2005/12/17(土) 16:49:32 | 和日和
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。