05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2006.03/10(Fri)

文学と映画のデビューは別物●姑獲鳥の夏

この世には、不思議なことなど、何も無いのだよ。――― 関口君。

UbumeNoNatsu.jpg

女は妊娠20ヶ月。
いったい何を身ごもったのか――― 。

昭和20年代末の東京。
久遠寺医院の娘、梗子が20ヵ月もの間妊娠し、夫は密室から消えてしまったという噂があった。
小説家の関口は、ふとしたことから事件に関わり、私立探偵の榎木津礼二郎と捜査に乗り出すが、
次々と新たな謎が出現する。
元看護婦の謎の死や、消えた新生児、妖怪“姑獲鳥”の呪い・・・。
ついに“憑物落とし”京極堂が立ち上がる。
果たして事件の真相とは?

京極堂/中禅寺秋彦に、堤 真一。
関口 巽に、永瀬正敏。
榎木津礼二郎に、阿部寛。
木場修太郎に、宮迫博之。
久遠寺涼子・梗子の二役に、原田知世。
中禅寺敦子に、田中麗奈。
久遠寺菊乃に、いしだあゆみ。

監督は、『帝都物語』などを撮った、実相寺昭雄。
原作は、京極夏彦のデビュー作である、『姑獲鳥の夏(うぶめのなつ)』

【More・・・】

『姑獲鳥の夏』は、妖怪等を上手くミステリー風に味付けした事で、注目された作品です。
つまり、ミステリーとしてのトリックよりも、昭和初期の時代背景で、妖怪風な雰囲気と、
京極堂の店主である中禅寺秋彦の、衒学者(げんがくしゃ)ぶりを楽しむ要素が高い作品です。

妊娠20ヶ月の真相は、想像妊娠。
夫は密室から失踪したのではなく、寒い部屋で死んだ為、屍蝋(しろう)となって部屋の中にいた。
涼子に渡す手紙を、サンズイ偏を読み取らず涼子を京子と読み、
双子の梗子(きょうこ)に渡した関口の誤解。
罪の意識から、関口は部屋の片隅で、
屍蝋となった夫を見ていながら認識できなかった。

分かりやすく言うと、テーブルの上の蛇の置物を、
蛇嫌いの人間が、テーブルの上に蛇の置物があったと認識できなかったということ・・・。

・・・はぁ?

と思うか、「なるほど」と思うかが、この作品のキモだけど、
既存のミステリーに飽きてた小説の世界ではウケても、
しばらく、日本のミステリーに枯渇している日本映画界では、
観客の多くが拒絶するかもしれません。

観客がミステリーを渇望している時は、京極堂シリーズという異色作よりも、
浅見光彦シリーズや、金田一耕介シリーズを製作していた方が、良かったのかもしれません。
京極堂シリーズを映画化をするとしても、もう少し、一般ウケのするトリックや内容の作品を、
映画化の第一弾にしていた方が良かった様に思います。

入り組み過ぎているストーリーを、上手くまとめているとは思うけれど、
多くの観客がついて行けなかったと思います。
関連記事

テーマ : 映画を見て、思ったこと - ジャンル : 映画

03:43  |  『 ア 』 映画  |  TB(32)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

●TB、ありがとうございました

反則すれすれのトリック・・・「見えない死体」
まいりましたyo 
このトリックには。
今でも、うなされるほどです。
mina | 2006.03.13(月) 23:38 | URL | コメント編集

●TBありがとうございました

こんにちは♪
どうにもこうにもノレませんでした。
文字で読む分にはよかった説明も、セリフで言われると途端にうざったく感じるものですね。
いしだあゆみの「うわっ」っていう顔だけは怖かった・・・。
ミチ | 2006.03.14(火) 00:22 | URL | コメント編集

●こんばんは!

TBありがとうございました!
はい、ついていけませんでした。
猫姫少佐現品限り | 2006.03.14(火) 02:22 | URL | コメント編集

●おはようございます。

TBありがとうございます。

自分としては原作を読んでいないので、それなりに楽しめました。
確かに、はぁ?な所もありましたがw

>つまり、ミステリーとしてのトリックよりも、昭和初期の雰囲気を、妖怪風な時代背景で、
京極堂の店主の、衒学者(げんがくしゃ)ぶりを楽しむ要素が高い作品です。

この映画も実相寺昭雄監督の映像を楽しむ作品になっているのではないでしょうか。

またお邪魔させていただきます♪
耕作 | 2006.03.14(火) 04:43 | URL | コメント編集

●TBありがとうございました♪

原作のファンには不評ですね~
(ま、想像していた通りでしたが・・・)
あの京極ワールドを映像化しようと思ったら、今までのような表現では無理があるかな?と・・・
堤真一の京極堂は思ったよりも良かったと思いましたが( ̄m ̄〃)
cherry@Cinemermaid | 2006.03.14(火) 07:33 | URL | コメント編集

●お久しぶりですら

こんばんわぁー覚えて下さってるか若干不安気味なさわわです!
さわわ、この映画さっぱりでした。
あのトリックにははぁ?すら出ず、ポカーンとしてしまったのを良く覚えています
観たくないものが見えなくなるなんて、ある意味羨ましいですけどね(苦笑)
そんなこと思いつつTBありがとうございました★
さわわ | 2006.03.14(火) 21:57 | URL | コメント編集

●TB有難うございます。^^

今晩は☆
原作は好きなんですが、映画は拒絶してしまいました。^^:
京極堂シリーズは、映像化には向かないなぁ~と思って
つい感想も刺々しいものになってしまいました(汗)
ルーピーQ | 2006.03.15(水) 02:47 | URL | コメント編集

●>コメント返信

>minaさん
反則スレスレというか・・・力技ですよね(苦笑)
でも雰囲気は好きなんで、続編に少し期待しています(笑)

>ミチさん
原作の厚さに臆して、私は読んでないんですよ。
いしだあゆみの演技力には、ブログサーフをしても、やはり好意的に怖がっている方が多かったです。
私も、テレビスポットで見た時に、「スゴイなぁ・・・」と思いました(苦笑)

>猫姫少佐現品限りさん
明快な一言、ありがとうございます(笑)

>耕作さん
確かに、実相寺昭雄監督の映像を、楽しむ作品といえるかもしれませんね。
・・・引用されている箇所に、自分が考えた事とは違う文章に、
書き間違えていることに気付きました(苦笑)
意味は変わらないので間違いではないのですが、修正しておきます。

>cherry@Cinemermaid さん
原作ファンですら、賛否両論でしたね。
原作ファンの、「堤は良いが、着物は黒にするべきだった」という意見には、
妙に納得してしまいました。
映像的に、黒だと分かり難いから、紺を選んだとは思いますけどね。

>さわわさん
ちゃんと、覚えていますよ(笑)
トリックに関して言えば、小説が出た当初も色々言われましたが、
圧倒的な文章量の力技に固定ファンが付き、
現在も根強いファンのいる人気の作家になりました。
見たくないものが見えないのは、幸せか不幸かと言われると微妙ですが、
本人的には幸せなのかも知れませんね(苦笑)

>ルーピーQさん
やはり、原作物は難しいですね。
読んだ人それぞれの主観で作られた映像が、それぞれの頭の中に存在する訳ですからね。
そういえば、映画の中の京極堂も同じような事を言ってたような・・・(笑)
また、気が向いたら覗きに来てください。
Prism | 2006.03.15(水) 05:23 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

『姑獲鳥の夏』

原作を知らないで観たので、登場人物たちのキャラクターや関連性がイマイチつかめなかった作品でした。 どうやら原作ファンの為のファンサービスのような映画だったように思われ。。。 原作者の京極夏彦もチラッと出てるし。 それ以上でも以下でもない作品になってしま...
2008/12/05(金) 01:14:10 | cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー

姑獲鳥の夏

 コチラの「姑獲鳥の夏」は、京極夏彦さんの大人気シリーズ"京極堂シリーズ"の1作目にして、デビュー作である同名小説を無謀にも映画化してしまった妖怪ミステリーです。 監督は、「無常」の実相寺昭雄監督ですので、昭和20年代の怪しげな雰囲気は非常に出てい
2007/10/29(月) 22:09:15 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡

姑獲鳥の夏

予告編が面白そうというのと原田知世がこういう映画に出るというのがちょっと意外で楽しみに観てみました。いつも横溝正史や江戸川乱歩のような雰囲気のある作品を書いてくる脚本ゼミの元クラスメートのオススメ作品でもあります。DVDで鑑賞。昭和27年の東京・雑
2006/06/28(水) 10:14:57 | 映画、言いたい放題!

「姑獲鳥の夏」試写会にて

ファボーレ東宝で行われたKNB招待試写会『姑獲鳥の夏(うぶめのなつ)』に行ってきました。試写会ということで司会はKNBラジオ『相本商店』のパーソナリティ「小林淳子」さんが登場、辞書で調べられた「うぶめ」の意味などを説明されてました。本編上映前にはリメイク日本版
2006/03/21(火) 15:53:27 | xina-shinのぷちシネマレビュー?

姑獲鳥の夏

作品:姑獲鳥の夏監督:実相寺昭雄主演:堤真一、永瀬正敏、阿部寛、宮迫博之、原田知世、田中麗奈公開:2005年 日本映画館姑獲鳥の夏この世には不思議なことなど何もないのだよ、関口君。今になってどっぷり京極夏彦にはまっており、現在2作目を熟読中。旅行中に一緒に京
2006/03/17(金) 21:32:31 | のんびりぐ~

【映画】 姑獲鳥の夏 ★★☆

ストーリー:昭和27年夏、東京。小説家の関口は、生活のために請け負った雑文のため怪しげな噂を追っていた。ある大病院の娘・梗子が、20ヶ月も妊娠しているのに産気づかないというのだ。その上、彼女の夫も1年半前に姿を消し、行方不明のままだという。関口は何かにつけ頼
2006/03/17(金) 00:53:21 | 徒然なるままに・・・

■姑獲鳥の夏

昭和27年夏、東京。小説家の関口(永瀬正敏)は、生活のために請け負った雑文のため怪しげな噂を追っていた。ある大病院の娘・梗子が、20ヶ月も妊娠しているのに産気づかないというのだ。その上、彼女の夫も1年半前に姿を消し、行方不明のままだという。関口は何か
2006/03/15(水) 02:45:43 | ルーピーQの活動日記

[映画]姑獲鳥の夏

2005_30 タイトル:姑獲鳥の夏 鑑賞日:2005.07.16 場所:ユナイテッドシネマ入間 ジャンル:ミステリー 配給:日本ヘラルド映画 監督:実相寺昭雄 原作:京極夏彦 出演:堤真一 永瀬正敏 阿部寛 宮迫博之 原田知世 田中麗奈 いしだあゆみ あらすじ・解説の詳細 昭和27
2006/03/15(水) 00:30:47 | tuskyのblogってどうよ-2号店-

姑獲鳥の夏

[Ubume no Natsu] WS Theater 6 J-15 1000京極夏彦の小説をただの1度も読んだことのないので、彼の『映像化は不可能』と言われていた世界がどんなものなのかは想像もできない。中程で40分程寝ていたと思われ、ストーリー展開に??な部分があったので大きなコトは言えない
2006/03/14(火) 23:06:21 | 人生は1度きり 後悔しているヒマはない?

姑獲鳥の夏☆独り言

京極夏彦の本は なんかとっかかりが苦手です(笑)っていうのか、最初に読んでみた『姑獲鳥の夏』で京極堂の理路整然としたセリフまわしと、言葉に翻弄されてる関口くんが口をはさめないような(笑)そんな感じにあーーーーーパス!!!(爆)なんて思っちゃったの...
2006/03/14(火) 22:08:33 | 黒猫のうたた寝

姑獲鳥の夏

あらすじ昭和20年代東京。ある大病院に奇妙な噂が立っていた院長の娘が20ヶ月も妊娠していてさらにその夫が行方不明になったと。他にもこの病院から新生児が消えたり、看護
2006/03/14(火) 21:54:46 | だらだら映画・和日和

姑獲鳥の夏

【映画的カリスマ指数】★★☆☆☆割と読書家なわたくし。中でも京極夏彦は尊敬すべき作家と思います。だから、原作としては良かったのよストーリーとしてはね。けどねぇ・・・
2006/03/14(火) 21:19:50 | カリスマ映画論

映画「姑獲鳥の夏」について

こんばんは、{/kame/} でございます。本日は、リーダー:えりざべえすと映画姑獲鳥の夏(うぶめのなつ)を観てまいりました。昭和20年代末の東京、夏。雑司ヶ谷の由緒正しい大病院にまつわる不気味な噂が、世間を騒がせていた。院長の娘が妊娠20ヵ月目を迎えたというのに、
2006/03/14(火) 21:12:58 | てんぱっていきまっしょい。

『姑獲鳥(うぶめ)の夏』

京極夏彦の小説は寝る時に読んではいけない。厚いので持っていると疲れるから。眠くなって、本が手から滑り落ちでもしようものなら、かなり痛い思いをするではないか。きちんと座って読むことをオススメする。取り扱いを粗末にすると本がバラバラになって、夜中に妖怪が襲っ
2006/03/14(火) 20:47:59 | なんでもreview

『姑獲鳥の夏』

 京極夏彦の映像化不可能といわれた原作がついに映画化! 京極堂が見せる憑物落し。 実は僕は憑物落しと言えるのかどうかは分りませんが、霊媒師による御祓いは体験したことがあります。 以前住んでいたマンションがあまり良くないところただったようでして、そ....
2006/03/14(火) 19:33:56 | 映画大陸

「姑獲鳥の夏」実相寺昭雄監督作

♪ちりん♪ちりりりりん♪‘この世には、不思議なことなど何もないのだよ、関口君’ということでまずは今作、京極夏彦氏の原作読破者の一人の感想として・・・。単刀直入に申し上げます‘可もなく不可もなく’でした。キャストに関しては、全てに満足ではないけれど....
2006/03/14(火) 12:38:51 | 雑板屋

姑獲鳥の夏

眠い,欠伸が出る。 けれど面白い!
2006/03/14(火) 11:39:02 | Akira's VOICE

[ 姑獲鳥の夏 ]映像化不可能なのものは不可能

映画[ 姑獲鳥の夏 ]@吉祥寺で鑑賞。京極夏彦著[ 姑獲鳥の夏 ]の完全映画化。この本の読者としては、かなりイメージと違ってげんなり。何が違うって魅力ある登場人物。永瀬正敏くんが演じた関口巽。かなり凛々しく仕上がっていた。もっとヘタレなんだよな。そして阿部寛
2006/03/14(火) 07:42:51 | アロハ坊主の日がな一日

姑獲鳥の夏

大好きな京極夏彦の作品の初映画化ホントは劇場まで足を運ぼうと思っていたのだが、京極ファンの評判があまりにも悪かったので躊躇してしまった(汗)観終わって・・・うーん、やっぱ1800円出して映画館で観るには勿体無いレンタルまで待って良かった~って感じだ( ̄∇ ̄;)あ
2006/03/14(火) 07:31:17 | Cinemermaid

姑獲鳥の夏

昼間の上映のを観に行きましたが館内は満員御礼状態で、こんなに人気あるんだ京極と思ってしまいました(笑)一応、原作は読んでますが、もう何年も前のことなのですっかり内容は忘れております。ちなみにこのシリーズで私が一番好きなのは「魍魎の匣」だったり(笑)もとか
2006/03/14(火) 06:48:30 | まったりでいこう~

姑獲鳥の夏

姑獲鳥の夏監督:実相寺昭雄出演:堤真一 , 永瀬正敏 , 阿部寛 , 宮迫博之 , 京極夏彦Story直木賞作家・京極夏彦のデビュー作「京極堂」シリーズ第1作目を、実相寺昭雄監督が堤真一ほか豪華キャストを迎えて映画化した本....
2006/03/14(火) 04:35:18 | タクシードライバー耕作のDVD映画日誌

姑獲鳥の夏

直木賞作家、京極夏彦の衝撃のデビュー作「姑獲鳥の夏」を映像化したミステリー。主要キャストは以下の通り。京極堂(中禅寺秋彦)/堤真一関口巽/永瀬正敏榎木津礼二郎/阿部寛木場修太郎/宮迫博之久遠寺梗子・涼子/原田知世中禅寺敦子/田中麗奈久遠寺菊...
2006/03/14(火) 03:49:44 | Imagination From The Other Side

姑獲鳥の夏 今年の230本目

姑獲鳥の夏申し訳ございません。 中盤、寝てしまいました、、、最後の方は、しっかり見てしまったので、ストーリーはわかってしまいました、、、阿部寛 は好きなんだケド、堤真一 と 永瀬正敏 って、いまちなのよねぇ、、、ぁ、見た目が、ね、趣味じゃないのy...
2006/03/14(火) 02:21:54 | 猫姫じゃ

祓 ~「姑獲鳥の夏」~

実相寺昭雄監督作品、堤真一主演の、映画 「姑獲鳥の夏」を観た。古本屋にして憑物落としである「京極堂」シリーズの小説、第1弾を映画化。世間を騒がせている、大病院の奇怪な噂。院長の娘が妊娠20ヶ月であり、その夫は密室から失踪してしまったという・・。(はい、小
2006/03/14(火) 00:28:58 | サナダ虫 ~解体中~

映画「姑獲鳥の夏」

映画「姑獲鳥の夏」 ★★☆ストーリー:昭和20年代の東京、夏。小説家の関口(永瀬正敏)が古本屋の店主・京極堂(堤真一)に「20か月もの間、子供を身ごもっている女性がいる」と相談を持ちかける。京極夏彦に凝っていた事があり、このシリーズは全て読んでいるので、とて
2006/03/14(火) 00:20:21 | ミチの雑記帳

姑獲鳥の夏

京極夏彦のデビュー作を満を持して映像化!京極作品はたいした冊数読んでないけれど、どれも面白かったし、ミステリ界の大御所!ということで非常に期待して劇場へゴー!何かイラスト色んな意味で、すげぇ怖いですね…スミマセンorz「姑獲鳥の夏」2005年...
2006/03/14(火) 00:14:12 | きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/

【姑獲鳥の夏】

堤真一、永瀬正敏、阿部寛、宮迫博之、原田知世、田中麗奈、いしだあゆみ出演のミステリー。公開日:7月16日 ☆ストーリー☆昭和27年、東京。小説家の関口巽は、古本屋を営む友人・京極堂を訪ねる。巧みな弁舌で必ず論破されると知りながら、気が付...
2006/03/14(火) 00:08:54 | ココアのお部屋

『姑獲鳥の夏』

------この映画って原作を読んでいた時、すごく興奮していたけど、どうだった?実際に映画になったのを観た感想は?「ずばり言ってしまうと、これは原作を読んでいない人にはかなりきつい上がりだと思う。それは演出がどうのという問題でなく、やはり原作が隅々まで計算され
2006/03/14(火) 00:01:31 | ラムの大通り

姑獲鳥の夏(うぶめのなつ)

 走らない堤真一には魅力がない!
2006/03/13(月) 23:41:42 | ネタバレ映画館

姑獲鳥の夏

何年前のことだったろうか。夏休みに時間を持て余して、本屋に立ち寄り、ふと手にした1冊の分厚い文庫本。わたしは、あまり長い話は好きではない。長編は読まないのである。読むとしたら、大抵は短編集。まさか、本気?そんな分厚い本、読み通せるわけがないじゃないの。そ
2006/03/13(月) 23:24:22 | minaの官能世界

姑獲鳥の夏 (2005) 123分

 昭和27年、夏の東京。巷では産婦人科、久遠寺医院にまつわる不気味な噂が広まっていた。それは、院長の娘・梗子が20ヶ月も身籠もったままで、彼女の夫・牧朗は1年半前に密室から失踪したというもの。生活のため雑誌“稀譚月報”の依頼で事件を取材することになった小説家
2006/03/13(月) 23:20:07 | 極私的映画論+α

もはや笑うしかない 「姑獲鳥の夏」

評価:10点(注:うちは100点満点で評価しております)姑獲鳥の夏えー、この映画をサッカー選手に例えるならば、マラドーナといったところでしょうか。5人抜きするほどの抜群の突破力でDF(=観客)を置き去りにしていきます。さらには、神の手ゴール(=反則?)を
2006/03/13(月) 23:09:53 | 平気の平左
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。