05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2006.02/12(Sun)

生還によって先人達の死が分かる●運命を分けたザイル

切らなければ、二人とも死ぬ。
生きて帰るには、これしかない。

ClimbingRope.jpg

奇跡的に、生還を果たしたクライマーのインタビューと、再現ドラマで構成された映画。

【More・・・】

たまたま生還したから美談であって、逆に、山で死ぬ時というのは特別なものではなく、
登頂を目指す脇に、常に存在するものだと感じる事ができました。

ただ作品的には、骨折した苦しい状態で、キャンプに辿り着いたという事実以上のものは無く、
山に興味の無い人には、退屈と受け取られても、仕方の無い作品なのかもしれません。

むしろ、主人公が生還後、山岳仲間から責められたパートナーの話を映画化した方が、
感性を揺さぶられる作品が出来たと思います。

映画の原題は『Touching the void』で、直訳だと「無に触れる」という意味だと思うけれど、
「無=死」という意味を持たせているのかもしれません。
日本訳の原作は、『死のクレバス -アンデス氷壁の遭難-』というタイトル。

TouchingTheVoid.jpg

山岳映画は、『バーティカル・リミット』や、『クリフハンガー』などありますが、
いまだに、『K2~愛と友情のザイル~』以上の、ドラマティックな作品は観ていません。

K2HaroldTaylor.jpg

劇場公開時のタイトルは、『ハロルドとテイラー』でした。
DVD化されていない古い作品で、近くのレンタル屋に埋もれているのを発見した方は、
ぜひ見る事を薦めます。
私自身、久しぶりにもう一度観てみたくなり、レンタル屋に足を運んだのですが、
見付からなかった作品です(苦笑)

タイトルは使い古された、「愛と~」を付けるなら、
原題通りの、『K2~ハロルドとテイラー~』にした方が良かった様に思います。
関連記事

テーマ : 映画を見て、思ったこと - ジャンル : 映画

08:37  |  『 ア 』 映画  |  TB(1)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

こんにちは
コメントありがとうございました
この「K2」、だいぶ前(10年くらい前?)に見て、とてもよかったんですが、
残念ながら、レンタル屋さんではもう見つかりませんね。
残念です。。。
栄太(えいだ) | 2006.08.01(火) 00:03 | URL | コメント編集

●>コメント返信

わざわざ本文中にリンクを付けて頂いて、ありがとうございました。

私自身、いわゆる「山岳物」と言われるジャンルは好きな方で、
目に付いた作品は観る傾向にありますね。

『恐怖の報酬』のリメイクですが、『バーティカル・リミット』はナカナカ面白かったです。
「谷口ジロー」は有名ですが、ずいぶん昔に読んだ「村上もとか」が描いたマンガ、
『岳人(クライマー)列伝』は面白かった印象が残っています。
今は、文庫で再販売しているようですし、ヤフーコミックや小学館コミックパークで、
DLもできるようです。
興味が沸きましたら、一度読んでみることをお勧めします。
Prism | 2006.08.02(水) 02:04 | URL | コメント編集

いろいろとご紹介ありがとうございます。
村上もとかさんっていう人は覚えがあるような。
僕はバーティカル・リミットは、まぁまぁ、くらいでした。
栄太(えいだ) | 2006.08.03(木) 23:41 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

運命を分けたザイル

上映時間: 107分製作: 2003年 イギリスURL: http://unmei-zairu.com/DVD: 運命を分けたザイル (Amazon.com)■2005/04/09の日記(土)映画『運命を分けたザイル』(テアトルタイムズスクエア)を見た。実在
2006/06/24(土) 00:32:44 | 栄太(えいだ)の映画日記
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。