11月≪ 2017年03月 ≫12月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2008.01/29(Tue)

敏腕パッケージ・デザイナーの勝利●Rain レイン

72時間前、すでに運命は動き出していた ――― 。

Rain01.jpg
『Three Days of Rain』

『Rain レイン』 ウィキペディア(Wikipedia)

19世紀、ロシアの劇作家としてあまりに有名なアントン・チェーホフが手がけた代表的な短編作品の幾つかを基に映像化したヒューマンドラマ。近未来の時代、廃墟となったビルばかりが建ち並ぶある街を舞台に、6組の男女が悲劇と苦悩に苛まれ、それぞれが自身の運命に向き合う様を克明に描いた破滅的でファンタジックな群像ドラマ。

難解なシナリオを悲劇的かつ感動的に演出したのは、マイケル・メレディス監督で、主演のピーター・フォーク以下、魅力的な演技陣が結集。なかでもTVドラマで見せるコミカルなキャラクターを一転、抑制のきいた演技で存在感をみせるフォークの新たな個性が光る。

更に、『ベルリン・天使の詩』でピーター・フォークを起用し、2004年監督作『ランド・オブ・プレンティ』でメレディスと組んだヴィム・ヴェンダースが製作総指揮を担当した。尚、この作品はヨーロッパ各国の映画祭に出品され好評を博した。

キャスト
ピーター・フォーク
ジェイソン・パトリック
ロバート・キャラダイン
ドン・メレディス
ブライス・ダナー
へザー・カフカ

スタッフ
マイケル・メレディス/監督、脚本
ヴィム・ヴェンダース/製作総指揮

【More・・・】

皆さんは、ジャケ買いをしますか?

タイトルと装丁に惹かれて、書店で平積みされていた本を買ったり、
眼に留まったCDのジャケット・デザインに惹かれて、
よく知らないアーティストの曲を聞いてみたり・・・。

自分の場合、たまに「ジャケ買い」をする事があります。
成功と失敗を比べれば、もちろん失敗の方が多いですが、
幸か不幸か、失敗も楽しいと思う性質なので、未だに止めないのでしょう(苦笑)

『Rain レイン』もレンタル屋で、ジャケットとキャッチコピーと設定を見て借りてみました。
キャッチ・コピーは冒頭にも書いた、「72時間前、すでに運命は動き出していた ――― 。」です。
裏パッケージには、「6組の男女が~」と書かれており、
カラフルなジャケットに惹かれて借りてみました。

自分の中では、『ラブ・アクチュアリー』や、

LoveActually01.jpg
『Love Actually』

『大停電の夜に』を、若干、イメージしていました。

GreatBlackoutNight01.jpg
『大停電の夜に』

・・・ハイ、大失敗w

元は、『櫻の園』を書いた、チェーホフの戯曲らしいですが、イマイチでした。

ドラックに溺れ、子供を取り上げられ、判事の家に貰われた自分の子供に会う為に、
判事の愛人になり、ベビーシッターを装って、自分の子供に会う母親。

DVDジャケットでは、一番上に位置する美人の彼女ですが、最後に泣きながら、
自分の赤ん坊をクッションで窒息させる所で終わります。

・・・(´・ω・`)

他にも、知的障害で貨物列車の事務所に勤める男が、
線路のナットを取って、自分のロッカーに隠していたと濡れ衣を掛けられます。
会社が正当に解雇させる為の理由をでっち上げられた訳です。

解雇が濃厚になった男が、ホントにレールのナットを自分でたくさん外し、
箱に入った大量のナットを抱えながら、夕陽が写る線路の中を去っていく・・・。

・・・(-_-;)

金に困ったタイル職人が、未払いの家に行ったら、夫を亡くした未亡人とできちゃった。

・・・(゚д゚;)

評論家には、ウケる話かもしれませんが、ハッピー話を求めていた私には、
真逆の映画でした。

基本的に私は、空気感や余韻を楽しませる映画も好きですが、
『Rain レイン』は、観る人を選ぶ作品である事は間違いないようです(^^;)

『ベルリン・天使の詩』を監督したヴィム・ヴェンダースは、製作総指揮に精を出した
タランティーノ監督みたいな事をやっているのだろうか?

『さくらと共に散る青春時代●櫻の園 (1990年版)』

関連記事

テーマ : 気になる映画 - ジャンル : 映画

02:17  |  『 ラ 』 映画  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

Rain レイン

 コチラの「Rain レイン」は、雨の日にぴったりなしっとりとした大人の群像ムービーです。19世紀のロシアの劇作家アントン・チェーホフの6つの短編小説を基に、6つのお話が同時進行で描かれます。  原題の「THREE DAYS OF RAIN」が示すように3日間降り続く雨、それは嵐...
2008/02/09(土) 19:55:26 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。