10月≪ 2007年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2007.11/07(Wed)

親離れ、子離れ●オープン・シーズン

詰め込みすぎのキャラクター数だけど、子供と楽しく見れる作品。


『Open Season』

『オープン・シーズン』 ウィキペディア(Wikipedia)

山あいの町・「ティンバーライン」で暮らしているパークレンジャーのベスと熊のブーグ。
動物ショーに出演しながらベスと一緒に過ごしているため、熊でありながらペット同然だった。
しかし、ハンターの車に縛り付けられていた鹿のエリオットを気まぐれで助けたことから、
エリオットに付きまとわれるようになる。

さらに動物ショーでエリオットが逃げ込んできたためトラブルとなり、
ブーグはエリオットと共にオープン・シーズン(狩猟解禁期間)が迫る森に送り返される。
何とか町に戻ろうとブーグは悪戦苦闘する。

キャスト

ブーグ - マーティン・ローレンス/石塚英彦
この物語の主人公。子熊の頃ベスに助けられ、ずっと彼女に育てられてきた。動物ショーでは一輪車を器用に乗りこなす。しかし、エリオットを助けたことから彼に付きまとわれ、森に送り返されてしまう。ベスからもらったオルゴール内蔵の熊ぬいぐるみ型リュック・ディングルマンを手放さない甘えん坊。

エリオット - アシュトン・カッチャー/八嶋智人
動物を蔑んでいるハンター・ショーの車のボンネットに縛られていた鹿。ブーグに助けられたことから、彼をパートナーにしようと、早口をまくし立てて付きまとう。車にはねられたときに左の角が折れてしまった。もともと群れの中にいたが、「ボスの彼女と話をしていた」という理由で追放された。早口は寂しさを隠すためのもの。

ベス - デブラ・ファニング/木村佳乃
ブーグを助けて育ててきたパークレンジャー。彼女はわが子のようにブーグを愛していて、それゆえ自然にブーグを帰す踏ん切りがつかずに悩んでいる。ハンターのショーとは犬猿の仲。

ショー - ゲイリー・シニーズ/内田直哉
「自然の秩序を守っているんだ」と公言して憚らない、動物を見下しているハンター。彼は「動物が人間の世界を征服しようとしている」と、信じ込んでいる。実際、道の脇を歩いていたエリオットを、わざと車をぶつけてはねたほどである。山の中にある彼の小屋には、たくさんの剥製や毛皮が飾られている。

マックス - ビリー・コノリー/富田耕生
リスのリーダーで、縄張り意識と正義感にあふれている。縄張りに入る者は、一族総出で松ぽっくりを投げつけて追い払う。

ライリー - ジョン・ファブロー/北川勝博
ビーバーのリーダー。ダムを作る腕は確かだが、職人気質で気難しい。しかしブーグにダムを壊され、動物みんなが狩猟許可区域に流されてしまう。

イアン - パトリック・ウォーバートン/楠大典
エリオットがいた鹿の群れのボス。自分の思い通りにならなければ気がすまないタイプで、エリオットの追放も彼の一言によるもの。

ジゼル - ジェーン・クラコウスキー/園崎未恵
イアンの彼女。エリオットがあこがれている相手で、追放された彼を心配していた。
スポンサーサイト



テーマ : 考えさせられた映画 - ジャンル : 映画

02:17  |  『 ア 』 映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |