11月≪ 2005年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2005.11/29(Tue)

アメリカ政府発注、愛国心を促すプロパガンダ映画●宇宙戦争

スピルバーグの、商売人としてのソロバンが見える、
アメリカ政府発注、愛国心を促すプロパガンダ映画。

WarOfTheWorlds01.jpg

監督、スティーブン・スピルバーグ。
主演、トム・クルーズの、全世界同時公開作品。

どうやら、この映画を見た人は、批判的なコメントをする人が多くなりそうな気がする。
今回、普通の批判は他の人に任せて、自分はチョット違った視点で書いてみようと思う。

まぁ、シャレで書くので、真面目な批評が欲しい方は、
他の人が書いた物を読んだ方が良いと、予め断っておきます。
スポンサーサイト

テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画 - ジャンル : 映画

02:17  |  『 ア 』 映画  |  TB(34)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑
2005.11/27(Sun)

子供向けを装った、大人に成りきれない現代人へ向けた童話●チャーリーとチョコレート工場

娯楽性と芸術性が融合された名作。

CharlieAndTheChocolateFactory01.jpg

原作はロアルド・ダールの『チョコレート工場の秘密』
アメリカでは有名な児童文学。

レンタル屋で、同じタイトルの古いパッケージを見たから、
過去に一度、映画化されているリメイク映画。

自分で頭に描いたものが、こんな形で完全な映像化される事など、
作家冥利に尽きるのではないだろうか。
言うまでもなく、私はロアルド・ダール本人のではないので、
本人が思い描いたものと実際は違うかもしれないが、
傍から見て「完全」と思えるような素晴らしさ。

原作者のロアルド・ダールが、完成前に亡くなったのが惜しまれる。

映画は、ウンパ・ルンパの軽快な音楽も楽しく、ついつい、もう一度聞きたくなってしまう。
やはりティム・バートンは、自分のイメージを再現するための、
努力を惜しまない天才だと、改めて思う。

世界中の子供から愛されている、ウォンカのチョコレート。
その秘密の工場に、世界中から5人だけ招待される。
その5人の中から、さらに優秀な1人にだけ秘密の賞品が渡される事が告げられ、
5人は工場見学を始める。

基本的に児童文学なので、展開などに無理があったとしても、
それを突っ込むのは揚げ足取りにしかならない。
ティム・バートンの映像美と、ジョニー・ディップの演技力の素晴らしさを味わう映画。

大人から、子供まで楽しめる映画。
子供と一緒にではなく、親も含めた、親子三代で観ると、
より楽しめる作品じゃないかな。

テーマ : チャーリーとチョコレート工場 - ジャンル : 映画

02:17  |  『 タ 』 映画  |  TB(24)  |  CM(21)  |  EDIT  |  Top↑
2005.11/26(Sat)

気持ち悪くても目が惹かれる●マシニスト

痩せたクリスチャン・ベールの姿を観て、
「気持ちわるいけど見たい」という気持ちになりました。

Machinist01.jpgMachinist02.jpg
『Machinist』

マシニストとは、工作機械運転工という意味。
365日眠っていない男の話。

テーマ : ダークナイト(The Dark Knight) - ジャンル : 映画

02:17  |  『 マ 』 映画  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.11/21(Mon)

二人の「千尋」と戦争を無くす3つの方法●ハウルの動く城

「ソフィー」と「ハウル」の中に、二人の「千尋」が見える、
『風の谷のナウシカ』と『もののけ姫』の流れを汲む、
『千と千尋の神隠し』の正統な後継作品。

HowlsMovingCastle01.jpg

私は『もののけ姫』は、『風の谷のナウシカ』の後継作品と思っていますが、
『ハウルの動く城』は、その2作品の流れを汲みつつ、
『千と千尋の神隠し』の後継作品のような気がします。
同じモチーフを違う角度で見せるのは、別に悪い事ではなく、
作家が同じであれば、十分起こり得る事です。

そこには「単なる焼き直し」と言われる危険性を冒してまでも、
創りあげたい“何か”があると思います。
勿論「お金」という理由で、単なる焼き直しをするクリエイターもいますが、
宮崎駿の場合、お金や名声が目当てでない事は、作品を見れば明白です。

テーマ : スタジオジブリ - ジャンル : 映画

02:17  |  『 ハ 』 映画  |  TB(68)  |  CM(34)  |  EDIT  |  Top↑
2005.11/16(Wed)

監督は自分の芸術性を作品にハサミ込んだ男●ハサミ男

エンターテインメントに徹し切れば、評価は変わった作品。

ScissorsMan01.jpg


豊川悦司、麻生久美子主演のサスペンス・ミステリー。

女子高生連続殺人鬼、通称「ハサミ男」は次の獲物を殺害する為の調査をしていた。
ところが、自分の犯行手口を真似た模倣犯に、先を越されてしまった。
ハサミ男は、警察の追跡をかわしながら、偽者のハサミ男を捕まえる事が出来るのか。

テーマ : 俳優・女優 - ジャンル : 映画

02:17  |  『 ハ 』 映画  |  TB(6)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
2005.11/15(Tue)

主演、監督、プロデューサーの思い入れが昇華しなかった●エリザベスタウン

トム・クルーズに、なりきれないオーランド・ブルーム。
オーランド・ブルームに、自己を投影させようとしたトム・クルーズ。
『エージェント』以上の作品にしようと思い、色々な要素を詰め込んだキャメロン・クロウ監督。

3人の共通点は思い入れが空回りしている。

Elizabethtown01.jpg

主演オーランド・ブルーム。
共演キルスティン・ダンスト。
監督キャメロン・クロウの作品。

オーランド・ブルームは、会社に1000億ドルの損害を与えた、スポーツシューズデザイナー。
自殺しようとした時に、妹から父の訃報を知らされる。
オーランド・ブルームは、父の葬儀の為に地元へ向かう飛行機の中で、
フライト・アテンダントのキルスティン・ダンストと出会う。
到着すると、町の人から地元一番の成功者として迎えられる。
翌週には、自分を叩く雑誌が発売になる事を考えると、素直に喜べない複雑な心境。

オーランド・ブルームは葬儀の為に町に滞在した間、地元の人と触れ合い、
生きるというのがどういう事なのか知るのであった。

テーマ : 洋画 - ジャンル : 映画

02:17  |  『 ア 』 映画  |  TB(7)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2005.11/11(Fri)

「北野映画」というより「北野武」の集大成●TAKESHIS’タケシス

「北野映画」と言うより「北野武」の集大成。

Takeshis01.jpgTakeshis02.jpg

「たけし」が「たけし」に出会う。
第12回北野武監督作品。

芸能界の大スターであるビートたけしは、多忙でリッチな生活を送っている。
一方、ビートたけしに瓜二つの、売れない役者の北野は、
コンビニや、ピエロのバイトで食い繋ぎながら、いつか有名になる事を夢見ている。
そんな二人が、テレビ局で会う。

テーマ : オススメの映画 - ジャンル : 映画

11:11  |  『 タ 』 映画  |  TB(25)  |  CM(14)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。