03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.01/10(Mon)

いつの間にか晴れている猛吹雪●暴雪圏

猛り狂う雪嵐、臨界点を越えた狂気――超弩級の警察小説!   (公式キャッチコピー)

Bousetuken01.jpg
『暴雪圏』

新潮社 『暴雪圏』 公式HP

次々と麻痺する交通網。
十勝平野で十年ぶりの猛吹雪が吹く夕刻、町は氷点下の密室と化した。

暴力団組長宅襲撃犯、不倫の清算を決めた人妻、職場の金を持ち出す中年男。
偶然足止めされたペンションで、男女の剥き出しの欲望が交錯する。

ついに暴走する殺人犯――恐怖の夜が明けた時、
川久保巡査部長はたった一人で現場に向かった!

著:佐々木譲
スポンサーサイト

テーマ : 推理小説・ミステリー - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 暴雪圏 佐々木譲

02:17  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2010.04/02(Fri)

作品の価値をどこに置くか●向日葵の咲かない夏

理由付けも含めて面白くないが、技巧的な作品。


『向日葵の咲かない夏』

明日から夏休みという終業式の日、小学校を休んだS君の家に寄った僕は、
彼が家の中で首を吊っているのを発見する。

慌てて学校に戻り、先生が警察と一緒に駆け付けてみると、なぜか死体は消えていた。

「嘘じゃない。確かに見たんだ!」混乱する僕の前に、
今度はS君の生まれ変わりと称するモノが現れ、訴えた。

―僕は、殺されたんだ。

半信半疑のまま、僕と妹・ミカはS君に言われるままに、真相を探る調査を開始した。


『このミステリーがすごい!』 2009年版 作家別投票第1位
第6回本格ミステリ大賞候補  (大賞は『容疑者Xの献身』 著:東野圭吾)

著者:道夫秀介

テーマ : 推理小説・ミステリー - ジャンル : 本・雑誌

02:17  |   |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2010.03/02(Tue)

生き残った双子の一人が踏む影●影踏み

手軽に読める横山作品。


『影踏み』

窃盗罪での服役を終え出所した真壁修一(34)が真っ先に足を向けたのは警察署だった。
二年前、自らが捕まった事件の謎を解くために。

あの日忍び込んだ家の女は夫を焼き殺そうとしていた―。

生きている人間を焼き殺す。
それは真壁の中で双子の弟・啓二の命を奪った事件と重なった。

十五年前、空き巣を重ねた啓二を道連れに母が自宅に火を放った。
法曹界を目指していた真壁の人生は…。

一人の女性をめぐり業火に消えた双子の弟。
残された兄。
三つの魂が絡み合う哀切のハード・サスペンス。

著者:横山秀夫

テーマ : 推理小説・ミステリー - ジャンル : 本・雑誌

02:17  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.06/27(Sat)

振り下ろす力は誰もが持っている●硝子のハンマー

・・・ガラス製のハンマーが、本当に危険な凶器になってしまうのは、
砕けてしまった後なんです。   (本文:青砥純子の言葉)


『硝子のハンマー』

日曜の昼下がり、株式上場を目前に、出社を余儀なくされた介護会社の役員たち。

エレベーターには暗証番号、廊下には監視カメラ、有人のフロア。
厳重なセキュリティ網を破り、自室で社長は撲殺された。

凶器は。
殺害方法は。
すべてが不明のまま、逮捕されたのは、
続き扉の向こうで仮眠をとっていた専務・久永だった。

青砥純子は、弁護を担当することになった久永の無実を信じ、
密室の謎を解くべく、防犯コンサルタント榎本径の許を訪れるが―。

第58回 日本推理作家協会賞 受賞作
著:貴志祐介

テーマ : 推理小説・ミステリー - ジャンル : 本・雑誌

02:17  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.05/22(Fri)

繋がらないこじ付け●地図男

娯楽として成立しているのは掴みだけ。


『地図男』

仕事中の“俺”は、ある日、大判の関東地域地図帖を小脇に抱えた奇妙な漂浪者に遭遇する。
地図帖にはびっしりと、男の紡ぎだした土地ごとの物語が書き込まれていた。

千葉県北部を旅する天才幼児の物語。
東京二十三区の区章をめぐる蠢動と闘い、
奥多摩で悲しい運命に翻弄される少年少女―物語に没入した“俺”は、
次第にそこに秘められた謎の真相に迫っていく。

著:真藤順丈

テーマ : 読書感想 - ジャンル : 本・雑誌

02:17  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.05/17(Sun)

意思を通わせるのに言葉は要らない●旭山動物園12の物語

いのちの大切さを知る本!
地球にやさしい子どもたちを育てたい!   (公式キャッチコピー)


『旭山動物園12の物語』

廃園寸前の旭山動物園がなぜ多くの人々を惹きつけたのか?
そこには小菅園長を中心としたスタッフたちの動物に対する深い愛情がありました。
12の物語が、人間と動物の交流を通していのちのすばらしさを伝えます。

著:浜 なつ子
絵:あべ 弘士

角川ソフィア文庫

テーマ : 日本映画 - ジャンル : 映画

02:17  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.05/03(Sun)

研ぎ澄まされた個人主義●ジョーカー・ゲーム

死ぬな。殺すな。とらわれるな。
五感と頭脳を極限まで駆使した、
命を賭けた「ゲーム」に生き残れ。   (公式キャッチコピー)


『ジョーカー・ゲーム』

ジョーカー・ゲーム 柳 広司 角川公式HP

結城中佐の発案で陸軍内に設立されたスパイ養成学校“D機関”。

超難関試験を突破した一期生は、外国語、学問はもちろんのこと、
爆薬や無電の扱い方、変装術、女の口説き方など多様な訓練を受け、
長髪、背広姿で互いを偽名で呼び合った。

「スパイとは“見えない存在”であること」、「殺人及び自死は最悪の選択肢」、
これが、結城が訓練生に叩き込んだ戒律だった。

軍隊組織の信条を真っ向から否定する“D機関”の存在は、当然、猛反発を招いた。
だが、頭脳明晰、実行力でも群を抜く「魔王」ーー結城中佐は、
魔術師の如き手さばきで諜報戦の成果を上げ、陸軍内の敵をも出し抜いてゆく。

東京、横浜、上海、ロンドンで繰り広げられる最高にスタイリッシュなスパイ・ミステリー。

著:柳 広司

テーマ : 推理小説・ミステリー - ジャンル : 本・雑誌

02:17  |   |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2009.04/25(Sat)

人生は寂しさと優しさで出来ている●ボロボロになった人へ

読まなくても良いが、読めば何かを感じる。


『ボロボロになった人へ』

著:リリー・フランキー

内容(「BOOK」データベースより)
結婚情報誌で紹介された相手は素敵な大麻農家の長男だった。

婚期を逃した女性が幸せを掴もうとする姿を描く「大麻農家の花嫁」等、
読む者の心を予想不可能な振幅で揺らす六篇の珠玉小説。

誠実でありながらも刺激的、そして笑え、最後には沁みていく…。
天才リリー・フランキーが、その才能を遺憾なく発揮し、物語の面白さすべてを詰め込んだ。

テーマ : 気になる本・雑誌 - ジャンル : 本・雑誌

02:17  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.03/12(Thu)

正義など片側の論理に過ぎない●告白

ハンムラビ法典は優れているか。


『告白』 湊かなえ

『告白』 湊かなえ 双葉社公式HP

我が子を亡くした女性教師が、
終業式後のホームルームで犯人である少年を指し示す。
ひとつの事件をモノローグ形式で「級友」「犯人」「犯人の家族」から、
それぞれ語らせ真相に迫る。

圧倒的な筆力と、伏線がちりばめられた緻密な構成力は、
デビュー作とは思えぬ完成度である。

第29回小説推理新人賞受賞作「聖職者」を第一章とし、
その後、第六章まで加筆して長編小説として刊行。

テーマ : 考えさせられる本 - ジャンル : 本・雑誌

02:17  |   |  TB(1)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2009.01/23(Fri)

寿命があるから気付かない事がある●永遠を旅する者

彼は老いず、ただ去りゆくのみ。
彼は死なず、ただ別れるのみ。
その寂しさ ―― あんたにわかるかい? ――― (公式キャッチコピー)


『永遠を旅する者 ロストオデッセイ 千年の夢』

著:重松 清

テーマ : Xbox360 - ジャンル : ゲーム

02:17  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。